いつも、訪問ありがとうございます。あなただけの「とっておき」が見つかりますように・・・

サザンオールスターズ・桑田佳祐 歴代CM 懐かしい

サザンオールスターズ・桑田佳祐さんの遍歴

それは、1974年に今の核となるDNAが目覚めた瞬間。

青山学院大学に入学した桑田佳祐さんは、音楽活動にのめり込み、YAMAHA主催のYAMAHA EAST WESTコンテストで、特別賞を受賞したことから、今の所属事務所、アミューズ(日本ビクターレコード) に見事、スカウトされたことに端を発しています。

1974年に、桑田佳祐さんは青山学院大学に入学し、大学でのサークルは 音楽に関する関係するサークルに入部。

そこで出会ったのが、今の桑田佳祐さんの奥さんである原由子さんであり、関口和之さんだったのです。

その後輩が、今、サザンでリードギターを担当する斎藤誠さんです。

桑田佳祐さんは、音楽活動に没頭、今の遍歴を伺わせるインパクトあるバンドとして活躍。

桑田佳祐とヒッチコック劇場、温泉あんまももひきバンド、ピストン桑田とシリンダースなど、奇抜なバンド名でも目立っていたと言われていました。

そういうコミカルな一面を見せながら、一方で、桑田佳祐さんのボーカリストとしての声量は、当初から群を抜いていたと言われています。

そういえば、桑田佳祐さんの息子さんの桑田祐宜さんは、READ ALOUDというバンドで活躍中ですが、祐宜さんの声量もまた、父である桑田佳祐さんに勝るとも劣らないパワフルなものです。

桑田佳祐さんの息子さん桑田祐宜さんのこと

【READ ALOUD 桑田祐宜】

また、原由子さんも、当初から非凡な才能を周囲に撒き散らしていたようで、「ジェロニモ」という、女性2人だけのバンドを結成し、エリッククラプトンの楽曲などをコピーをして活躍していたそうです。

クラプトン弾ける奴がいる?・・・そセンスの良さと演奏スキルに惹かれたのが、桑田佳祐さんという訳で、原由子さんのアルバム、MISS YOKOHAMA DULTに収録されている「いちょう並木のセレナーデ」は、桑田佳祐さんと当初の原由子さんとの関係性を唄った楽曲。

運命を変えたYAMAHA EAST WEST

YAMAHA EAST WESTコンテストで、最優秀賞に輝いたのは、シャネルズ。

鈴木雅之さん率いる、靴墨を顔に塗りまくり、黒人テイストチックな日本人バンドでした。

当初、特別賞のサザンオールスターズ、当初、最優秀賞のシャネルズ。

今、シャネルズが活動しているかどうか分かりませんが、(ないでしょう、田代さんがアレだから)、今のサザンオールスターズと比べると、コンテスト結果に相反し、今も尚、新しい楽曲でお茶の間を賑わしてくれるサザンオールスターズの偉大さにただ、ただ、感服するばかりです。

サザンオールスターズのリーダーは、言うまでもなく桑田佳祐さんですが、その当初の昭和の時代、平成、令和に至るまで、音楽業界の第一線を常にリードし、今も尚、お茶の間のファンに、常に新しい音楽を提供し、パワーをくれています。

もう、「至宝」という言葉しか、思いあたりません。

もう1つ、桑田祐宜さん率いるREAD ALOUDは、お父さんの存在があまりにも、偉大すぎて遠い存在でありながら、親の力を借りることなく、自分の道を歩まれています、これは、「計り知れない勇気と決断」です。

桑田家のそういうところが、今の桑田佳祐さんを醸成しているのかも知れません。

サザンオールスターズのCMは、「コミカル」、桑田佳祐さんのCMは、「セクシー」

◼️日清やきそばUFO

10ナンバーズからっと/アブダ・カタブラ

◼️アンネ タンポン

ステレオ太陽族/素顔のままでいい

◼️求人情報 B-ing

southern all stars/忘れられたBIG WABE

◼️日本生命

southern all stars/you

◼️キャデラックYOUNG LOVE/胸一杯の愛と情熱の中で

◼️コカ・コーラ

波乗りジョニー/波乗りジョニー

◼️コカ・コーラROCK AND ROLL HERO/ROCK AND ROLL HERO

◼️TDK

SMOKE ON THE WATER

◼️富士通

KAMAKURA/Computer children

◼️日本生命

稲村ジェーン/愛は花のように

◼️大塚製薬/ウルオス

MUZICMAN/EARLY IN THE MORNING

◼️T&C SURF

ROCK AND ROLL HERO/夏の日の少年

最新情報をチェック!
>