いつも、訪問ありがとうございます。あなただけの「とっておき」が見つかりますように・・・

 

佐々岡カープにもの申します

 

佐々岡カープ1年目は、セリーグ5位との成績。

本当にこれが、かつてのセリーグの覇者場なのか?


この結果を仕方なしとするのか、しないのか、筆者は、5位になるほど、カープ選手のポテンシャルは、悪くないと感じている。

カープの監督が、佐々岡監督になって初めての年。

コロナ禍で、通常のペナントレースとは、異なるスタートとはなったが、これは、どの球団とて同じこと。

カープの新監督が、佐々岡監督になる報道の中で、気になったフレーズがある。

「守り勝つ野球を目指す」。

監督の言葉だ。

筆者は、この言葉が引っ掛かって仕方なかった。

筆者は、広島出身、小学校の頃から、カープファンで、忘れもしない、小学6年の時、カープは、日本シリーズで、近鉄と対戦。

日本一になった年だ。

ノーアウト満塁の絶体絶命のピンチから、江夏豊の3者連続三振と言う嘘のようなピッチングで、見事、切り抜け、日本一を勝ち取った時の光景を未だに、鮮明に覚えている。

カープは、守り勝つチームなのか?

 

いや、カープは、「攻撃力のあるチームだ」。

攻撃力を軸に置かずして、「勝利はない」と思っている。


理屈は、簡単である。

守りだけで、「点」は取れない。

それだけである。

攻撃力があってはじめて、守り勝つことができる。

コロナ禍で、プロ野球がとうなるか、見えない時だったが、この言葉を聞いて、今年のカープに優勝はないと感じた。

 

カープはなぜ、5位の成績に終わったのか

 

投手陣の相次ぐ戦線離脱、ジョンソンの不調。

改めて、筆者の脳裏によぎったフレーズは、「守り勝つ野球」。

既に、終わりが見えていた。

故障だから、仕方なし?

いや、一流のプロフェッショナルは、筆者の知る限り、「故障」しない。


今年ほど、カープのテレビ中継を途中で、見るのを辞めてチャンネルを変えた年はない。

毒を吐くと言われようと、やめることはできない。

観戦している、ファンがそう思うと言うことは、恐らく、プレーをしている選手達は、10倍も、100倍もそう、感じていたに違いない。

これは、監督をはじめとする首脳陣の責任である。

ペナントレース、5位の結果に導いたのは、監督をはじめとする首脳陣にある。

名もなき、元、高校球児が、そう思うのだから、どうしようもない。

名もなき、高校球児だも分かる、「それ、おかしいだろ」という采配の振り方。

プロフェッショナルだと言うなら、プロフェッショナルな、試合をしなければいけない。

負けても、やむ無しと言う試合をしなければ、いけないのである。

その裏に、次の年のこと、主要選手の動向があるのか無いのか知らないが、今年は、今年で、1試合、1試合に、命を削って、プレーしてもらわなければ、ファンに失礼である。

 

なぜ、監督と首脳陣が原因だと思うのか

 

筆者が、なぜ、5位の結果を、監督をはずめとする首脳陣の責任だと、思うかと言うと、采配が、「狂っている」からだ。

お前のような、野球のことも知らない、中途半端な元、高校球児に何が分かるのか?

と言われるかも知れない。

しかし、言わせていただく。


プロフェッショナルとは、思えない、選手起用。

今年は、トライアルと言わんばかりの選手起用。

FAを見越したかのような、選手起用。

「数値」に偏りすぎの選手起用。

随所に、「意味不明」な選手起用が、目立った。

筆者が、チャンネルを変えるのは、いつも、この瞬間だ。

プロ野球も、スポーツだが、勝負事である。

毎日、「勝つ」か「負けるか」である。

外に出たいと言っている選手がいるなら、初めから終わりまで、出さなければいい。

シーズン途中でも、すぐに本人の思うようにさせればいい。

ちょっと打率が、下がったくらいで、主軸を外してはダメだ。

逆に、打率も上がらない、同じ球で繰り返し、三振するような新人をいつまでも起用しては勝てない。

まるで、真反対の采配の振りよう。

あとは、首脳陣の「覇気」のなさ。

筆者は、会社員だが、勤務中に、周りにマイナスになる影響を与えてはいけないと教えられてきた。

理由は、その雰囲気が、周りに移るからだ。

もっともな理由だった。

それ以来、少々、体調が悪かろうと、成績が悪かろうと、そういう時こそ、口角をあげるようにしてきた。
最低限のマナーだ。

カープベンチの首脳陣たちの、表情を見ると、「勝とう」という「覇気」が皆無と言えるほど乏しい。


あとは、打順を、いちいち、変えない。

毎日、ある一定のプレーヤーとプレーすることで、自然と、コミュニケーションが取れてくるものである。
スターティングラインナップを、大きくいじりすぎだ。

練習試合では、ないのだ。

一定の主軸は、一定でないと、波長が合わない。

今年の、カープの采配は、「試し、トライアル感」を非常に感じた。

必死に、テレビに、かじりついて見ているファンを、バカにしないで、いただきたい。

とにかく、「一体、何が、やりたいのか」全く分からない采配。

軸が、あちこちにブレまくりで、選手のモチベーションが、ダダ下がりなのが、テレビの画面からも、伺える。

とにかく、「数字」に頼りすぎだ。

潔よくないのである。

例えて、言うなら、サラリーマンの言い訳の材料つくりだ。

負けても、言い訳できる、選手起用。

プロフェッショナルなのだから、サラリーマン的発想では、どうやっても、勝てるはずがない。

監督に必要なのは、「肌感覚」だ。

器が、小さすぎる。

いつも、今年が最後のつもりで采配を振るのが監督だ。

 

どうすれば、3連覇時代のカープに戻れるか?

 

数年前の3連覇は、一体、どこへ行ったのか。

あの、怒涛の攻撃を甦らせることは、できないのか?

答えは、「NO」。

今すぐにでも、できる。

選手1人1人の能力は、実に素晴らしい。

監督をはじめ、首脳陣と選手の間にある、蟠りを払拭すること。

テレビを見る限り、主力選手のオーラが、消えかけている。

モチベーションが、ダダ下がりと見える。

モチベーションが下がると、オーラが出ない。


オーラが出ないと、周りに移らない。

周りに移らないと、みんな、オーラがなくなる。

残念ながら、今の、カープは、そう見える。

いいオーラを持っている、選手のモチベーションを下げないで欲しい。

何が原因かと言えば、それは、「信頼」だ。

中堅選手と一流選手を同じ扱いにしては、いけない。

中堅選手が、振るわない時ひは、さっさと、次に変えるべきだが、それを、一流選手にまで、当て嵌めては、逆効果だ。

一流選手は、必ず、役割を果たしてくれる。

そんな、一流選手を、軽々しく、イジるんじゃない。

信用されてないと感じたら、どんな、選手でも、モチベーションは下がる。


野球は、「水もの」だ。

打線は、もっと、水ものだ。

と、いうことが、お分かりでないようである。

水ものだが、一流選手は、モチベーションを維持できる。

維持できている限り、必ず、期待に応えてくれる。

それが、一流選手だ。

失礼ながら、能書きを垂れているが、筆者は、佐々岡監督と同い年だ。

だから、ストレートに言わせていただく。

もっと、選手を信じていただきたい。

疲れていようと、打率が下がろうと誠也は、4番で、田中は、1番、菊池は、2番で不動だ。

クリーンナップは、松山、長野、西川の3選手。

捕手は、翼で基本、不動。

坂倉、大盛は、不安定すぎる、まだまだ、早い。

若手を試したいなら、完全な負け試合で、出せばいい。

チャンスを与えすぎである。

少なくともスターティングラインナップで出す選手じゃない。

勝つための野球をするのが、プロ野球。

試しは、キャンプ中にしていただきたい。

ある、一定の、一流選手は、よっぽどのことが、ない限り、選手を信じて、「不動」を貫いて欲しい。

貫く、耐える、我慢するも、監督の大切な仕事だ。

そうすることで、信頼関係が築かれ、自然といい雰囲気になる。

自分のやり方で、「試してみる」は、今年で終わりにしていただきたい。

左バッターばかりを、2度、連ねても勝てないんだから、「数値」に頼り過ぎても勝てないことが分かったはず。

「野球」とは、選手の込み上げてくるような、モチベーションや首脳陣との信頼関係が、遥かに実力をも上回る「力」を発揮させて、それが、野球の試合の流れに繋がるもの、最も大切なのは、「大事なところで、打つか、守るか」。でしょ。

それが、分かっているなら、もう、今年と同じ轍を踏まないでいただきたい。

それが、できないようなら、我慢強いファンも応援する、モチベーションを失ってしまいます。

最新情報をチェック!
>