いつも、ありがとうございます。この度、当サイトをアプリ化し、訪問者さまの視認性を1.5倍向上させました。超ワイド画面をお楽しみください。サイト下段からポチッと追加・・・できます。

ユニクロ綾瀬はるか気になるジーンズサイズ

ユニクロのCMに綾瀬はるかさんが、ジーンズブラトップで登場する。

 

ジーンズにTシャツ姿で、ユニクロのCMに登場する綾瀬はるかさん。

 

もちろん、綾瀬はるかさんが履いているジーンは、MADE by ユニクロだが、気になるのは、そのジーンズのサイズだ。

 

芸能人の中で、極端に痩せているというタイプではない、綾瀬はるかさんだが、そのサイズは、どのくらいなのか?

 

このユニクロのCMを見た特に、女性は、気になって仕方がないようだ。

 

それは、ジーンズ姿の綾瀬はるかさんが、あまりにも、スレンダーで足が長く見える・・・という声が、殺到していることに端を発している。

 

筆者の、独自調査によると、おおよその綾瀬はるかさんの、ジーンズサイズが判明した。

 

知ってる人が多いと思うが、綾瀬はるかさんは、広島県出身、筆者も、同じ広島出身だ。

 

親近感がある女優さんである。

 

しかし、綾瀬はるかさんが、ユニクロジーンズを履いていると、かなり、高級なジーンズに見える。

そして、共演している、俳優は誰?

 

木仁 21歳、俳優デビューは、ドラマ「リバース」ということで、綾瀬はるかさんとは、10歳以上も歳下。

 

しかし、動き俊敏な、鈴木仁。

 

そして、綾瀬はるかさんの気になるジーンズサイズは。

 

何と「25」インチだ。

 

25インチと言えば、63cmだから、やはり、芸能人のウエスト58cm〜60cm説は、本当の話だった。

 

綾瀬はるかジーンズ×桑田佳祐×ユニクロ

ユニクロの逆襲が、遂に始まった。

 

ユニクロは、どちらかと言えば、コロナ禍で逆境にさらされると言われているアパレル・繊維業大手。

 

しかし、ユニクロは、パンデミックで、厳しいと言われていた、このアパレル業界の中で、前期比130%の利益を計上した。

 

中でも、通販での昨対比が伸長し、苦境の中、大きく前進した企業の1社である。

 

ユニクロと言えば、もう、知らない人はいない超大手だが、ブランド力と言うと、みなさんは、どうだろう。

 

高いものが、無条件で「良いもの」と言う時代ではなくなっただけに、一概には言えないが。

 

筆者の、ユニクロイメージと言えば、勝負服としては、購入しないが、安くて、デティールはいいし、値段よりは高く見える、カラバリが豊富など。

 

ただ、誰かとカブリそうというのが、唯一のネガティブイメージだ。

 

ユニクロの創業は、1949年、山口県は宇部市のローカル企業として設立。

 

記念すべく、ユニクロ1号店は、こんな感じ。

 

貴重な画像だ。

当初、筆者らは、ちょうど、どストライクの時期で、学生でお金もなかったから、かなり、お世話になった。

 

そして、ユニクロは、前進するための、さまざまなアイデアを出す企業でもあった。

 

その1つに、こういう企画があった。

 

「ユニクロで購入したものなら、何年経っていても、買い取りします。」

 

これは、当初、かなりのインパクトがあった。

 

どんな状態でも、購入時の半額程度で、買い取ってくれた。

 

確か、何でも1,000円で買い取ってくれた。

 

当初は、まだ、下取りや古着などという、文化は、どちらかと言うと、マイノリティなイメージだった。

 

古着商売などは、二束三文にしかならず、買取る言うよりは、引き取るといった感じで、今の古着文化とは異なる。

 

その、イメージを払拭し、新しい、下取りのカタチ示したユニクロは、かなり、先進的な企業イメージを浸透させた。

 

確か、そのCMは、同じ中国地方繋がりの、小林克也さんだった。

 

小林克也さんは、実は、スーパーマンだ。

 

小林克也さんも、とんでもなく、スゴい人である。

 

苦境下での逆風を追い風に変えたユニクロは、その間隙を縫う間もなく、今度は、一気に、ユニクロブランドを醸成するとばかり、大胆なイメージ戦略を打ち立ててきた。

 

綾瀬はるかさんを、イメージキャラクターとして起用したのだ。

 

 

そればかりではない。

 

ユニクロが、本気を出してきたのは、ここからだ。

 

綾瀬はるかさんのイメージに、更に、ここぞとばかり、桑田佳祐さんの楽曲が、シリーズ化して、CMを彩る。

 

そう、1曲だけではなく、シリーズ化するという大胆不敵な攻撃に出た。

 

綾瀬はるかさんも、そうだけど、桑田佳祐さんと言えば、今の日本で、右に出る人はいない。

 

音楽界では、もはや、神的存在。

それは、恐らく、後世にも、営々と語りつがれるシンガーである。

 

ユニクロは、本気で、ブランド力を上げにきている。

 

しかも、キャスティングが、申し分ない。

 

綾瀬はるかさんも、広島県出身だ。

 

桑田佳祐さんは、茅ヶ崎出身だが、地元愛が、非常に強いことは、有名な話。

 

地元愛がもたらした、最強なコラボで、一気に日本ブランドの歴史を塗り替える攻撃に出た。

 

とにかく、このコラボレーションは、かなりのレベル。

 

経営陣の、手腕が光る。

 

恐らく、お2人のギャランティは、破格なはずだが、コロナを追い風にして得た利益を次のステージへの投資として、大胆なイメージチェンジに踏み切った。

 

こういう循環をする企業は、将来性が見込める。

 

ということは、商品も質実剛健な、申し分ないものに進化していくだろう。

 

消費者である私たちに、より良い快適な、商品を提供してくれるだろう。

関連記事

ユニクロのステテコは本当に涼しい筆者は、短パン(7分丈)を探していたんですが、7分丈の短パンって、なかなか売ってなぃんです。ダメもとで、ユニクロに行って見たら、下着売り場に、「ステテコ」の文字が。ステテコって、昭和のおっさんが履く[…]

脱二酸化炭素問題に立ち向かうユニクロ

コロナの影響による、来店減、これは、ストレートに、「売上」や、「利益」に直結する。

 

アパレル業界自体が、コロナの影響大と言われた中、しかし、ユニクロだけは、昨対比を上回った利益を叩き出した。

 

当然ながら、マーケットは、鈍化するのだから、流動性が無くなり、商売が回転しない。

 

飲食業界から、コロナ感染が多いと言う検証結果から、飲食業界は、完全に締め出しを食らったが、それなりの補償を政府は講じた。

 

だが、アパレル業界もまた、大打撃を受けた業界だが、アパレル業界が、休業したところで、補償はなかった。

 

しかし、ユニクロは、前年を上回る利益を確保したのである。

 

これは、ひとえに、環境に対する順応力が高く、そして、早かったからだ。

 

消費者は、コロナ禍だろうと、「欲しいものは欲しい」。

 

いや、むしろ、コロナ禍だからこそ、溜まるストレスは、消費したいのである。

 

そこで、ユニクロは、通販による購入訴求を一気に高めた。

 

また、アパレル業界が、マスクなんてと言いながら、お家芸である繊維を使った、マスクをいち早く、マーケットに投じた。

 

どんな状況であれ、需要はある、それをユニクロ会長は、分かっていたのだ。

 

「コロナだから、コロナが収まるまでは、どうしようもない」と言う思考だと、残念ながら、息も途絶えてしまう。

 

同じ、アパレル業界のそれも、同じ中国地方の「洋服の青山」や、オンワード樫山は、ユニクロとは、正反対の決算を迎えた。

 

何が、違うのか?

 

答えは、シンプルで、「物事の捉え方1つ」。

 

これだけだ。

 

「こういう状況で、どこに需要が高まるのか」と言う考え方と、「こういう状況だから、打つ手がない」と言う考え方。この、考え方次第で、次の行動が決まる。

 

この記事では、ユニクロを例にとっているが、何もビジネスだけに留まる訳ではない。

 

個人の行動も、全く同じで、コロナに限らず、何か壁にぶち当たった時に、どう、考えるかは、人生を豊かにできるかできないかに直結すると言っても過言ではない。

 

そもそもの、「考え方」。

 

これが、何よりも大切だ。

 

考え方が変われば、行動が変わる、行動が変われば、違う結果が出る。

 

そうやって、変化する人は、変化している。

 

物事は、至ってシンプル。

 

最初の考え方が、ポジティブであれば、必ず、違った結果が待っている。

 

私たち個人にも言えることど、ぜひ、身に付けたい。

 

その、ポジティブシンキングの追い風を掴み、見事、ユニクロは、このコロナ禍で勝者となった。

 

そして、その対価を、次への投資に向けた。

 

それが、綾瀬はるか桑田佳祐さんの起用なのだ。

 

超が付くほど、一流の、キャスティングである。

 

この、ユニクロCMを見て、ユニクロのイメージが変わったと言う人は、少なくないだろう。

 

これまでのユニクロと言えば、外国人キャラクターや日本人でも、芸能人ではなく、CM専属の名もしれぬ、キャラクターだった。

 

だが、ここにきて、他のCMをも凌駕するほどの、ビックネームを2人も起用してきた。

 

これを、「大改革」と言わずして、何と言えるだろう。

 

廉価で、リーズナブルなユニクロが、ハイブランドの仲間入りをするステージに立った。

 

関連記事

ユニクロのステテコは本当に涼しい筆者は、短パン(7分丈)を探していたんですが、7分丈の短パンって、なかなか売ってなぃんです。ダメもとで、ユニクロに行って見たら、下着売り場に、「ステテコ」の文字が。ステテコって、昭和のおっさんが履く[…]

 

ユニクロのブランド戦略から学ぶもの

ユニクロCMと言えば、敢えてタレントを使わず、一般のモデルなどが中心のCMが圧倒的に多かった。

 

そのイメージは、それが最初、ユニクロとは分からない時点でも、「あっ、ひょっとして、このCMって、ユニクロ?」と思ったら、殆ど当たっていた。

 

みなさんも、同じように感じたことはないだろうか?

 

それはそれで、ユニクロの狙いだった訳だが、ここにきて、ユニクロの戦略は、大きく舵を切ってきた。

 

日本の代表的存在の女優と、右に出るものがいない唯一無二のシンガー桑田佳祐さんのコラボCM、更に、このCMは、シリーズ化することが、決まっている。

 

桑田佳祐さんの、楽曲は、既に、2曲を投入、「若い広場」と「いつか何処かで」、そして、第3弾は、桑田佳祐さんご自身もお気に入りの「悲しい気持ち」だ。

 

綾瀬はるかさんの透明感と相まって、実に清々しい。

 

【ユニクロ 若い広場 綾瀬はるか】

 

【ユニクロ いつか何処かで 綾瀬はるか】

共通点は、「若い女性」をターゲットにしていると筆者は感じる。

 

いつの時代も、ファッションのブームを創るのは、若い世代だ。

 

やはり、ユニクロは、ただのアパレル企業どではなかった。

 

苦境を見事、跳ね飛ばし、ブランドの固定化のステージに。

 

これは、偏に、商品自体のクオリティも問われてくるし、その覚悟の表明とも取れる。

 

オファーを受けた2人は、いずれも、超ビックネームである。

 

何でも、オファーは受けます的な、人物ではない。

 

そこに、ユニクロに対するイメージや評価が、綾瀬はるかさんや桑田佳祐さんに無ければ、断っても、何らか困らない、ビックスターだ。

 

そこから読み取れるのは、ユニクロの明るい、将来性だ。

 

それ無くしては、このコラボは、成立していない。

 

覚悟と言えば、少々、抽象的だが、ユニクロは、虎視眈々と、ビジネスの優位性となる、キャッシュレス決済、ユニクロPAYを立ち上げた。

 

そればかりか、大手通信会社の、d払いau PAYPAYPAYも一瞬で全て使えるようにした。

 

世の中は、キャッシュレスが、当たり前になる。

 

そこにも、柔軟に、スピード感を持って、消費者のニーズに応えている。

 

大手3社のキャッシュレスが全て使えると言うことは、単に、消費者の利便性を高めるためだけとでは、実はない。

 

今や、大手3社のシェアは、3分化していて、どれか、1社が使えないとなると、使えないキャリアのスマホを持っている人の気持ちは、どうだろう。

 

恐らく、ユニクロには、いいイメージは、抱かないはずだ。

 

そういう、消費者心理の細部に渡るまでをユニクロは、分かっている。

 

お客様目線に立った、戦略だ。

 

こういう企業の、企業努力を、NSPと言う。

 

NSPとは、あなたは、ユニクロを、周りの人におすすめしたいかどうかの指標のことを言う。

 

あらゆる側面から、消費者目線に沿ったUIも整え、クオリティの高い商品を提供する。

 

「売れないはずがない」のだ。

 

また、アパレル業界でも、問題になっている、繊維業がもたらす、二酸化炭素排出問題にも、取り組んでいる。

 

所謂、リサイクルして、また、新しい商品を作り出す、SDGsにも、積極的に取り組んでいる。

 

視野を広く持ち、正しい考え方に沿って、事業を発展させる行動は、後に、大変な価格変化をもたらす。

 

ユニクロの戦略は、私たち、個人にも当て嵌めることができる。

 

それは、何も難しいことではない。

 

未来を予測し、ポジティブな考え方に基づいた行動には、やがて、明るい光が差しこんでくる。

 

私たちも、そのようにありたいものだ。

 

ユニクロPAYに学ぶキャッシュレス時代の到来

ユニクロには、先見の明がある。

 

それは、何も、今、始まったわけではない。

 

ユニクロ創業時から、はや70年間、その看板を守り続けた。

 

一般的に業歴30年経過できれば、その企業は生き残ると言われているが、ユニクロは、その30年を越し、2周目に入った。

 

ユニクロは、時代に沿ってどんどん進化している。

 

今年に入り、ユニクロPAYというオリジナルのキャッシュレスサービスを始めた。

 

また、それに留まらず、docomo、au、softbankのキャッシュレスサービスも、音速でスタートさせた。

これは、間もなくキャッシュレス時代が、本格的に幕を開けることを意味していて、諸外国との周回遅れの通信決済サービスが、日本でま主流になることを、先取りしている。

 

間もなく、5Gサービスは、本格始動し、このキャッシュレス決済は、日常化する。

 

そして、ユニクロのブランド力をもう1段上に上げることに注力してきた。

 

私たち、消費者にとって、快適なファッションライフを提供してくれるに違いない。

 

そう考えると、いつしか、そう遠くない、未来に、私たちのファッションブランドの選択肢の中に、ユニクロは、きっといるだろう。

関連記事

ユニクロのステテコは本当に涼しい筆者は、短パン(7分丈)を探していたんですが、7分丈の短パンって、なかなか売ってなぃんです。ダメもとで、ユニクロに行って見たら、下着売り場に、「ステテコ」の文字が。ステテコって、昭和のおっさんが履く[…]

ユニクロ新CMは、綾瀬はるかが遂にブラトップ姿で登場

ユニクロ×綾瀬はるか×桑田佳祐のシリーズものCMの大3弾は、綾瀬はるかさんが、車が飛ばした水しぶきで服が濡れてブラトップ姿を躊躇しながらも、ブラトップ姿に。

 

ブラトップと言えば、ユニクロの初代、ブラトップCMは、佐々木希さんも、ブラトップを披露した経緯があるが、それとは裏腹に、実に、清々しい夏を思わせるブラトップ姿の綾瀬はるかさん。

 

まるで、映画の1シーンを彷彿させるような、嫌みやいやらしさのない、綾瀬はるかさんのブラトップ姿は、勇敢ささえ感じるいいシーンだ。

 

ブラトップ姿と言えば、ターミネーター2で主人公のサラ・コナーも同じように、ブラトップ姿で、悪党と戦ったいたシーンを思いだすが、車越し綾瀬はるかさんのブラトップ姿を見ていると、何だか、そのシーンを思い出し、勇敢さを感じてしまう。

 

そこに、桑田佳祐さんのこちらも、「若い広場」、「悲しい気持ち」、そして第3弾の楽曲、「悲しい気持ち」が、綾瀬はるかさんのブラトップに清々しさを演出している。

 

うん、ユニクロは、本気で、ブランドイメージの浸透を図ってきた。

 

季節は、もう、夏に向いて動いている。

 

今年は、このブラトップ・・・ますます、普段着として定着しそうだ。

 

そう言えば、このユニクロ綾瀬はるかさんのブラトップ姿は、服が濡れてしまって、ブラトップになるしかない事態に追い込まれてしまうんだが、ブラトップ姿になる時に、綾瀬さんは、「ま、いっか」と口ずさむ。

ブラトップになるのをちょっと、溜めたってしまう・・・そんな女性心理の方は少なくないだろう。

でも、綾瀬はるかさんが、ブラトップ姿になる時に、「ま、いっか」と言ってしまうということを聞いた、ブラトップも着てみたいと思っている女性のみなさんにも、同様に「ま、いっか」と言うフィーリングで、着てほしい1着だ。

綾瀬はるかブラトップだし・・・大丈夫かって、そういうライトな感覚でファッションを楽しんで欲しい。

ブラトップは、下着を付けないファッションだ。

 

当然ながら、躊躇する気持ちも分かるが、一方で、病気などで体のバランスを崩された方は、その女性らしさを取り戻すことに相当、苦労されていると聞く。

 

そういった方も含め、女性であるみなさんが、躊躇なく、着こなせるブラトップづくりをユニクロには目指してほしい。

 

本来、女性は、女性らしいところをもっと見て欲しいはずなのだ。

 

 

 

最新情報をチェック!
>