いつも、訪問ありがとうございます。あなただけの「とっておき」が見つかりますように・・・

カッコいい、シャオミがいよいよ日本で発売。 auから

Xiaomi シャオミが日本進出を表明!日本のスマホの生態系も大荒れに

世界的な通信機器メーカー、Xiaomi がいよいよ日本進出、夏頃に、auから発売予定のようです。

もちろん、5G仕様です。

みなさん、Xiaomi というメーカーをご存知ですか?

中国のメーカーであるXiaomiですが、なんとスマホ市場参後、わずか8年間で、世界シェア第4位という偉業を成し遂げたメーカーなんです。

このXiaomiが、いよいよ、2020年に日本進出を決定し、日本ではauから発売されます。

既に世界では発売されているこの Xiaomiですが、日本でも、技適承認を通過し、夏頃には、auから待望の発売となります。

まもなくです。

Xiaomiの日本進出は秒読み段階に入ったと言えそうです。

Xiaomiのスマホの何がすごいのか

Xiaomiのスマホは、すでに世界では発売をされていて、世界シェア第4位を誇るトップレベルのメーカーです。

このXiaomiの端末、なぜ、ここまで急成長を成し遂げたのでしょうか?

Xiaomi は、Apple社の iPhone を強く意識してデザインされています。

世界シェアトップのiphoneを意識するのは挑戦者の意気込みとしては想定できますが、その思いが、強烈だったからこそ、端末のスペックに反映され、Xiaomiのスマホが登場したわけです。

しかし、iPhone との大きな違いは、同じように高スペックでありながらコスパが非常に高いということです。

言うなれば、今現在日本で iPhone を購入するのは150,000円程度の費用がかかりますが、世界で発売されているXiaomiのスマホは高スペックモデルでありながら、60,000円台で販売されています。

高スペックでありながら価格はリーズナブルでコスパが高いと言う、 Xiaomi のスマホがシェアを独占するということは理にかなった結果ではないでしょうか。

Xiaomi Mi 9

今、最も世界でXiaomi の端末が稼働しているモデルはXiaomi Mi 9ですが、この Xiaomi Mi 9のスペックはなんといってもカメラの画素数が2,000万画素超えていること。

そして、Snapdragon 855を搭載していてBluetooth は、液晶サイズは6.39インチとかなり大型なディスプレイとなっています。

このスペックなら、頷けますね。

そんな、ハイスペックなXiaomi Mi 9ですが、このXiaomi Mi 9を超越した、Xiaomi Note 10が世界で発売されました。

驚くべきは、画素数なんですが、なんと1億800万画素と言われています。

それでいて世界で発売されているXiaomi Note 10の価格は60,000円台。

はるかに他社を圧倒しているスペックでかつリーズナブルな価格と言えるでしょう。

Xiaomiのスマホは何と言ってもデザイン性に優れています

Xiaomiのスマホのスペックや価格が他社を凌駕するほどの内容であることはこれでおわかりいただけたと思いますが 、Xiaomi の真骨頂である中国が誇るこのXiaomi のスマホはなんといってもデザインが、流れるようなフォルムに仕上がっている点です。

これは、ソフト面もそうですが、世界第1位の韓国サムスン社との業務提携によるところが影響していると言われています。

サムスンのGalaxyと言えば、誰もが今をときめくスマホであることはおおよその人はご存知だと思いますが、数年前にApple 社のiPhoneをダントツで抜き去り、世界シェアナンバーワンとなったメーカーです。

その圧倒的にiPhone をとの差をつけた SamsungのGalaxy がベースにあると言っても過言ではないXiaomi のスマホのデザインは、どこかGalaxy に似ている部分もあります。

iPhone神話はいよいよ崩れてしまったのかもしれません。

日本人が大好きな iPhone ですが、この Xiaomiが本当に日本に進出することで、日本のスマホの生態系は大きく崩れることがほぼ確定的かもしれません。

Xiaomi スマホのデザインをとにかく見てください

スマホに詳しい人、スマホ好きの方は、日本のマーケットだけではなく世界のマーケットにアンテナを張り巡らせれてる方も多いかもしれませんが、私もこの Xiaomi は、Web のニュースで初めて見て知ったのですが、とにかく Xiaomiのスマホのデザイン性が優れていて、しかも高スペック、1億800万画素のカメラなど聞いたこともない桁違いのスペックとリーズナブルな価格を実現したこと。

カメラの画素数が1憶を越える、GALAXLY S20 ULTRAも、そういえば、カメラの画素数は億越えだったような・・・シャオミを意識した挑戦でしょうね。

そして、デザインも抜群に良いということです。

Xiaomi Mi 9、Xiaomi Note 10これから世界で発売が予定されているXiaomi アルファ。

このデザインは世界でも、今までなかったデザインと言えます。

何と背面まで液晶ディスプレイになっているんです。

こんなスマホ見たことありますか?

とにかくまずはプロモードされたXiaomi Miアイアルファのデザインを見てみてください。

開いた口がふさがらないほどスマホのデザインを実現しています。

360度を遥かに超えている想像を絶するデザイン性、想定外のデザイン。

これが Xiaomi の強みになっていくことは間違いないでしょう。

Xiaomi のカメラがとにかくすごい

現在世界で発売されている Xiaomi Mi 9ですが、この Mi 9でさえ2,000万画素を超えるカメラになっていて、カメラは5カメラ。

iPhone 11 Proは3カメラです。

すでにこの時点で iPhone を抜き去っていると言えます。

そして Xiaomi Mi 10 Note はなんとカメラの画素数1億800万画素と言われており、これはもうスマホのカメラのスタンダードを大きく振り切っています。

まさに、規格外と言えるXiaomiのスマホに一大革命が起こると言っても過言ではないでしょう。

スティーブジョブズの時代のApple 社の iPhone のデザインは革新的でした。

しかし時代は変わりつつあります。

Xiaomi のカメラの性能だけでなく、デザイン性もサムスンとの協業により、よりリアリティあるデザインに近づいています。

Xiaomi の日本での端末販売が待ち遠しいですね。

Xiaomi のスマホは、auから発売予定です。

今から、楽しみです。

最新情報をチェック!
>