いつも、訪問ありがとうございます。あなただけの「とっておき」が見つかりますように・・・

シェアフロント型ホテルが増殖中!ホテルの概念を大きく変えたmizuka imaizumi1利用者のメリットが半端ない

シェアフロント型ホテルと言われてみなさんピンと来る人はどれくらいいるでしょうか?

今や、年間日本に旅行などで来日する外国籍の人たちは約3,000万人といわれています。

それだけの外国籍の旅行者が訪れる日本ですが、受け入れの準備が間に合っておらず、宿泊施設としての器が来日される外国籍の旅行者に間に合っていないというのが現状のようです。

だからと言って、すぐにホテルを建設できるかと言うと、ホテルを建てるとなると広大な敷地がまず必要になります。

それに着工するまでには多大な時間がかかり多くの労力が必要になる。

その問題を解決していくというのが、シェアフロント型ホテルの 概念になります 。

簡単に言うとシェアフロント型ホテルは、これまでのホテル言えば、好立地に大きくブッ建てるのではなく 、ビジネスオフィスなどの、空き部屋を 賃貸契約し、 リノベーションすることで、その一部屋がホテルの一室に早変わりすると言うシステムです。

利用者は共有されているフロントに訪れ 、チェックインを済ませた際に、1枚のカードを渡され、その カードに記載されたQR コードを読み取ると Google マップが開きホテルまでの道案内をしてくれるそうです。

これなら、まるまるホテルを建てるよりも効率化が図れるし、 外国籍の人たちのみならず、私たち日本人も利用する側のメリットも大いにあります。

当然ですが常に、そのホテルのフロントに常に受付の人がいる必要もなく、 ほぼ無人の状態で利用者がホテルに向かうわけですから、人件費だけでも大きく削減できる行く=利用者はリーズナブルな価格で利用ができるということになります。

まだまだいいことはたくさんあって、通常ホテルは利用された後、それを掃除される方々のがいらっしゃいます。

その方達は当然ホテルの部屋の中だけでなく、部屋の外の部分も清掃されるわけですが、このシェアフロント型ホテルの場合は、オフィスですので部屋の中だけ掃除すればいいということになるので、その役割を担うのは、例えば、お子様連れの主婦の方が、お子さんと一緒に部屋の中に入り、お子さんの子守をしながら掃除をするということが現実的に行われているそうです。

先ほどは一石三鳥と言いましたが 、ここまで来ると 一石四鳥にも五鳥にもなりますよね。

世の中は不景気だし、これ以上の成長は見込めないなどという風潮が一般的にはありますが、このようなシェアフロント型ホテルのような、考え方の視点を少し変えるだけで利用する人、経営する人、それに携わって仕事をする人、そこに宿泊する人全ての人が、ウィンウィンウィンウィンの ハットトリック以上のメリットを生み出す。

考え方次第で世の中は、もっともっと快適になるという一例だと思います。

mizuka imaizumi1

【in english】

How many people come and go with everyone saying that it is a shared front hotel?

About 30 million foreign nationals come to Japan on a yearly trip to Japan.

Japan is visited by tourists of such foreign nationality, but the present conditions seem to be that preparation for acceptance is not in time, and the container as accommodation facility is not in time for foreign nationals who will come to Japan.

That said, if you can build a hotel right away, you will need a large site when building a hotel.

It takes a lot of time and labor to start construction.

The solution to that problem is the concept of a sharefront hotel.

Simply put, a share-front hotel, so far as speaking of hotels, does not build large buildings in a good location, but rents out vacant rooms, such as business offices, and renovates, so that one room of the hotel It is a system that says to turn into a room.

When the user visits the shared reception desk and checks in, they receive a card, read the QR code on the card, open the Google map, and give directions to the hotel. It seems to give me.

This would be more efficient than building a full hotel, and there are many benefits for not only foreign nationals, but also those who use Japanese as well.

Naturally, there is no need to always have a receptionist at the front of the hotel, and the users go to the hotel almost unmanned, so the labor cost alone can be greatly reduced = users at reasonable prices It means that you can use it.

There is still a lot of good things, and usually there are people who clean the hotel after it has been used.

Those people are naturally cleaned not only in the hotel room but also outside the room, but in the case of this sharefront hotel, it is an office, so it only needs to be cleaned in the room. As a result, it is realistic that, for example, a housewife with a child goes into the room with the child and performs cleaning while the child’s is.

I mentioned earlier that it was one stone and three birds, but when it comes here, it will be one and four birds.

There is a general trend that the world is in recession and no further growth can be expected, but such people who use it just by changing the point of view, such as a sharefront hotel, or people who manage it Those who work and work, and all who stay there, create benefits beyond the win-win-win win hat trick.

Depending on the way of thinking, I think the world is an example of becoming more comfortable.

mizuka imaizumi1

最新情報をチェック!
>