いつも、訪問ありがとうございます。あなただけの「とっておき」が見つかりますように・・・

気になる鬼滅の刃無限列車編劇場版ギネス更新なるか

 

気になる鬼滅の刃無限列車編劇場版のギネス更新なるか

みなさんは、今、気になる「アニメ」と聞かれたら、何かありますか?

やっぱり、今の旬は、「鬼滅の刃」ですか?

もしかしたら、半分くらいの方は、そうかも知れませんね。

あの、ビックリマンチョコにまで、進出してきた、鬼滅の刃ブーム。


飲食業界も、ここぞとばかり、「便乗」してますね。

作者の吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)さん、この、「鬼滅の刃」が何でも、初めての作品らしいです。

いきなりの、ミリオンヒットも、アニメ業界では、極めて珍しいことです。

そして、「姿を現さず」。

これも、何か、神秘ですね。

でも、この、「鬼滅の刃」は、ちびっ子だけに人気な訳じゃないんです。

かく言う、筆者も、「鬼滅の刃無限列車編フル劇場版」を、映画館に見に行った口です。

しかし、よくよく振り返って見ると、この「鬼滅の刃」、雑誌なり、ビデオなり、映画にしても、順番が、ぐちゃぐちゃなんです。

コミックは、既に、23巻まで発売されていて、ビデオでは、エピソード26まで。

今回の鬼滅の刃無限列車編フル劇場版は、コミックで言うと、まだまだ、道半ばのところらしいです。

で、ここにきて、いきなりの、「鬼滅の刃 無限列車編フル劇場版」の映画公開。

鬼滅の刃 無限列車編フル劇場版から、見始めた人は、何で、禰豆子は、口に竹筒を咥えているのか?


ってことにもなっているようです。

普通なら、ビデオの続きを作って、その「まとめ」として、映画、となるんでしょうが、何とも不思議な感じです。

筆者は、Amazonプライムで、アニメのエピソード1~26までを、1日で、「大人見」しました。
「大人見」、って言わないんすかね。

雑誌を全巻一気にかうのが、「大人買い」なら、理屈では、「大人見」ですが。
どっちでも、いいですね。

大正時代が、テーマのこの「鬼滅の刃」、もちろん、鬼滅の刃 無限列車編フル劇場版もですが、時代が、大正の設定だから、ウケている訳ではなさそうです。

日本の「」が、ふんだんに、使われていて、それが、古びてなくて、逆にカッコいい。

これは、あるでしょう。

あとは、伝わってくる、「熱量」。

アニメだからといって、鬼滅の刃エピソード1から、「ガシガシ」伝わってきます。

「和のカッコよさ」と「熱量」。

このあたりは、当たらずとも遠からずと言うところでしょう。

熱量と言えば、最近、BSをよく見るようになって、すごい「熱量」を感じる映画に、やられているんですが。

 

勝新太郎の座頭市に見る、映画に対する「熱量」

 

勝新太郎さんが、かつて、映画の撮影で、真剣を使い、俳優さんが亡くなった事件がありました。

当初、映画で、真剣を使うなど、「けしからん」と、避難をゴーゴーに浴びていらっしゃいました。

そして、海外旅行の帰りで、空港で、パンツにコカインを隠していたことが判明して「お縄」に。


と、災難続きだった、勝新太郎さん。

筆者も、そのころは、マスコミの報道通りの印象しかなかったんですが。

このごろ、「座頭市」の再放送を見て、勝新太郎さんへの、印象がガラッと変わりました。

と、いうのも、勝新太郎さんの、映画に注ぐ、「熱量」が、半端ないことに、この、「座頭市」で、垣間見てしまったからなんです。

「真剣」を使ったことに、当初は、「レプリカに、真剣がいつの間にか、混ざっていた」とか、とんちんかんな言い訳をしていた、勝新太郎さんですが、真相は分からずじまい。

筆者が、若いころは、勝新太郎さんのことは、何にも感じなかったのですが、「座頭市」映画版を今、振り返って見てみると、その当初の日本映画にはない、「熱量」と「クオリティ」を感じます。


その当初、今から、20年~30年に製作された映画としては、他に類のないほどの迫力が、テレビの画面からでも感じ取れるのです。

今、日本の映画で、最も注目を浴びているのは、間違いなく、「鬼滅の刃 無限列車編劇場版」であることは、間違いないでしょう。

この、2つの映画、共に、日本が舞台、そして、現代映画と言うよりは、時代劇。

ただ、「時代劇」と言っても、所謂、三流の「チャンバラ」ドラマではありません。

いずれも、共通しているのは、「和」のカッコよさを、演出していて、且つ、作者の「熱量」が、テレビの液晶から、滲み出ていること。

少なくとも、筆者は、鬼滅の刃 無限列車編フル劇場版からも、座頭市からも感じたと言うことです。

 

鬼滅の刃 無限列車編フル劇場版が醸し出しているもの

 

鬼滅の刃無限列車編フル劇場版が、醸し出しているのは、揺るぎない、人としての、「正義感」です。


鬼は、人の血を奪い取りますます、人を食い尽くす悪者とされています。

人からすれば、人を食らうのですから、悪者に間違いありません。

そして、今、アニメ界では、実に、鬼を敵対したアニメが非常に多いんです。

鬼滅の刃無限列車編フル劇場版が、ブレイクしたからかどうか、分かりませんが、とにかく鬼が相手なんです。

アニメでなくても、あの、大泉洋さん主演の、アイ・アム・ア・ヒーローも、敵対するのは、無数のゾンビ。

実在しないものが、悪者なんです。

最近の、日本映画は、アニメにしても、リアルにしても、外国の模倣をすることが、少なくなりました。

アメリカ映画には、ダイナミックさがあり、迫力があり、演出も臨場感がある、そんな時代がありました。

「カネ」かかってまんねん。

っていうのが、アメリカ映画でした。

アメリカ映画を見た後に、日本映画を見ると、萎えてしまうほどの差がありました。

しかし、ここにきて、洋モノの模倣をすることをやめた、日本の映画界。

映画界も、変化してきたということでしょう。

日本人なら、日本のオリジナリティある映画でないと、リアリティが出ないことに気付いたんでしょうね。

そこに、この、日本の日本人のための、日本映画がカッコいいと思える、鬼滅の刃 無限列車編フル劇場版が、「ドーン」ときた。

途中からだろうが、お構いなし、みんなが、映画館に駆け込んでしまったら、もう、止まらない。

だって、「竈門炭治郎の献身的な揺るがない家族愛」って、ステキじゃない。

って、なっているんでしょうね。

本当に鬼滅の刃の聖地なのか、大分、八幡竈門神社

 

そして、今、日本中の中で、最もアツい神社が、大分県八幡竈門神社らしいです

確かに、「竈門神社」とくれば、竈門炭治郎と、何となく繋がりがありそうな。

あの、天下のNHKさまも、ニュースで、このように、報じています。

【NHKウェブ参照】

大分県別府市にある八幡竈門神社は、「鬼滅の刃」に登場する「龍」と似た絵が、天井に描かれているほか、漫画のストーリーと似た「鬼」にまつわる伝説があることなどから、ファンの間で、聖地として注目されています。

共通点は、「龍」と、「鬼に関する言われ」と、神社名。


さて、みなさんは、いかがでしょう?

話題性としては、この、大分県、八幡竈門神社を、訪れるのも、楽しいでしょうね。

確かに、この、大分県、八幡竈門神社は、鬼滅の刃 無限列車編フル劇場版の、舞台設定のアイデアになったかも、知れませんが、筆者は、鬼滅の刃の作者、吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)さんは、もっと深く、日本の歴史や文化、日本人の、神や仏に対する宗教感を、もっともっと深く、学んでいらっしゃると思っています。

詳しくは、筆者のウェブページで、詳しく解説していますので、良かったら、ご覧になってください。

しかし、確かに、大分県、八幡竈門神社、某かのゆかりは、ありそうです。

大分県八幡竈門神社の情報を掲載しておきますので、興味ある方は、足を伸ばしてみては、いかがでしょうか。

【鬼滅の刃の聖地かも知れない大分 八幡竈門神社

神社名:八幡竈門神社

住所:〒874-0011 大分県別府市内竈1900

TEL:097-766-1633

最新情報をチェック!
>