いつも、訪問ありがとうございます。あなただけの「とっておき」が見つかりますように・・・

安くていいものだからValue High

高くていいもののことは、おおよその方が、知っているでしょ。

でも、世の中、高くていいものとされているものばかりが、売れている訳ではないんですよね。

例えば、みなさん、もう、絶対に手放せないスマホ。

ハイエンドモデルは、軽く100,000円越え、平均だと、130,000円くらいでしょうか。

一方、同じスマホでも、機能の遜色なく、いわゆる廉価機種と呼ばれるものは、50, 000円を割ります。

同じスマホでも、価格は、それぞれで、高い機種はあっても、機能が変わらないで、価格が安い機種は、魅力的に見えるし、安い機種があるから、ハイエンドモデルは、より、映えるということですよね。

ちょっと、例えが、悪かったですね。

ソファーの場合、どうでしょう。

今回も、Value Highなソファー、ご紹介しますが、特に、ブランドには、拘らないが、安くて、クオリティがよければ、安いほどいい。

こういう方、結構、いらっしゃると思います。

筆者もそうです。

問題は、その、安くていいソファーがあるということを知っているかどうか?

それと、そんな都合のいい、ソファーがあるのか?

それが、あるんです。

知らないだけなんですね。

私たち消費者のニーズって、基本は、安くていいものなら、それにこしたことは、ないですよね。

中には、ソファーは、カッシーナでないとダメだ、という人も、稀にいますが。

では、生産者は、どのように、考えているでしょうか?

中堅企業の場合、ほとんどが、大手により近いクオリティを維持しつつ、価格は、大手ブランドより抑える。

これが、一般的です。

そうでないと、生き残れないから。

筆者は、アイリスオーヤマというブランドが、大好きです。

アイリスオーヤマは、メーカーでありながら、ベンダー問屋の機能を持ち合わせたメーカーベンダーという業態を作り上げたことで知られている、1番、消費者に近い企業とも言われています。

メーカーベンダーの場合、小売店の売り場にも入り、販売促進をサポートすることも、同時に行っている。

さて、そこにいるのは、誰でしょうか?

そう、お客様です。

お客様の声も聞くことができる、少し、特異なスタイルなんです。

でも、この特異なスタイルだからこそ、お客様の声を吸い上げ、商品に反映させることができる。

つまり、消費者のニーズにあった商品を創り出すことができる・・・という訳です。

ニーズがある商品は、「必ず」、売れます。

それを、実践しているのが、アイリスオーヤマです。

もともと、アイリスオーヤマは、LED照明や、インテリアなどが、主流のメーカーでしたが、「なるほど家電は、アイリスオーヤマ」で火が付き、家電部門でも、不動の地位を築きました。

この、キャッチフレーズの意味は、「機能はシンプル、価格はリーズナブル、品質はグッド。そして、人々がより気持ちよく快適に過ごすための『なるほど』をプラス」と書かれています。

実現できたら、売れないはずがない。

そして、アイリスオーヤマのもう1つ、スゴいところは、年間に発売する新商品の数が、何と1,000以上と言われています。

新商品です。

焼き直しではないですよ、マイナーチェンジでもない。

なるほど家電、お客様から引き出したニーズを商品に反映するから、新商品が生まれるんでしょうね。

まあ、アイリスオーヤマの話は、これくらいにして、さて、世の中には、この、アイリスオーヤマのような、優良企業がたくさんあります。

結論ですが、「安くてクオリティが高い、いいもの」は、たくさんあります。

知らないだけ。

「あれ買っとけば、まず、間違いないだろう」的な発想とは、おさらばです。

こういった、常に、挑戦し続ける企業がある限り、競走原理が働き、低価格で、クオリティ高い商品が世に出回る。

ということで、今回は、「安くていいもの Value Highなインテリア・家電」をピックアップしてみました。

では、いきますよ。

安くていいものLOWYAの3人掛けカウチソファー

LOWYAって、あまり、聞いたことないでしょ。

福岡を本市に置く、(株)ベガ・コーポレーションのブランド名です。

LOWYAは、ネット、通販のみで、インテリア、家具を販売する、ネット通販会社です。

だから、あまり、知られてない、ブランド名なんですね

しかし、モノは、抜群にクオリティ高いカウチソファーです。

カウチとは、「椅子に似た家具」という意味で、当たり前ですが、背もたれ、肘掛が付いているソファーのことをいいます。

LOWYAのソファのValue Highなところは、ソファーに座った瞬間、背筋がシュッと伸びる、つまり、人のカラダにベストフィットするよう、作られています。

いいソファーの条件って知ってますか?

必要以上に、ふんわり柔らかくないこと。

LOWYAは、こちらも、バッチリ、クリア。

しっかり目の硬さで、背筋、お尻も、ピッタリ、フィット。

この、LOWYAのカウチソファーは、3人掛け用ですが、お値段、何と29,990円。

3人掛けで、30,000円を割ります。

お値段以上のニトリでも、3人掛けの安いもので、39,800円。

こういった、ちゃんと消費者ニーズに答える企業だから、売れているんですね。

安くていいものイケアのFIRRA フタ付きボックス

インテリア・収納と言えば、北欧生まれのイケアですよね。

スタックボックス1つ取っても、何とも言えず、オシャレです。

日本のホームセンターとは、ちょっと、取り扱う商品が、違います。

この、イケアのスタックボックス(FIRRA)は、重ね方も自由自在。

何と言っても、このデザイン。

「ここに、投げ込んで」と言わんばかりのデザインですが、これも、FIRRAの考え抜かれたノウハウが、凝縮されています。

開けっぱなら、投げ込みOK!

閉めて使うにも、どちらも、「入れやすい」。

日本のホームセンターで、取り扱っている、同型の収納ボックスと比較しても、この、イケアのスタックボックスがキャリコに次いで人気です。

間口は、このイケアのスタックボックスが、1番大きいのだそうで。

そして、ナイスなデザイン。

990円です。

この、デザインと機能性で990円なら、「買い」でしょう。

安くていいもの ILIFE-V3s Pro

お掃除ロボなら、もう、これしかないでしょう。

決まったようなもんです。

今や、お掃除ロボは、1人暮らしの必需品。

しかし、お掃除ロボの相場は、機能ばかり、追求して、価格は、上がる一方。

そんな、お掃除ロボ市場に、一石を投じてくれたのが、この、ILIFE-V3s Proです。

ILIFE-V3s Proの特徴ですが、コードなどが、散乱していても、果敢に突進する突破力、ラグの上もスイスイ進む、それでいて、音は、ルンバ並みの静音。

ILIFE-V3s Proは、ILIFEジャパンのオリジナルお掃除ロボ。

お掃除ロボの、不安は、本当に隅々まで、掃除してくれるのか?

でしょ?

そりゃあ、値段によりますよ!

は、時代遅れですよ。

お掃除ロボに、40,000円、50,000円は、勿体ない。

ILIFE-V3s Proは、お値段、びっくり、16,900円。

ILIFEジャパンは、札幌に本社を置く日本法人だから、信頼性も言うことなし。

世界で、年間、1,000万台を売り上げるという、このILIFE-V3s Pro、もう、お掃除ロボで迷わないで。

安くていいもの GeeMo H594

そうは、言っても、お掃除ロボは、まだ、ちょっと無理。

そんな方には、GeeMoのサイクロン掃除機H594がおすすめ。

本体が、スリムで、バランスがいいから疲れない。

専門家の評価では、あのツインバードを抜いて、コード有り部門ではトップ。

何と言っても、抜群の吸引力で、ハンディタイプとしても使えちゃう。

GeeMoって、聞きなれないブランドでしょ。

心配ご無用、GeeMoは、神奈川県川崎市に本社を置く日本法人です。

こういった、ベンチャー企業こそ、これからの、日本の、新しい働き方をリードしていく企業です。

この、いくらに見えます?

このランクの掃除機としては、破格の5,290円。

ツインバードを揺るがす訳だ。

安くていいもの 山善 ZC-MS40

さあ、それでも、掃除機は、まだ、何か他に無いのか?

って?

学生さんの、1人暮らしなら、確かにそうだ。

「ホウキで掃くよ!」

それも、いいでしょう。

でも、ちょっと待って。

出しましょう、本日、ラストの超目玉商品。

「なに?あるなら、早く出せって?」

まあまあ、そこは、段取りってもんが、あるんですよ。

山善 ZC-MS40で決まりでしょう。

重さは、僅か1.4キロ、その場で直立するスリムでバランスが取れたフォルム。

山善 ZC-MS40なら、コードレス、直立するのは、ダストボックスが下にあるから、掃除が全く疲れない。

片手で、スイスイお掃除できる、音も静かで、置き場所を選ばないスリムボディ。

メンテナンスも、ご覧の通り、ラクラクです。

家電メーカーとしては、安心のブランド山善のコードレス掃除機が、な、な、な、何と、3,560円。

持ってけ、ドロボー、くらいでしょ。

それくらいの、シロモノでございます。

山善 ZC-MS40は、ロープライス、ハイ パァフォーマンスを実現。

これなら、学生さんでも、即買いできます。

安くていいものValue High(インテリア・家電編)まとめ

やー、今回は、5つの優秀な商品をご紹介しました。

ちょっと、振り返ってみましょう。

みなさん、そもそも、今回の商品の存在をご存知でしたか?

ご存知の方も、中には、いらっしゃるでしょう。

ブランドがあるメーカーの商品は、それだけで、売れる。

これは、間違いないです。

ただ、一方で、そのブランドに負けない程の、スペックやクオリティのある、商品が存在するのもこれ、事実です。

世の中は、いや、日本の中でもいいんですが、まず、働き方が、コロナによって確実に変わってきます。

それに伴って、私たちの生活スタイルも、当然、変わらざるを得ない。

ということは、消費者のニーズも、変わっていきます。

ニーズが、変わると、既成概念も、当然、変わってくるでしょう。

デパートや百貨店業界が、苦しいのは、何故でしょう?

「ここの商品なら、大丈夫」・・・の時代は、「ここ以外でも、他の商品は無いかな?」・・・に変化しているからです。

あらゆる情報が、今は、格段に瞬時に得られます。

別に、都会に住んでいなくたって、欲しいものは、3日もあれば、手に入る時代です。

そういう、時代だからこそ、これまで、企業努力を重ねてきた、真の商品が、日の目を浴びる日が、到来しました。

情報社会だからこそです。

そういう意味では、たくさんの選択肢を与えてくれる世の中ですから、この情報を見逃さず、いいものが、安く手に入れる時代を楽しみましょう。

実際に、安くていい商品は、いくらでもあるんだから。

最新情報をチェック!
>