いつも、訪問ありがとうございます。あなただけの「とっておき」が見つかりますように・・・

桑田佳祐 作詞作曲 泣ける唄

桑田佳祐さんの作詞作曲は、間もなく、1,000曲近くに到達します。

そんな、楽曲の中には、歌詞にも特徴があり、「泣ける」曲も多く存在します。

泣くことは、体の成分であるコルチゾールというストレス成分を減退させる効果があると言われています。

確かに、泣いた後って、少し、気分がすっきりするような気がします。

最近の、特に、桑田佳祐さんのソロライブでは、後半に向かうにつれ、号泣する女性が、続出しているらしいんですよ。

筆者にとってみれば、至極、当然だと思っていますが。

泣かせることが、目的では無いはずのライブだけど、自然と涙が止まらない。

それなら、それで、存分に泣いて、ストレスを解消しようでは、ありませんか?

今回は、そんな、桑田佳祐さん作詞作曲の「泣ける唄」の特集です。

それにしても、未だ、かつて日本の音楽シーンにおいて、これ程の楽曲を、作詞作曲し、また、サザンオールスターズのボーカリストとして、ソロとしても、デビュー以来、40年間以上の間、走り続けている音楽家が、存在したでしょうか?

桑田佳祐さんと言えば、サザンオールスターズのボーカリストとして、どちらかと言うと、ちょっと「不埒」な、キャラとして、お茶の間を、ある意味、ドキドキさせる存在としてのイメージが強い方なんですが、実は、本当は、繊細でシャイな方でもあります。

デビューするまでの、オーディションでは、緊張のあまり、「お酒を1杯引っ掛け」ないと人前で、唄えないなどの緊張マンというエピソードもあります。

そんなイメージの強い、桑田佳祐さんだけど、「唄を聴いて泣ける」ほどの、ココロに響くモノが、桑田佳祐さんの作詞作曲する唄には、たくさん、あるんですね。

特に、大病を克服されて以降の楽曲には、応援ソングや、勇気を与えてくれるようなメッセージ的な楽曲が、増えています。

そんな、「泣ける」楽曲を、今回は、ご紹介します。

桑田佳祐ファンでない方も、これをきっかけに、桑田佳祐ファンになっていただくことは、みなさんの人生に、きっと、プラスに働くでしょう。

音楽は、いくら時が過ぎても、ずっとココロの中に残っているものですから。

桑田佳祐作詞作曲泣ける唄 歌詞16選

【ほととぎす(杜鵑草)】

作詞作曲 桑田佳祐/

がらくた/2017年リリース

人は何故 戯れに

叶わぬ恋に身悶えて

せつなさと 虚しさに

心を乱すのでしょう

逢いたくて 恋しくて

あなたと共に添い遂げて

もし夢が 叶うなら

生まれ変われますように

川時は流れ 水面煌(きら)めいて

木立そよぐ 緑麗しい

夏の日が蘇る

星の瞬きより儚い人生(いのち)と

君と出会って覚えた

砂の粒より小さな運命(さだめ)忍んで

見つめ合った日は 帰らず

時は過ぎ 人は去(ゆ)き

すべてが思い出に変わり

幸せの 意味さえも

サヨナラの あとで知る

長い旅の 途中の車窓には

冬の風に 吹かれてなびく

面影が 揺れている

寂しがり屋の誰かを励ますように

こぼさぬように涙を

あなたがいつも笑顔でありますように

たった一言の 「お元気で」

星の瞬きより儚い人生(いのち)と

君と出会って覚えた

砂の粒より小さな運命(さだめ)忍んで

繋ぎ合った手 を離して

振り向かないで 未来へ

見つめ合った日 は帰らず

★(NO. 1です。1,000曲近い持ち歌の中でも、「ほととぎす」に勝る楽曲はありません)

【JORNEY】

作詞作曲 桑田佳祐

孤独の太陽/1994年リリース

我れ行く処に あては無く

人も岐れゆく 遥かな道

旅立つ身を送る時

帰り来る駅はなぜに見えない

大空を駆け抜けたまぼろしは

の中を憂うように 何かを語るだろう

とうに忘れた幼き夢はどうなってもいい

あの人に守られて過ごした時代さ

遠い過去だと涙の跡がそう言っている

またひとつ夜が明けて

嗚呼 何処へと Good-bye Journey

雲行く間に 季節は過ぎ

いつか芽ばえしは 生命の影

母なる陽が沈む時

花を染めたのは雨の色かな

寂しくて口ずさむ歌がある

名も知らぬ歌だけど

希望に胸が鳴る

きっと誰かを愛した人はもう知っている

優しさに泣けるのはふとした未来さ

今日もせつなく秋の日差しが遠のいてゆく

さよならは永遠の旅

嗚呼 黄昏の Good-bye Journey

とうに忘れた幼き夢はどうなってもいい

あの人に守られて過ごした時代さ

遠い過去だと涙の跡がそう言っている

またひとつ夜が明けて

嗚呼 何処へと Good-bye Journey

★(母親の優しさを感じさせてくれる楽曲で、「ほととぎす」が、リリースされるまでは、この楽曲が、NO.1でした)

【慕情】

作詞作曲 桑田佳祐

人気者で行こう/1984年リリース

夢の中で交わしたキッスは

悲しみを抱いている

霧のベールにむせぶ影は

胸に残る慕情

水に投げた小石の跡が

止めどなく輪を広げ

涙色の河にそそぐ

愛しい女性よ Good-Bye

泣かせてStardust 生まれ変わる為に

心の扉を開けておくれ

You know my heart is on the way to breakin down

さよならは風に乗せて

何故に人は旅路の果てに

思い出を捨てに行く

汽車の窓に浮かぶ影は

時間を越えて無情

瞳に Teardrops 遠い波の音は

二人で歩いた夏の調べ

You know my heart is on the way to breakin down

悲しみを歌にかえて

You know my heart is on the way to breakin down

さよならは風に乗せて

★(世に万葉の花が咲くなりの中の1曲で、当初、お仲間の、竹内まりやさんが、「慕情」には、やられたと感服されたというエピソードがあります)

【月光の聖者達】

作詞作曲 桑田佳祐

MUSICMAN/2011年リリース

夜明けの首都高走りゆく

車列は異様なムードで

月光(つきあかり)の聖者達(おとこたち)の歌が

ドラマを盛り上げる

知らずに済めば良かった

聴かずにおけば良かった

人生(ショー)はまだ始まったばかりだ!!」って

胸が張り裂けた

ひとりぼっちの狭いベッドで

夜毎 涙に濡れたのは

古いラジオからの

切ない”Yeah Yeah(イエイエ)の歌

今はこうして大人同士に

なって失くした夢もある

時代(とき)は移ろう

この日本(くに)も変わったよ

知らぬ間に

二度とあの日の僕には

戻れはしないけど

瞳(め)を閉じりゃ煌めく季節に

みなが微笑(わら)ってる

ひとりぼっちの狭いベッドで

夜毎 涙に濡れたのは

ビルの屋上の舞台(ステージ)で

巨大(おおき)な陽が燃え尽きるのを見た

現在(いま)がどんなにやるせなくても

明日(あす)は今日より素晴らしい

月はいざよう秋の空

月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)Come again, please

もう一度 抱きしめたい

★(ビートルズが、日本に初来日した時を唄った楽曲です。桑田佳祐さんが、食道癌から、復活された翌年に発売されたアルバム、MUSICMANの中の楽曲です)

【誰かの風の跡】

作詞作曲 桑田佳祐

Keisuke Kuwata/1988年リリース

誰かの風の跡

遠くでまだ揺れてる

夏の日よもう一度

心の灯をともして

ためらいがちな言葉で別れを告げて

歩き出す道は もう違うねと

風の季節に吐息集めて

お前とのたわむれ

波の音聴き 身体寄せ合う

忘れない情熱のしらべ

思い出のあの頃

少女のままいてくれ

抱き締めたら 夏が

恋人まで連れ去る

他人の空似ばかりの行き交う女性(ひと)に

あきらめをなぞるような独り言

風の季節に吐息集めて

お前とのたわむれ

波の音聴き 身体寄せ合う

やるせない青春のとばり

波の音聴き 身体寄せ合う

忘れない情熱のしらべ

★(夏に、夕暮れ時の浜辺で聞くと、とろけそうになる楽曲です)

【孤独の太陽】

作詞作曲 桑田佳祐

孤独の太陽/1994年リリース

壊れそうな 待ちぼうけのシャドゥ

誰も愛せず太陽に揺れている

心病んで 立ち止まるたび

風が織りなす悲しみの歌を聞く

若過ぎた 夏でさえ

今よりも愛のそばにいた

Silence 真っ白な空の下

メリ-ゴ-ランド

独りでずっと廻してる

また他人を 裏切りそうで

出逢う事が この頃は恐いんだ

淋しさは 辛いけど

鍵をかけ部屋の中にいる

Silence 僅かな音も無い

メリ-ゴ-ランド

流れる景色 憂いてる

生きるには重過ぎた過去

誰かをいつも傷つけた

Silence…真っ白な空の下

メリ-ゴ-ランド

独りで今日も廻してる

★(有名になり過ぎて、外に出るのもままならない、そんな桑田佳祐さんご自身の孤独のグルメを唄った楽曲ではないかと思います。冬の透き通って空気の澄んだ、晴天だけど、独り部屋にいる孤独観が滲み出ています)

【逢いたさ見たさ病めるMy Mind】

作詞作曲 桑田佳祐

NUDEMAN/1982年リリース

Ah 夜毎 彼女の Telephone Number

涙ながらに問いかける

飲み過ぎて君をからかいがちに

いきなり抱きすくめたつもりでも

傷ついてしまったのは NO NO NO

祈る想いだけど NoAnswer

他の誰かに持ってかれちゃう

ひとりきりが これほど辛いなら

ふらちなマネを悔やむべきなのに

離れ離れの今宵も Ring A Bell

逢いたさ見たさ病める My Mind

君恋し I Love You

胸に雲がつかえたような

ためらいがちの Every Day

I Don’t Know What To Do Oh

泣いてばかりじゃ駄目 Heart Breaker

彼女もすぐに戻るだろう

時折君がそばにいた頃の

香りが風に舞うような気がする

振り向いてもせつなくて You May Well Cry

逢いたさ見たさ病める My Mind

逢いたさ見たさ病める My Mind Yeah yeah yeah yeah

君だけが好きな

Oh 胸をツメでとがれたような

落ちこみがちの Every Day

Tell Me The Reason Why

(Oh my my)When ever You Come To Me

I’m Gonna Treat You Right!

(Oh my!)When ever You Come To Me

I’m Gonna Treat You Right Now!

When ever You Come To Me

I’m Gonna Treat You Right!

When ever You Come To Me

I’m Gonna Treat You Right! Lucky boy!

★(サザンオールスターズのNUDE MANの中の収録曲)

【わすれじのレイド・バック】

作詞作曲 桑田佳祐

わすれじのレイド・バック/1982年リリース

俺を溶ろかせる 女でいてよ

抱かれたいような しぐさ切なく Baby Baby

なりをひそめたら 愛しいはずだよ

一人じゃ 泣いたって 情無いまで

思い出はいつも よりそうだけの

誘いあうような 時もうつろう Darlin Darlin

会えない時こそ 愛しい人だよ

ひと夜の恋なんて 夢見てるようで

ささくだけでいい

よがり声には なえてく

まるで誰か知らぬ人と 寝てるように

振るまえりゃ 指でさぐる事など 辛い

in Your Socket

俺を溶ろかせる 女でいてよ

抱かれたいような しぐさ切なく

唇がひらく 胸が波うつ

だめになりそうな 今宵の二人 Woman Woman

別れる時でも やさしいままでな

心じゃ 泣いたって 裸で無理を

(※くりかえし)

★(サザンオールスターズの、得意分野である、ブルースが、咽び泣く切ない楽曲)

【平和の鐘が鳴る】

作詞作曲 桑田佳祐

KILLER STREET/2005年リリース

今の私を支えるものは

胸に温もる母の言葉

若い命を無駄にするなと

子守唄を歌いながら

過ちは二度と繰り返さんと

堅く誓ったあの夏の日

未だ癒えない傷を抱(かか)えて

長い道を共に歩こう

悲しみの青空

忘れ難き顔と顔

平和の鐘が鳴る

あの音は誰のために

貴方(You)

喪失(うし)なったものを希望に替えて

再び歩き始めた日本(くに)

深い闇から立ち上がる時

笑いながら夢を抱(いだ)いて

この世に生かされて

悪いことも良いことも

どんな時代だろうと

人間(ひと)が見る夢は同じさ

ここにいるのは

私独りじゃない

過去と未来が

繋いだこの命

悲しみの青空

忘れ難き恋もした

平和の鐘が鳴る

響くのは誰の胸に

貴方(You)

貴方へ(For You)

★(戦地に赴く息子への哀歌)

【風の唄を聴かせて】

桑田佳祐作詞作曲

風の唄を聴かせて/2008年リリース

夢の枕に寄り添って

もう一度だけ名を呼んで

ひとりぼっちの世界で

かりそめの逢瀬

永遠(とわ)の彼方へ You are my angei

海を称え 人間(ひと)を愛して

二度と帰らぬ旅に出る

夏の日よ Love you forever

儚きは陽炎(かげろう)

波に舞い 帆揺れてた

人はもう亡い

海なる風に抱かれ

無常に泣くばかり

現在(いま)も忘れ得ぬ

You are breathing in my spirit

真夏の夜の星座が

慕情に霞む時

明日も Wind is high

もう涙を止められない

盆の花火は妙に静寂

刹那さを煽るはどうして

艶やかな有終の美

人の世の運命(さだめ)

生まれ変われど Be my angel

出逢い 泣き 笑い・・・そして

共に魂は風となる

いつの日かTill we are together.

面影に戸惑う

太陽と戯れた季節(とき)は終わる

天使のような翼で

空を飛べたなら

逢いに行きたい

Are you sailing now in heaven

虹の向こうに見えるは

希望に燃ゆ未来

守ってくれたら

悲しみにはもう負けない

海なる風に抱かれ

口ずさむメロディ

やがて When I die

雲の上で口づけして

あの日のまま笑顔でいて

風の詩(うた)をまた聴かせて

★(僅かに38歳でこの世に別れを告げた、世界的なトップサーファー、飯島直子さんを偲んでつくられた楽曲)

【明日、晴れるかな】

作詞作曲 桑田佳祐

明日、晴れるかな/2008年リリース

熱い涙や恋の叫びも

輝ける日はどこへ消えたの?

明日(あす)もあてなき道を彷徨うなら

これ以上元には戻れない

耳を澄ませば心の声は

僕に何を語り掛けるだろう?

今は汚れた街の片隅にいて

あの頃の空を想うたびに

神より賜えし孤独やトラブル

泣きたい時は泣きなよ

これが運命(さだめ)でしょうか?

あきらめようか?

季節は巡る魔法のように

Oh, baby. No, mabye.

「愛」失くして「情」も無い?

嘆くようなフリ

世の中のせいにするだけ

Oh, baby. You are maybe.

「哀」無くして「楽」は無い

幸せのFeeling

抱きしめて One more time.

在りし日の己れを愛するために

想い出は美しくあるのさ

遠い過去よりまだ見ぬ人生は

夢ひとつ叶えるためにある

奇跡のドアを開けるのは誰?

微笑よ もう一度だけ

君は気付くでしょう?

その鍵はもう

きみの手のひらの上に

why baby? Oh, tell me

「愛」失くして「憎」も無い?

見て見ないようなフリ

その身を守るため?

Oh, baby. You are maybe

もう少しの勝負じゃない!!

くじけそうな Feeling

乗り越えて One more chance

I talk to myself…

Oh, baby. No, mabye

「愛」失くして「情」も無い?

嘆くようなフリ

残るのは後悔だけ!!

Oh, baby. Smile baby

その生命(いのち)は永遠(とわ)じゃない

誰もがひとりひとり胸の中で

そっと囁いているよ

「明日(あした)晴れるかな…

遥か空の下

★(この、楽曲は、有名ですね。このころから、桑田佳祐さんの楽曲には、応援歌が増えてきたような気がします)

【限りなき永遠の愛】

作詞作曲 桑田佳祐

KILLER STREET/2005年リリース

誰かの声がする

真白き夢の中

手を伸ばし駆け寄ると

輝く海が見える

あなたが待っている

果てなき空の下

太陽が降り注ぐ

未来の窓を開けよう

幸福の風を受けて

Baby love. Give me love

あなたがすべて

Need your love

悦楽(よろこび)は清か色

Real love. Feel love

見つめて欲しい

Oh, my love

それはあなたへの愛

死ぬほど甘く

この地球(ほし)に生まれて

運命(さだめ)に導かれ

幾千の時代(とき)を超え

出逢えた奇跡を知る

口づけを交わすたびに

Baby love. Give me love

あなたの香り

Need your touch

儚きは涙色

Real love. Feel love

命預けて

My oh my

その胸に抱かれたい

羽毛(はね)より柔く

この世はどこに向くのか?

How I wonder? 教えて

希望の明日は来るのか?

どうそAnswer?教えて

答えは僕とあなたの胸にあるはず

幸福の風を受けて

Real love. Feel love

見つめて欲しい

Oh my love

限りなき永遠の愛

死ぬほど強く

★(アルバム、KILLER STREETに収録されている、ラブソングです。)

【蛍】

作詞作曲 桑田佳祐

葡萄/2015年リリース

愛の歌が途絶えるように

心の灯りが消えたの

たった一度の人生を捧げて

さらば友よ 永遠(とわ)に眠れ

青空は悲しい空

揺れる木洩れ日がせつなくて

夏が来るたびあの日と同じ

風が通り過ぎて行ったよ

涙見せぬように

笑顔でサヨナラを

また逢うと約束をしたね

何のために己を断って

魂だけが帰り来るの?

闇に飛び交う蛍に連れられ

君が居た気がする

生まれ変われたな

また恋もするでしょう

抱(いだ)き合い命燃やすように

涙見せぬように

笑顔でサヨナラを

夢溢る世の中であれと

祈り

★(映画、永遠の「0」の主題歌です。妻と子供を残して、戦地に赴き、無事で凱旋する事が、戦士としての誇りだと主張するが故、同僚からは、勇気の欠片もない戦士だと非難されながらも、最後は、自ら、調子の悪い戦闘機を選び、自らが、戦死を選んだという、切なくやり場のない息が詰まるような映画の主題歌です)

【FRIENDS】

作詞作曲 桑田佳祐

KILLER STREET/2005年リリース

私の幼い妹よ

眠れるお前は腕の中

だけども悲しい夢を見て

寝息の合間に涙ぐむ

夜が怖くて 朝が見たくて

身体寄せ合う 嗚呼 ふたり

あの日の子守唄を

もう一度聴かせて

サヨナラするのは辛いけど

輝く未来を Friends, friends

この子が大人になる日まで

希望の光を消さないで

永く果てない戦争(あらそいごと)は

人の歴史の 嗚呼 運命(さだめ)

遥かな時代(とき)を超えて

流れる大河(かわ)のように

私の可愛い妹は

今では冷たい土の中

想い出枕に在りし日の

クルクル回るよ風車

夜空見上げて星を数えた

それが幸せだったのに

この世に生まれたのは

愛する人のため

Hey…

hey, hey

Love somebody, need somebody

Love somebody, tonight

Love somebody, need somebody

Love somebody, all right…

あなたがくれたものは

永遠(とわ)なる真心

★(この、楽曲も、戦争の無意味さを唄った楽曲。)

【愛はスローにちょっとずつ】

作詞作曲 桑田佳祐

愛はスローにちょっとずつ/2019年リリース

とりとめのない夢

ひとり寝のララバイ

この腕を枕に

眠る君はもういない

面影しのぶように

窓際に咲いた

すみれの花びらが

風にそよそよと揺れる

フラれた後は

寂しがり屋がひとり

夜毎酒場で

酔ってDancing lonely

もう愛なんて要らないさ

ひとりで生きるんだ

Oh, yeah 君だけが

夢に訪れる

いつまでもそばにいて

微笑みをもう一度

酔いどれうらぶれた

こんな俺を抱きしめて

揺れる木漏れ陽

海へと続く道を

裸足で駆けた

夏は Kiss me darling

愛はスローにちょっとずつ

黄昏(セピア)に染まるんだ

Oh, yeah 忘られぬ<br>鳶色の瞳

もう愛なんて要らないさ

ぬくもり消せないんだ

Oh, yeah 溢れ来る<br>ひとすじの涙

No, I don’t cry もう泣かないさ

夜明けが待っている

Oh, yeah 君だけが

希望の光

さよならも云えず

★(サザンオールスターズの、最初のバラードです。40年間のサザンオールスターズの蓄積してきた、音楽性が詰まっています。

これからも、唄い継がれる桑田佳祐さんの名曲たち

桑田佳祐さんの、類まれなる音楽活動は、これからも、続きます。

桑田佳祐、永遠あれ!

最新情報をチェック!
>