いつも、訪問ありがとうございます。あなただけの「とっておき」が見つかりますように・・・

ユニクロのステテコは本当に涼しい

筆者は、短パン(7分丈)を探していたんですが、7分丈の短パンって、なかなか売ってなぃんです。

ダメもとで、ユニクロに行って見たら、下着売り場に、「ステテコ」の文字が。

ステテコって、昭和のおっさんが履く、ズボン下というイメージだったんですが。

まあ、筆者も、おっさんなんですけどね。

ユニクロのステテコ、「なんじゃ、こりゃあ」

と、一瞬、スルーしたんですが、でも、ユニクロのステテコは、7分丈。

「ちょっと待てよ」

ユニクロで売っていたのは、「下着売り場」

「やっは。下着か」

と思い、やっぱり、あの、ステテコか。

と、何度か反芻しながらも、気になって、試着してみると、「何か、履いてないみたい、いい。ちょー、気持ちいい」。

990円も、もし、失敗しても、諦めつく。

そそくさと、ユニクロを去り、家路に。

ユニクロのステテコの履き心地

早速、ユニクロで買った、ステテコ、履いてみました。

「何か、最高、いい、履いてないみたいに軽い」

以前、上司に、「ステテコが、いいんですよお、これはね、夏は涼しく、冬は暖かい、一度、履いたらやめられないんです」と、教えくださったことがありました。

その方は、「和」か「洋」かでいうと、「和」テイストなんですが、すごく渋くて、レイ・チャールズみたいなメガネをかけていらっしゃる、ダンディな方なんですが。

家に帰ってユニクロのステテコを履いた途端、その方の、あの時の言葉が、蘇りました。

服って、一発目で、決まるじゃないですか?

その時、いいと思って買っても、いざ、着てみると「あー、やっぱり違った」って、経験ありませんか?

筆者は、時々、あります。

でも、このユニクロのステテコ、履き心地といい、風通しといい、まるで、履いていないかのような、軽さといい、何でもっと早く、気づかなかったんだって感じでした。

そして、以前、上司が言った通り、「今まで、履いたものの中で、1番涼しい」んです。

その言葉を、体現した瞬間でした。

ユニクロと言えば、エアリズムやヒートテックなどの、新しいアパレルの素材作りに挑戦していますが、この、ステテコは、本来のステテコの素材を活かしつつ、新しいステテコの概念を根付かせるテイストとも、感じました。

そもそもステテコとは

そもそもステテコとは、バンツの上、ズボンの下に履く、ズボン下とも言われる履き物です。

筆者の父も、ステテコを履いていました。

そもそも、下着の部類なので、ステテコと聞くと、風呂上がりの父親の姿をイメージしてしまい、筆者の中では、「下着」それも、昔のステテコは、正に下着生地、綿なんですけど、白くて、縦にシワが入ったような雰囲気のする、どこから見ても下着なんです。

これです。

これは、筆者の父親だけだと思いますが、昔の写真で、ステテコ姿で、海辺で女性と、ダンスをしている写真があったんです。

この、2つのイメージが、筆者には、強烈に残っていたんですね。

そう言えば、父親は、腹巻きもしていました。

「あらッ、ウチって、普通の家だよね」

でも、確かに、涼しさの工夫が、ステテコにはあって、綿の平織りなんですが、クレープ生地といって、表面にアコーディオンみたいな凹凸感を作って、吸収率を上げ且つ、清涼感をだしているという工夫が施されています。

だから、縦に線が入ったような、生地の仕上がりになっているんですね。

涼しい理屈は、織り方と生地にあったということです。

翌日、2枚追加購入したユニクロのステテコ

翌日、筆者は、ユニクロの開店と同時に店舗に飛び込みました。

「こりゃあ、あと2着は、買わんといけん。」

そして、そそくさと、下着売り場に。

よく見ると、ユニクロのステテコは、いわゆる和柄、アロハシャツのような洋柄、シンプルな、ワントーンのオシャレなもの、いろんなパターンのステテコのラインナップがありました。

1着目は、筆者は、洋柄のプリントものを購入したので、2着目は、見た目も涼しい、白とブルー織りの混ざったステテコ、そして、もう1着は、シンプルなネイビー単色のステテコを購入。

その日以来、毎日、ユニクロのステテコを履き回しています。

ユニクロのステテコで外出しても違和感なし

ユニクロのステテコですが、本来、ステテコとは、ズボン下の履き物ですが、ユニクロのステテコで外出しても、何ら違和感がありません。

そもそも、ユニクロのステテコの場合、下着としてではなく、履き物として、リメイクされています。

そして、実に、動きやすいし、清涼感があります。

ちょっと、コンビニに行く程度なら、何ら問題ありません。

因みに、筆者が、翌日、ユニクロに行った時は、初日に購入した、ステテコで行きました。

全く、違和感なし。

これが、ステテコ?

と、思った人は、殆どいないでしょう。

若い人の中には、ステテコという単語自体を知らない人も多いと思います。

それはそれで、ユニクロのステテコが、ステテコという認識になるので、良しでしょう。

また、筆者のような、ステテコとは、何たるかを知っている者でも、別物と思えるのが、ユニクロのステテコです。

そこは工夫して、ユニクロも、部屋着だけでなく、外でも着れるように、上手く仕上げていますね。

ユニクロには、女性用のステテコもある

びっくりしたのは、このユニクロのステテコ、女性の下着売り場でも売ってます。

確かに、女性が履いても、全く違和感はありませんし、むしろ、涼しげで、趣がある。

ただ、女性の場合は、ユニクロ的には、リラコと言います。

ユニクロのCMで、男女がステテコとリラコを履いているシーンがありますが、とても、爽やかさを感じます。

この、ユニクロのステテコやリラコ、本当に薄い綿で、出来ていますが、不思議と下着が透けて見えないんです。

これも、やはり、ダテじゃない、ファーストリテイリング、いいモノづくりをしています。

そして、ファーストリテイリングと言えば、ユニクロの会長は、山口県出身。

筆者は、隣の広島なので、何だか、嬉しくなりました。

なかなか、いいもの創りをしています。

リラコは、さずがに試着できませんでしたが、生地は同じものなので、女性にも、ステテコの「涼」を味わっていただきたいですね。

女性には、特に、夏場は、この、ユニクロのリラコのような、薄手のスカートやパンツが、よく考えてみれば、ありますね。

でも、ユニクロのリラコも、なかなか、情緒があって良かったです。

最新情報をチェック!
>