いつも、訪問ありがとうございます。あなただけの「とっておき」が見つかりますように・・・

サブスクで音楽を楽しむ前にクラプトンの Easy now を聴くと本当の音楽が見えてくる

エリッククラプトンは 、1960年代からヤードバーズ、クリームなどのバンドでギタリストとして活動した。

そのギターテクニックは世界屈指もので別名、スローハンドと呼ばれていた。

スローハンドとは 、言葉通り、ギター奏法がゆっくりでしたなわけではなく、 実は真逆で あまりにも早すぎるギターテクな、スローに見えるという誰にも真似ができないテクニック。

1970年代からは、薬物依存症、アルコール依存症・交通事故・体調を

崩し苦難の時期が続いた。

そうした苦境の中、新たな境地を求め、クラプトンは、アメリカ南部のミュージシャンとデレク・アンド・ザ・ドミノスを結成し再起を図る。

デレク・アンド・ザ・ドミノス時代にあの トップオブザロックとも言える、いとしのレイラを完成させた。

音楽では、新たな境地を見出したクラプトンだが、2人目の奥さんとの間に産まれた息子を4歳で失う。

暗中模索の中で光と影を繰り返した、クラプトンの音楽人生 は決して順風満帆ではなかったが、その息子を偲んだ曲こそが.Tears of heaven(ティアーズフォーヘブンン)だ。

その後も、アンプラグドアルバムなどで世界を風靡すると、世界それから日本 大御所ミュージシャンも 揃って Unpluggedアルバムをリリース。

アンプラグドブームが巻き起こった。 アンプラグド の真骨頂はクラプトンにありと言っても過言ではない。

しかし、敢えて今回、「サブスク聞くならこの曲はずすなよ」は、【EASY NOW】

この曲聴かずしてクラプトンを語れない。

【無料アプリをダウンロードして、無料で試聴できる】

Music FM ボックス | 音楽エフエムプレーヤー

Music FM ボックス | 音楽エフエムプレーヤー

Christine Foss無料posted withアプリーチ

【気に入ったら】

最新情報をチェック!
>