いつも、訪問ありがとうございます。あなただけの「とっておき」が見つかりますように・・・

2020年、5G開始により私たちの生活は劇的に変わると思う理由

トヨタ自動車の代表取締役は、豊田章男さんですが、最近では香川照之さんとCM で共演したりしていますね。

トヨタの社長がドライバーで、香川照之さんが助手席に座っているんですが、「これからトヨタ自動車はどこに向かって行くんですか?」という質問に対して、豊田社長は、「それは、これからを生き抜く皆さんが決めることです。」

少し他人ごとのようなコメントをCMで堂々と発言しています。

また、豊田社長はラスベガスで行われた、CESラスベガスデジタル技術見本市にプ、レゼンターとして登壇し、これからのトヨタ自動車は、コネクティッドシティを作り上げるということをプレゼンされました。

トヨタ自動車の豊田章男社長が、車のこれからを語らず、コネクティッドシティという街を作るということを宣言したのです。

これには多くの人がある意味、梯子を外されたような感情さえ覚えた方もいるでしょう。

でも、それだけ時代は急速に変わっていくことを、トヨタ自動車の代表取締役は、感じていて、車屋が車を売る時代ではなくなってくるということを宣言したのです。

その背景には、これから日本にもいよいよやってくる5Gサービスが、世の中を大きく変えることの裏付けでもあるとも言えそうです。

予測ができないほど、この世の中は激変するということを豊田社長の嗅覚は捉えていたのです。

トヨタ社長がコネクティッドシティを作ると宣言した理由

トヨタ自動車の社長豊田章男さんが、ラスベガスの技術見本市で静岡県の工場跡地に、コネクティッドシティを作ることを宣言しました。

これは、5Gサービスを見据えたトヨタ自動車の方針で、もはや車屋が車を売るという当たり前の商売が成り立たない時代になってきたということを裏付けしています。

車に限らずですが、世の中の商売は大きく変革する年がいよいよ幕を開けそうです。

簡単に言うと、これからは、物を売る時代からサービスや仕組みを売る時代に変わるということになりそうです。

通信会社を中心に5Gサービスが間もなくスタートします。

2020年は、5Gサービスの日本での幕開けの年になりますが、すでにアジア諸国の中国や韓国では5時サービスを先だって開始しており、世の中の動きが大きく激変しています。

でも、みなさん、5Gサービスってイメージできますか?

大容量、低遅延、多接続と言われていますが、これを聞いて何ができるんだと私はイメージができないんですね。

ダウンロードが早い、動画な滑らか、いやいやそんなもんじゃ無さそうです。

それもそのはず、5Gサービスでこれをやりますと言う通信会社は、どこにもありません。

ドコモ、au、SoftBankのどこもその具体的なサービスを公表していません。

通信事業者は、あくまでインフラの提供。

インフラは提供するが、そこから何ができるかという工夫は、様々な企業とのタイアップによって想像もできないようなことが夢ではなく現実としてできるようになってくる時代になります。

例えばですが、遠隔医療などという言葉は昔からあったものの、実現化はされなかったものも、すでにこの、5次サービスでの臨床実験で名医がそこにいなくても、リアルタイムで執刀医に適格な指示をすることができると言ったことが実現しています。

他でも、5Gサービスを用いた農業なども色んな所で臨床実験が行われています。

全てデジタル管理で温度や水質、どのタイミングで水をやればいいか、苗を植えればいいか、刈り取りをすればいいか、すべて機械が管理をしてくれて、それに基づいて農家の人たちは最も適した条件で作物を作り上げることができるようになります。

またドローンでの遠隔操作がますます精度を増して、的確な情報をタイムリーに、それを求める人に伝達してくれます。

例えば競走馬の馬主オーナーは、その状況や飼育状態などをドローンの映像で遠隔で確認することができるなど、今までにはできなかったことがいともたやすく、それも正確にタイムリーに、把握することができることになります。

これによってオーナーである馬主は馬の生育状態をタイムリーに監視することができます。

自分の持ち物の競走馬が、どのような走りをしているかをタイムリーに鮮明な画像で確認することができます。

いくつか例を挙げましたが、これらはまだまだ序章に過ぎず、冒頭でお伝えしたような、世界のトップレベルの自動車メーカーのトヨタ自動車の社長が車を売らずに町を作るというのもこの5Gサービスがビジネスの大変革を起こすということを物語っていますね。

超加速化する未来

これから時代は大きく変革をしていきます。

それは、世界のトヨタの社長がラスベガスの技術見本市でプレゼンした通りで、超大手の大企業の代表取締役が、自社のブランドである自動車を売らずに、街を作るということを宣言したことがまさにそれを物語っています。

企業に限らず、私たちも、常に変化をしていかなければ、これから先、楽しい未来を予測することができないかもしれません。

企業であれ個人であれ、今日よりは明日、明日よりは明後日と変化していかなければ世の中の流れについていけないということになりそうです。

付いていけないとは、少し言葉が適切でないかも知れません。

付いていく必要はないけど、より快適な生活をするためには、変化が必要でしょう。

私たちの生活が、良くなるかどうかは何を選択するかによって大きく変わってきそうです。

日本に限らず、世界の情勢は良好であるとは言えません。

世界では相変わらず、未だに戦争が絶えず、起こっていてそれによって亡くなる人が毎日、何よりも尊い、多くの命が失われているという現実があります。

そして、私たちの生活も決して良好とは言い難く、景気は低迷し、可処分所得も大きく上昇することは望めそうにありません。

そんな中で5Gサービスもたらす影響は、何を選択するかがポイントになってきます。

お金をたくさん使えば、たくさんのサービスを利用することはできるわけですが、ただ、そのお金は、何もせずしてこれまで以上に増えていくわけではありませんよね。

消費増税による増税や、所得税の変動など、日本の政治は未だに国が抱えた借金を国民に負担させると言う悪しき風潮にに歯止めがかかりません。

入ってくる収入は限られているが、それを憂いていても仕方がないんですが、サービス自体の質やクオリティは、向上していくことに間違いありませんので、それをどのように取捨選択し利用していくことが快適な生活をしていくことに繋がっていきそうです。

そういう、自分に最適な仕組みやサービスを探すことに徹することが、自分の生活を豊かなものにすることに繋がりそうです。

そういうことに早く気づいていくことが、これからの未来をより良いものにしていけるのかもしれません。

年齢は関係ありません。

若い人も、シニアの方も高齢者の方もみんな同じようにサービスを受けることはできます。

限られた自分に与えられる収入からどうやれば自分にとって快適な生活ができるかをいかに選択するか?

これが、これからの生活を豊かにすることになるでしょうね。

企業も個人も持続的成長が必要です

2020年、日本にとっても大きな行事が開催される年ですが、このオリンピックも5Gサービスを活用したサプライズが、着々と準備されているようです。

トヨタ自動車の豊田章男さんに限らず、多くの大手企業の代表は口を揃えて、持続的成長するためには既成概念を捨て変革をし続けなければ生き残れないと言われています。

これは、何も企業にとって限られている内容ではなく、私たち個人個人の生き方にも同じことが言えそうです。

私たちも、これまでどおりのことをやれば、同じ水準が維持できるという慣習を捨てる時がやってきました。

私たちも変化し続けなければいけないということです。

同じ思想や行動では、現実維持ができない、そんな時代になります。

変化をし続けることが必須ではありませんが、ただ言えるのは、まずは、変化をしようと思う気持ちが必要なのではないかと思います。

そう思うことによって周りの変化に意識が向くようになってきます。

意識が向くようになればそれに注意して興味が湧いてくる物や事が自分の情報としてインプットされていきます。

その中から取捨選択をして自分に最も適しているサービスを利用する時代。

例えば、何か病気にかかった時、なかなか思うように治癒できない状況だったとしましょう。

しかし、情報を探しにいくことで、最適で最短の治癒が実現する、そういう時代といえば分かりやすいでしょう。

これによってたとえ給料は上がらなくても、サービスを取捨選択することで、快適な生活はいくらでも楽しみながら送ることができそうです。

大切なのは、残しておくべきことは残しておき、大切する大切にしておくべきものは大切にとっておく。

しかし、それだけではこれまで以上の自分にとっての豊かさを得ることができそうになさそうです。

大切なものは取っておくけど、それだけを大事にしていてもそれ以上の、自分にとっての生活水準を上げることはできないのではないのかも知れません。

大切なことは、人生はこれからを夢見ることで、その夢は自分がアンテナを張り巡らせて情報を自らで、取捨選択し快適な生活を送ることではないでしょうか。

調べたい情報はすぐ見つかります

今時、ネットやSNSの普及で、ありとあらゆる情報はスマートフォンで検索すれば一定の情報が得られます。

ただネットに掲載されている情報が、全て正しいとは限らない。

これは気をつけないといけないことです。

ただ一昔前と比べて調べたいことは、検索すればスマホで検索すればすぐに情報がいくらでも出てくるという時代になりました。

そこで正しい情報を選択すればある程度のことは分かる時代になりました。

そういうことは、ググって調べてください。

私がここでいろんなことを、能書き垂れているのは経験則からえた結果や反省、これからの予測など、デジタル的な知識いわゆるネットで調べればすぐ分かるようなことではなく、私の経験則から得た答えのようなものをお伝えできれば、これはそれを経験したことがある人でなければ伝えることのできない情報なので、一応の参考になるのではないかと思います。

私の記事は、全てそういうものから成り立っているというふうにご理解いただければいいと思います。

教科書に書いてあることや本に書いてあること調べればわかること、それはネットで検索をして調べてください。

それ以外の経験から得た結果やどちらかと言うと、アナログ的な人間という動物の感性や生き方、ものの考え方などをお伝えしようと思っています。

何となく生きていると50を超えてました。

今や、人生100年時代と言われてます、もし、私が、その100年時代のその一人に選ばれたとしてもすでに、半分が過ぎています。

50年間分の時間を費やしてきた、私の血や肉になっているそんな情報をお伝えできて、これから楽しい未来を作り上げる皆さんの何かの参考になればと思いスマホをピコピコ打ちながら、一語一句、したためています。

なかなか、文章、綴るのって労力、必要なんだけど。

魂込めて、書いてるから。

最新情報をチェック!
>