いつも、訪問ありがとうございます。あなただけの「とっておき」が見つかりますように・・・

歴史に残る洋楽ベスト5

歴史に残る楽曲ベスト5(洋楽編)

やはり、1960年代から1980年代にかけての洋楽を語らずして、音楽を語ることはできないと思う。

この時代の洋楽は、日本のミュージシャンたちを圧倒し、皆、日本のミュージシャン達は、洋楽思考を取り入れた。

これは紛れのない事実である。

そして、 そのベースがあって、今の日本のオリジナルの楽曲が誕生している、そういう背景があることを なかなか知る機会はないので、ここで綴っておことにする。

誰が何と言おうと、この1960年代から1980年代にかけての洋楽は世界の音楽に大きく影響を与えた。

そして、今の音楽の地肉となっていることは間違いない。

この洋楽が生んだ産物は宝であり、今の日本のミュージックシーンに 脈々と 引き継がれている。

そんな中でも歴史に残ると言える楽曲を今回は紹介したい。

ザ・バンドのザ・ウェイト

【アーティスト】ザ・バンド

【タイトル】ザ・ウェイト

【出身国】アメリカ合衆国

【BREAK YEAR】1967年

【ココ!いい!】ザ・ウェイトは、世界的大ヒット。イントロのギターが泣かせる。このザ・ウェイトをカバーしたバンドは数多く、曲の完成度の高さを物語っている。個人的には、カバーでは、ステイプルシンガーズのザ・ウェイトがなかなか聴かせてくれる。

【ステイプルシンガーズ:ザ・ウェイト】

デレクアンドドミノス レイラ

【アーティスト】デレクアンドドミノス

【タイトル】レイラ

【出身国】アメリカ合衆国

【BREAK YEAR】1970年

【ココ!いい!】デレクアンドドミノスは、アメリカ出身のバンドだか、エリッククラプトンが、在籍していたことで一躍、時のバンドに。実は、レイラは、エリッククラプトンとしての曲ではなく、正しくは、デレクアンドドミノスの曲である。

BBキング&エリッククラプトン ライドウィズザキング

【アーティスト】BBキング

【タイトル】ライド ウィズ ザ キング

【出身国】アメリカ合衆国

【BREAK YEAR】1970年代

【ココ!いい!】BBキングは、アメリカ合衆国出身のR&B且つ、ギタリスト。BBキングの奏でるギターは切ない。R&B界のトップオブザトップスと言っていい。

2000年に発売されたこの、ライド ウィズ ザ キングは、アルバムジャケットの通り、BBキングとエリッククラプトンが1台のオープンカーで優雅に走る姿が眩しすぎる。ビックスター2人のオーラがアルバムジャケットから伝わってくる。

クリーム サンシャイン オブ ラブ

【アーティスト】クリーム

【タイトル】サンシャイン オブ

ラブ

【出身国】アメリカ合衆国

【BREAK YEAR】1967年

【ココ!いい!】サンシャインオブラブも、エリッククラプトン単独の曲ではない。しかし、どのバンドに在籍しても、ヒット曲を量産する、クラプトン。もう、クラプトンの影響は多大である。

エリック クラプトン ファイブ ロング イヤーズ

【アーティスト】エリッククラプトン

【タイトル】ファイブ ロング イヤーズ

【出身国】イギリス

【BREAK YEAR】1960年代~

【ココ!いい!】エリッククラプトンの真骨頂と言えば、R&Bだが、ファイブロングイヤーズほど、ブルース色が強く、渋味のある曲は数少ない。

2010年に発売されたフロムザクレイドルの中の1曲だが、2000年には、あのR&Bの神、BBキングともコラボしている。実力者同士のメロディには感服してしまう。

最新情報をチェック!
>