いつも、訪問ありがとうございます。あなただけの「とっておき」が見つかりますように・・・

大きく様変わりする日本社会滅私奉公型の崩壊

日本の企業は、これまで、年功序列、終身雇用型が中心の、1度、会社に入社すると、あとは、線路の如く、レールに乗っていけば、大きく会社人生を狂わすことはないとされていた。

しかし、このところの、経済成長や、景気の悪循環、そして、世界中で猛威を奮う、新型コロナウイルスの影響で、会社員の在り方や、社員を雇用する側の、採用規程も、大きく舵を切っていくことを余儀なくされそうだ。

これは、今、現在、働いている人もその、変化に対応することが求められるし、これから、大学を卒業して、社会人になる人も、既成概念とこれまでの慣習を捨てなければ、どうやら、行き詰まってしまう可能性が高くなってきた。

一流の大学に進学し、大手企業に就職すれば、「ひとまず、安泰」の時代ではなくなる。

既に、経済評論家、マスコミらは、これからの会社員の在り方に、警鐘を鳴らしているし、世の中は、大きな岐路に立っている。

その、最たるものは、人口の減少、そして、ダメ押しの大打撃となったのが、コロナによる経済成長の鈍化である。

会社に、忠誠し、会社のために、人生を費やす、所謂、日本社会の滅私奉公型の会社員に、光明は、照らされそうにない。

というよりも、大小問わず、対価としての人件費を払う余力がなくなる。

大小問わずだ、持続的成長を遂げられない厳しい時代に突入する。

考え方を、変えていかなければ、「サラリーマンは、気楽な稼業ときたもんだ」時代は、とうの昔に終わっている。

特に、これからを生きていく、若い世代の方々は、柔軟な発想で、自分の道を歩んでいくことを、今のうちから、少しずつ考えて、その準備をしていこう。

コロナピンチをコロナチャンスに

前章で、述べたように、コロナの猛威は、世界中に大打撃を与えることは、ほぼ、確定的。

1部を覗いて、企業は、軒並み、マイナス成長が、しばらく続く。

しかも、現段階では、出口が見えていない。

この先に、見えてくるのは、赤字決算、規模縮小、ここで、耐えることができれば、まだ、マシな方だが、耐えきれなくなると、会社の存続ができない。

出口が見えない分、不透明感は、拭えない。

当然、社員への影響も出てくる。

赤字決算となれば、収入が減り、規模縮小となれば、コストカットが、典型的な会社が生き残るための手段となる。

さて、どうするか。

コロナのピンチをチャンスに変えていかないことには、乗り切れない。

求められるのは、至極、当然だが、成果報酬型に対応できる人ということになる。

会社員の場合、これまでは、多少、目標が達成できなくても、給与が、すぐに下がることはなかった。

だから、いい大学入り、少しでも給与体系の良い企業へと就職する、という流れが、日本には、根付いている。

海外の先進国においては、この年功序列型、終身雇用型を、取り入れず、既に成果報酬型の気をつけ体系にシフトしている企業が多い。

日本も、大手ほど、この、至極、当然の成果報酬型へと、どんどんシフトしている。

親が言うから、偏差値の高い大学に入り、大手に就職したところで、待っているのは、成果報酬型。

すぐに、結果が出る。

だから、特に若い世代の方々は、自分の得意分野が、何なのかを必死で模索し、その道のプロフェッショナルを目指して欲しい。

そうすることで、これからの人生に光明が差す。

つまり、分かりやすく言うと、プロ野球選手をイメージして欲しい。

正に、正真正銘、成果報酬型。

打てば打つだけ、投げて、勝てば勝つだけの報酬を、年齢を問わず、莫大な報酬を得ることができる。

本来は、これが、当たり前なのだ。

これからは、専門店な職業だけでなく、所謂、会社員も、プロフェッショナルを求められる時代に間違いなく突入する。

スポーツが得意な人は、とことんスポーツを極め、勉学が得意な人は、IQを磨く、手先が起用な人なら、その専門性を極めることで、自分の実力に応じた対価を受け取ることができる時代になる。

筆者が、最も言いたいのは、今のうちから、「その道のプロフェッショナルになること」を、是非、目指して欲しい。

ピンチをチャンスに変えて行こう。

今でも、一般的には、考えられないような生活をしている人は、日本中に、ゴロゴロいる。

だから、チャンスは、いくらでもあるのだ。

考え方と、発想を変えて行こう。

会社員も、転勤、単身赴任が当たり前ではなくなるかも

会社員と言えば、転勤、単身赴任が付き物。

避けて通れない、定めだ。

しかし、この、概念も、当たり前では、なくなるかも知れない。

今はまだ、終息の目処が、立たないコロナだが、この影響で、企業の多くは、テレワーク、オンラインビジネスが、主流に成りつつある。

これは、一過性ではなく、コロナが終息しても、テレワークを継続していくという企業は、少なくない。

成果さえ出れば、どこで仕事をしたって構わないのだ。

これは、どういうことかと言うと、嫌々、サラリーマンになり、ポンポンと転勤刺せられ、家族とは離れ離れという、理不尽な生活をしなくてもいい時代になるかも知れないということだ。

テレワークで、業績が上がり、求められる成果さえ出せば、どこに居てもいいということになる。

企業は、むしろ、転勤費用や、単身赴任手当などを出さなくてすむことになる。

企業側の、悪しき風習も、ここで、キレイさっぱり、払拭されるかも知れない。

会社勤めを始め、結婚をし、子供ができ、マイホームを持つと、転勤になるという、どうしようもなくやり場のない、風習は、もはや、ナンセンスで、消えて無くなる可能性がある。

これは、会社員にとっては、いいこと。

会社員になるにせよ、特殊な仕事をするにせよ、とにかく、プロフェッショナルになる事。

プロフェッショナルが、認められれば、無理も通ることだって、これからは、充分、あり得る。

その道の、プロフェッショナルになれば、好きな所に住んで、好きな時間から仕事を始め、何なら、自宅でリモートワークでもいいのである。

この、コロナを機に、世の中は、大きく変わる。

そういう時代には、そういう時代に見合ったステージが、準備される。

その、ステージに乗り遅れないよう、今から、準備を始めよう。

また、既成概念を捨て、新たな発想を持つ人こそ、これからの時代を謳歌できる時代になる。

発想次第で、思い通りの人生にできる、大チャンスだ!

女性の方は、是非、プロフェッショナルなオトコをゲットしてください。

最新情報をチェック!
>