いつも、ありがとうございます。この度、当サイトをアプリ化し、訪問者さまの視認性を1.5倍向上させました。超ワイド画面をお楽しみください。サイト下段からポチッと追加・・・できます。

NOINはなぜ安くてモノがいいのか

NOINは安いだけじゃない

NOINと聞いて、「あっ、聴いたことある」と反応する女性は、どのくらいいるだろうか?

今、NOINは、10代から40代の幅広い女性層を中心に、盛り上がっている、コスメブランドプラットフォーム。

 

すでに、250万ダウンロードと言うから、その、勢いは、留まるところを知らない。

 

NOIN

コスメを買うならNOIN

コスメを買うならNOIN

開発元:noin, inc.

無料

posted withアプリーチ

その背景には、お客様のメイクの悩みを解決するサポートを行なっていることにある。

 

なぜ、お悩みを解決をサポートすることが、商品購入に繋がるのか?

 

資生堂やカネボウ、ノエビアなど名だたる、化粧品ブランドが数多くあるが、資生堂は、このほど、自社ブランド筆頭商品の「椿」を手放すことを表明している。

 

一般的に、化粧品の購入と言えば、まず、デパートの1Fとか、ドラッグストアなどで購入する女性が多い。

 

しかし、このNOINは、アプリ上で、お客様のお悩みを解決し、豊富なバリエーションアイテムの中から、お客様にあった商品を提案するというスタイルをとっている。

その中から、NOINのプライベートブランドである、ヘアオイル、tiooやメイクアップアイテムsopoを開発、これが、今、お肌にお悩みの女性にビタッとハマっている。

 

お客様の、お肌や髪の悩みは、多種多様。

 

それぞれの、お悩みのタネを解決してくれる、ぴったりの化粧品があると言うのだから、人気にならないはずがない。

 

そして、NOINが急成長している背景には、もう1つ理由がある。

 

それは、コスパの良さだ。

 

お肌の悩みを解決するあなたにぴったりの化粧品が格安ならば、購入しない手はない。

 

NOINは、今年、一気にコスメ界の頂点に這い上がりそうだ。

日本の化粧品業界の実態

日本の化粧品業界の筆頭としては、資生堂、コーセー、カネボウ、ポーラなどが有名だが、では、世界の中で、日本の化粧品ブランドを横並びに、並べてみると、一昔前までは、世界的にも、クオリティが高かったのが資生堂。

 

しかし、資生堂も、看板商品の「椿」を手放すまでに、今では、陥っている。

 

では、今、どこのブランドが、世界的に、市民権を得ているのか?

 

「韓国」である。

 

韓国と言えば、同じアジアの国と言う意味では、日本に近いが、食生活の違いはあれど韓国の芸能人の肌艶は、圧倒的に、アジアでも、NO.1だ。

 

肌のきめ細やかさが、桁違いに違う。

 

だから、化粧のノリも、まるで違う。

 

MISSHA、innisfree、SKINFOODなどが、有名どころだろう。

音楽界でも、韓国のアーティストの台頭が目立つが、化粧品もまた、韓国製が、今、飛ぶように売れている。

 

理由は、明白だ。

 

テレビに出てくる韓国女優やアーティストは、みな、うっとりするようなもち肌で、それでいて、透き通るような白い肌。

「あんなふうに、なれたらいいのに」と誰もが思う。

 

その、女優たちが、韓国製の化粧品を使っているなら、誰でも使ってみたくなる。

NOINは、韓国製化粧品もコスパ最強なワケ

NOINが、急成長している要因の1つに、外国製の化粧品のラインナップが豊富な点がある。

 

もちろん、韓国製の化粧品のラインナップもスゴい。

そして、それらの商品が、格安で販売されている。

なぜ、同じ商品なのに、他店よりも、安く販売できるのか?

みなさんは、「並行輸入」と言う言葉をご存知だろたうか。

 

これは、化粧品に限らず、日本仕様にされているものと、海外製品そのものを輸入するものとで、並行輸入品と日本仕様版と言う仕分けになる。

 

一昔前までは、並行輸入品と聴くと、ちょっと躊躇することもあったが、今は、グローバルスタンダードの時代である。

 

むしろ、化粧品に関して言えば、並行輸入品、つまり、本場の商品の方が、より、理想に近づけると言っても過言ではない。

 

NOINは、そういう既成概念を取っ払い、いいものを安くを実現してくれる。

 

リアル店舗で商品を買うからスマホでショッピングにシフトする

 

NOINに限らず、コロナが市場に与える影響は計り知れない。

 

しばらく、コロナ収束までに時間を要するだろう。

 

既に、たち行かなくなっている、業種業態も少なくない。

 

かつては、MADE IN JAPANは、クオリティが高く、良質だというイメージも、今や、影を潜める業種も少なくない。

 

家電製品は、正にそうで、もはや、MADE IN JAPANと言っても、飛ぶように売れる時代ではなくなった。

 

機械物(家電製品)は、日本がいいことは、変わりないが、時代のもたらす価値観が変わってきている。

 

その風に乗って、更に、追い打ちを掛けるようなコロナの襲来で、世の中のビジネスのあり方は、大きく変わるだろう。

 

リアル店舗に行かなくても、スマホで十分に臨場感を感じることができる時代になる。

 

@コスメにしろ、NOINにしろ、店舗で買い物をしているのと同様の臨場感を味わえるのである。

 

とにかく、アプリのコンテンツが、「アタラシイ」。

店舗に出向かなくとも、遜色ないリアル感を感じて、納得して商品を購入することができるのだ。

 

5Gサービスは、世界レベルで見ると、実は、日本は、周回遅れほど、世界と差が出ている。

 

通販なら、画像を見て、商品を購入するビジネスだから、別に、5Gは必要ない。

 

しかし、病院の手術の映像を見ながら、指示を遠隔で指示が出せるほど鮮明で、低遅延なサービスが、5Gなんだが、いよいよ日本でも、こういうミラクルなことが、もう、すぐ、そこまでやってきている。

 

これは、これまで、画像で、商品を購入する、ネット通販のスタイルを塗り替え、質感やデティールまで、手に取るように分かる、サービスが主流となるということ。

 

NOINは、その魁で、@コスメなども、時代を先取りした、モバイルやスマホを使ったサービスだ。

 

スマホは、もう、人にとっては、一瞬も手放せないツールになった。

 

そのスマホと5Gがもたらす、サービスは、ますます消費者に、リアルな臨場感やスピードやお得感をもたらしてくれることになる。

NOINアプリがKDDIとコラボで最強コスメ神アプリになる

NOINは、こんなコロナ禍だからこそ、非接触で、お肌のあなたの悩みにあった化粧品を、スマホで気軽に購入できる、スマホアプリプラットフォーム。

 

ポイントは、あなたのお肌の悩みに、応じた化粧品を提案してくれから、人気に歯止めがかからない。

 

しかも、このご時世、非接触で購入できるのは、嬉しいし、安心だ。

 

その、NOINだが、この程、KDDIと協業することが決まった。

 

これは、どういうことを意味するのか?

 

つまり、スマホで、それそれのお肌の悩みにあった化粧品を、格安で購入できることに、益々、拍車がかかるということ。

 

そもそも、化粧品は、実際に自分の目で確かめて、質感を感じて、納得して購入するのが、一般的だが、これが、限りなくリアルに近い情報を、スマホで入手できることができて、リアル店舗で化粧品を購入するのと同等の納得感を持って、スマホ1つで、化粧品を購入することができる、これが、間もなく、実現しそうだ。

 

少し、先行したサービスが、@コスメ TOKYO -virtual store-だが、こんな化粧品の買い方が、スタンダードになってくる。

 

NOINのアプリを一度、スマホにダウンロードすれば、芸能人のメイクアップ術や、TPOに合わせたメイクアップ法など、今が旬のメイクアップ情報が満載なのである。

わざわざ、あの人のメイクって、どうやってるの?

 

なんて、探しに行く必要なないから、手放せなくなる神アプリになる。

 

これに、KDDIとのコラボが加わることで、あなたのメイクアップは、間違いなくレベルアップするだろう。

最新情報をチェック!
>