いつも、訪問ありがとうございます。あなただけの「とっておき」が見つかりますように・・・

オシロイバナは夜に咲く

オシロイバナって、筆者は、ある方のファンでなければ、一生、知ることは無かったと言っていいほど、メジャーか、マイナーかで言うと、恐らく、今となっては、マイナーな部類のハナでしょう。

桑田佳祐さんのソロアルバムに収録されている、「黄昏のサマーホリデイ」の歌詞の中に、「喉が乾いて、オシロイバナの芯を舐めても味気なく♩」という、フレーズがあたって、筆者は、オシロイバナを知りました。

花屋にいく機会こそ少ない筆者ですが、オシロイバナを販売している花屋さんは、殆ど見かけません。

それは、至極、当然で、ナマモノである「ハナ」だけに、不特定多数に認知が高い花を販売するでしょうから、仕方がないことではありますが。

事実、筆者は、いくつかの花屋に、オシロイバナを探しに行きましたが、そうですね、5 〜6店舗は、行ったと思いますが、どこの花屋にも、オシロイバナは、ありませんでした。

でも、実際に、オシロイバナが、どんなハナなのかを知りたかったので、通販で、オシロイバナを検索したところ、Amazonで、オシロイバナの種を売っていました。

早速、Amazonで、注文して、オシロイバナをベランダのプランターで、育ててみることに。

オシロイバナはどんなハナか?

オシロイバナとは、オシロイバナ科の多年草。

南アメリカが原産地で、日本に渡来したのは、江戸時代だと言われています。

ちなみに、英語では、marvel of Peru

four o’clock flowerと呼ばれています。

ここで、気になるのは、「four o’clock flower」

というトコロ。

始めは、あまり深く考えてなかったので、スルーしたのですが、後になって、four o’clock flowerの意味が分かりました。

また、後で、お伝えします。

オシロイバナは、多年草ですが、ネットなどで調べてみると、道端にも咲いているような事が、書いてありましたが、少なくとも、筆者が住む界隈では、見たことはありません。

オシロイバナの育て方

オシロイバナを筆者は、種の状態で購入しました。

オシロイバナの種植えの時期は、5月〜6月が適していると言われています。

そして、ハナを咲かせるのは、おおよそ2ヶ月後の8月。

オシロイバナって、夏のハナなんですね。

筆者は、ハナを育てること自体、殆ど経験がないので、ネットで調べたそのままを、忠実に再現していきました。

ベランダで、オシロイバナを育てるので、あまり、スペースは取れないんですが、オシロイバナを育てるには、40Cm〜50Cm間隔で、育てるのが適していると言われています。

ベランダが、よっぽど、広いお宅であれば、可能でしょうが、平均的には、そこまで、スペースを取れる方は、少ないのではないでしょうか。

筆者も、50Cm間隔は、とても無理だったので、せめて、1つの鉢に1粒の種を植えることにしました。

1つの鉢は、直径が15Cm程度の鉢です。

試しに、その直径、15Cmの鉢に、1つだけ、3粒〜4粒のお試し用として種を植えてみました。

オシロイバナの種は、数日で、芽を出し始めました。

育てるハナとしては、「あまり、難しいものではない」というのが、筆者の感想です。

全部で、4鉢にオシロイバナを植えましたが、見事、全ての鉢から、芽が出始めました。

それからは、鉢植えの土が、乾いてきたら、水やりを繰り返しました。

日に日に、オシロイバナは、育ちます。

そうですね、2週間〜3 週間くらいで、茎も育ち、「植物化」してきます。

でも、ハナが咲きそうな、兆候はありません。

しばらく、我慢が続きます。

オシロイバナですが、案外、茎が弱いです。

少し、風が吹いただけでも、茎がシナッてしまいます。

これは、多分、50Cmの間隔が保てていないのが、原因です。

みなさんも、もし、オシロイバナを育てるのであれば、可能なら、50Cmの間隔を取ってやると、恐らく、茎もしっかりするのだと思います。

何故、筆者が、茎の弱さが、しっかりとしたスペースを取らなかったのが、原因だと思ったと言うと、試しに、複数の種を巻いたプランターのオシロイバナの茎は、他のオシロイバナの茎と比べて、折れそうなくらい細かったからです。

すぐに、1番太い茎のオシロイバナだけを残し、後は、間引きました。

すると、やっぱり、茎が丈夫になってきました。

オシロイバナは、1株でも、広範囲のスペースが必要。

その方が、立派なハナが咲きます。

それでも、筆者のような環境で、オシロイバナを育てたい方は、添え木をしてやると、真っ直ぐに育ちます。

6月にオシロイバナの種を植えて、通常だと、8月くらいには開花するのが、一般的のようですが、筆者の場合、これも、十分なスペースが取れなかったのが、恐らく原因でしょう。

開花は、9月に入ってからでした。

しかし、ハナのツボミが、確認できた時は、感動しました。

なんせ、ハナなど、殆ど、育てた経験が無かったので、それは、嬉しかっです。

そして、見る見るうちに、オシロイバナのツボミは、増えていきます。

しかし、ツボミからが、なかなか、咲かない。

ツボミのまんま。

そうなんです、筆者がオシロイバナの成長を確認するのは、会社に出勤する前の朝の時間か、休日なら、やはり朝か、日中だったんですが。

オシロイバナは夜に咲く

そうなんです、朝や、日中に、オシロイバナの成長を確認しても、成長過程を確認することは、できないんです。

何故ならば、オシロイバナは、夕方~夜にかけて咲くハナなんですね。

知らなかった、だから、いつ見ても、ツボミのはずだわ。

オシロイバナは、夕方から咲き始めるため、和名では、オシロイバナの他に、「ユウゲショウ」とも呼ばれるそうです。

なんか、艶っぽいです。

桑田佳祐さんが、歌詞の中に入れるに相応しいハナです。

やっぱ、スゴいな、桑田佳祐さん。

オシロイバナ、だから、英語では、four o’clock flowerなんですね。

ちなみに、お隣の中国では、お風呂に入るころに咲くから、「洗澡花」と呼ばれるそうです。

オシロイバナ、ますます好きになりました。

オシロイバナには、そういう特徴があるんです。

筆者は、風呂上がりに、ベランダに出て、椅子に座ってオシロイバナを見るのが習慣になり、何だか分からないけど、落ち着くという、マイ・ブームになってしまいました。

オシロイバナを見て、落ち着くのには、もう1つ理由があります。

いつものように、風呂上がりにビール片手に、ベランダの椅子に座って、赤、ピンク、黄色と、華やかに咲くオシロイバナを眺めていたところ。

「あらっ、ボディーシャンプーこんな匂いだったっけ?」

風呂上がりだったから、てっきり自分が使ったボディーシャンプーの匂いだと思ったら、何と、オシロイバナから、ほのかな、何か、化粧品のような、女性的な匂いが、漂ってくるんです。

ハナに匂いがあるのは、筆者も知っています。

でも、オシロイバナの芳香は、何とも上品で女性的な香りです。

オシロイバナ花言葉

オシロイバナにも、花言葉があります。

オシロイバナの代表的な花言葉は、「臆病」、「内気」、「恋を疑う」など。

うん、桑田佳祐さんの楽曲、黄昏のサマーホリデイでも、女性が恋を憂う歌詞が、出てきます。

オシロイバナは、「恋」が絡む、ちょっと色っぽいハナなんですね。

それも、オンナゴコロ。

やるせない、映ろいやすい、恋を憂うような、色っぽいハナ、それが、オシロイバナ。

匂いも、確かに色っぽいから、大人向けのハナです、オシロイバナは。

オシロイバナの色

筆者が、実際にオシロイバナを育てた結果、オシロイバナには、「赤」、「ピンク」、「黄色」があることは、間違いないです。

あとは、「白いオシロイバナは珍しい」そうです。

また、1つの株で、複数の色のハナを咲かせるオシロイバナもあるようです。

あとは、色が混じる場合もあるそうです。

オシロイバナのハナは、どの色のハナも、実に鮮やかです。

赤いオシロイバナは、深い赤、黄色のオシロイバナは、鮮やかな黄色、そして、ピンクのオシロイバナは、抜けるように水水しいピンク色のハナを咲かせます。

オシロイバナは色水を楽しめる

オシロイバナのハナを摘んで、水の入ったビニール袋に入れて、混ぜると色水を楽しむことができます。

準備するものは、オシロイバナのハナ、ビニール袋、水、これだけです。

オシロイバナは、1度開花すると、萎んでは咲き、萎んでは咲きを繰り返し咲き、長く楽しめることと、たくさんのハナを付けます。

どんどん、ツボミは、増えていき、たくさんのハナを咲かせる、そして、長期間、咲き続けるので、ハナを楽しむには、適したハナで、また、色水も楽しめるので、大人も子供も楽しめよますね。

オシロイバナの毒性

ちょっと、気をつけなければいけないのが、オシロイバナには、毒性があること。

毒性があると言っても、オシロイバナの場合は、命に関わるような毒性では、ありません。

オシロイバナは、根や種子に、窒素化合物の「トリゴネリン」を含んでいます。

根を触ることは、あまり無いと思いますが、種子は、風に乗って、吸い込む恐れがありますので、少し、注意が必要です。

オシロイバナの、種子を吸い込むと、下記のような症状がでることかあるそうです。

①嘔吐

②腹痛

③激しい下痢

このような症状が出て、改善しない時は、医師に相談しましょう。

そして、オシロイバナの事も、伝えましょう。

最新情報をチェック!
>