いつも、訪問ありがとうございます。あなただけの「とっておき」が見つかりますように・・・

誰でも緊張はするものですが、人によって緊張の度合いは異なるようです。

緊張しない人は全く緊張しないし、しかし、多かれ少なかれ 誰でも緊張はこれまでに経験したことがあると思います。

ただ、緊張というのはネガティブなことではなくどちらかというと感受性が高いために 緊張してしまうというのが 緊張のメカニズムだそうです。

緊張するということは悪いことではなく、むしろ感受性が高い、敏感である という風にポジティブな捉えるべきです。

そうは言っても緊張すると、人前で喋る喋れなくなる、声が震える、思って言ったことが全て喋れないなどいろんな弊害が出てきますよね。

今回は緊張しやすい人がどうすれば緊張しなくなるかを 記事に残しておきます 。

緊張しないために何か特別なすることをする必要はありません。

緊張してしまう理由を潰してしまえばいいのです。

そのために 、ただ一つだけ克服するべきことがありますが、これは決して難しいことではなく、ロジカルに考えていけば緊張のメカニズムから解放されます。

その緊張しないメカニズムを克服すれば自分の曲にすれば何も苦痛なことではありません。

まず、なぜ緊張をするのか?

ということを考えてみてください。

私もどちらかと言うと緊張するタイプですが、あるきっかけから、ほとんど緊張することがなくなりました。

例えば、会社の会議でのプレゼンや 商品の説明会など、たくさんの人前で喋る機会に声が上ずってしまうぐらい緊張していた私が、 自分の発想を変えることで全くと言っていいほど緊張しなくなるようになりました。

結論ですが、緊張するということはこれから自分が話すことに対して不安が払拭しきれていない。

ただそれだけのことです 。

その不安を払拭するためには、 ぼやけた部分を明確にして プレゼンなり説明会なり会議での報告なりに臨むとほぼ100%緊張はしません。

もう少し分かりやすく言うとその資料をなり報告書を説明するために自分の言葉でしゃべるということがとても大切です。

自分の言葉で喋るということは、そのプレゼン資料なり報告書を自分の中で噛み砕いて理解できていることなのです。

それができていないから緊張するのです。

ありがちなのは、その資料のシナリオを丸暗記すること。

これは緊張を助長するにすぎません。

繰り返しになりますが 、自分の言葉で喋る この癖を付けていきましょう。

何か失敗をするのではないか、間違ったらどうしよう、 それらが緊張を高めているということです。

ですので 緊張しないためにはその自分が話す内容を自分の頭の中できっちりと整理できていること。

ただそれだけでいいのです。

緊張する場面と言えば、学校であれば授業での発表とか、会社であればプレゼントか何かの商品説明会の説明者になること、などがありますし、例えば就職活動の面接でも同じことです。

準備8割という言葉がありますが、まさにそれを自分の中で癖付けしてしまえば、最初はやはり 慣れるまではその準備に時間がかかります。

ただ、 一旦、癖がついてしまうといとも簡単に自分のものになり、緊張しなくなります。

これは私が、緊張するタイプで、人前で喋ることがすごく苦痛で、苦手だったことから克服できた実体験による 実話ですので、まず、 間違いないと思って頂いていいです 。

あと補足ですが、特にプレゼンなどをする機会では、パワーポイントなどの資料を使うことが多いと思います。

パワーポイントなどで説明をする場合は、 あんちょこを覚えるのではなく、 そのスライドを 、絵で覚える。

このページは何を伝えたい、次のページは何を伝えたいという視覚で覚えるということを身につけるとプレゼンなんてへっちゃらになります。

簡単なように言ってます、始めの産みの苦しみはあるものの、一度づけができれば、 緊張することがなく緊張することから完全に解放されますので是非、チャレンジしてみてください。

自分の言いたいことを自分の言葉で伝えることができればどんなシーンでも緊張を最小限に留めることができます。

最新情報をチェック!
>