いつも、訪問ありがとうございます。あなただけの「とっておき」が見つかりますように・・・

乾いても匂いが残る柔軟剤はretaW

柔軟剤は乾いても匂いが残らないと意味がない

みなさんは、乾いても匂いが残る柔軟剤は?

と、聞かれて、どの柔軟剤をイメージされますか?

せっかく、衣類に香りのいい、柔軟剤を使っても、乾いた後、匂いが持続しないとがっかりです。

最近の傾向として、香水やフレグランスの代わりに、柔軟剤を使って洗濯し、汗ばむ季節の、体臭予防をされている方が増えてきました。

そういう用途だと、尚のこと、洗った後もしっかり匂いが残柔軟剤でないと困りますよね。

テレビのCMで頻繁に見かける、大手薬品会社の柔軟剤が、果たして、乾いた後も、匂いがしっかり残るのか。

筆者は、某有名薬品メーカーの柔軟剤を使って、甚だ、ガッカリしたことがありました。

そんな、残念なこともあり、有名、無名、価格に拘らず、柔軟剤という柔軟剤を調べました。

その結果、一般的に有名な、大手薬品会社の柔軟剤以外の、効き目、抜群、洗濯した後も匂いがしっかり残る柔軟剤を、見つけましたのでご紹介します。

柔軟剤は香りがどれだけ持続するかで選ぶ

柔軟剤は、洗濯した後も、匂いが持続性しなければ意味がありません。

匂いの質もさることながら、まずは、持続性でしょう。

でも、どの柔軟剤も、良いことばかりを訴求しているので、どれも匂いは持続すると表記されています。

筆者は、まんまとこれに、してやられました。

柔軟剤って、一般的には、レノアやダウニーなどが人気のようですが、平均的な価格は、500mlで、500円前後でしょうか。

まあ、そんなところでしょう。

確かに、ダウニー、これは、洗濯した後も匂いが残ります。

ただ、確かに持続性の意味では、「あっ、これ、ダウニーだ」と一発で分かりますので、持続性は、立証済みです。

が、しかし、です。

ダウニー、毎日、匂いを嗅ぐと、ちょっと飽きちゃいませんか。

特に、女性だと、好き嫌いがありそうな。

結論、持続性という意味では、レノアハピネスとダウニーというところが、間違いなさそうです。

洗濯した後も匂いが残っていい香りがする柔軟剤

柔軟剤に求めるものは、匂いの持続性が第一、そして、匂いが残るからこそ、その香りも重要視したいところです。

いい匂いが、洗濯した後も残って、持続性が高い・・・

こういう、柔軟剤があれば、言うこと無しですよね。

この、柔軟剤の2大要素を兼ね備えた、柔軟剤を見つけました。

オシャレです。

retawのWebサイトはこちらです。

retaW

特に、女性の方には、おすすめします。

そういう筆者は、オスですが、オスも女性も「好き」な匂いに違いない匂いをみつけました。

何故、そんなに言いきれるかと言うと、理由があります。

統計データによる、裏付けがあるからです。

「石鹸」の香り。

これは、女性も男性も、「好き」な香りの上位なんですね。

たぶん、真っ向から否定される方は、あまり、いないと思いますが。

筆者も、「石鹸」というワードから、ここに辿り着きました。

その柔軟剤は、「retaw」というブランドの柔軟剤です。

retawの柔軟剤は洗濯した後もいい匂いが残る

retawの柔軟剤は洗濯した後もいい匂いが残ります。

柔軟剤に、妥協は禁物。

なぜなら、匂いが残る=いい匂いでないと、心地よくないからです。

ですよね。

では、retawの柔軟剤をご紹介します。

これは、筆者が実際に使っている、retawの柔軟剤です。

500ml入りで、外観もオシャレですよね。

筆者は、よく行く、服屋さんがあるんですが、この服屋さんがこれです。

ここで、retawと出逢いました。

最初は、ファブリックミストを購入しました。

その、服屋さんに行くと、何か分からないけど、いつも、いい香りがしていたんです。

とにかく、今まで嗅いだことのない匂い。

豊富な衣類を取り扱っているので、はじめは、衣類の匂いかと思っていたんですが・・・

「でも、何の匂いなんだろう?」

その服屋さんに、行く度に、いつも同じ、いい匂いがする。

その匂いが、何だか分からないまま、店内をウロウロしていたら。

遂に、見つけました。

「あった!これか?」

それが、retawだったんです。

retawは、店頭に、何種類かあったので、片っ端から、衝動買いしました。

そして、ようやく辿り着きました。

以来、筆者は、ファブリックミストも柔軟剤も、retawのBARNEYを愛用しています。

ドラッグストアなどで、市販されているたくさんのファブリックミストには無い匂い。

とにかく、今までに嗅いだことのない匂いです。

石鹸ベースですが、単純な石鹸とも違います。

石鹸の匂いなら、そりゃあ、分かりますからね(笑)

乾いても匂いが残るretawの柔軟剤は4種類

乾いても匂いが残るretawの柔軟剤は、今現在、4種類の匂いがあります。

BARNEY、NATURALMYSTIC、ALLEN、EVELYNの4種類です。

中でも、人気なのは、筆者も使っていますが、BARNEYの柔軟剤です。

BARNEYは、品切れになっていることが多いから。

BARNEYは、石鹸ベースのマイルドで柔らかい、嗅ぐと、心地よい風が通りすぎるような穏やかな気持ちにさせてくれます。

NATURALMYSTICは、パチュリとバニラのブレンドで仕上げた少し、スパイシーな仕上がりです。(パチュリは、聞きなれない植物名かも知れませんが、シソ科ミゾトラノオ属の一瞬で、ハーブの一種)

ALLENは、ユリとカシスのブレンドで、ほのかな香りが特徴。はっきりとした匂いなので、BARNEYとは、真反対になるような存在かも知れません。フレッシュな感じです。

そして、最後のEVELYNは、シャンパンとベルガモットのブレンドで、果実を連想させるテイストに仕上がっています。

筆者は、やはり、BARNEYをおすすめします。

オールシーズン、季節を問わず、TPOを問わず、マッチしてくれる匂いです。

retawの柔軟剤をギャップ1杯入れて、洗濯機を回しますが、洗濯し終わって、洗濯物を取り出す瞬間の匂い、それを干した時の部屋の匂い(筆者は、基本、室内干し派です)、そして、その衣類を身につけた時の匂いと、何とも言えず、匂いで、幸福感に浸れる瞬間です。

retawの価格ですが、敢えて、ここまで、触れてきませんでしたが、市販品と比べると、少し高めの設定です。

500mlで、2,400円。

少し、高めですが、筆者は、それくらいの価値はあると思います。

retawのいいところは、値崩れをしないことです。

値崩れをせず、永々と、商品が売れていて、継続できているということは、「retaw」が、フレグランス市場で、ブランド化している証です。

ブランドとなる商品は、値段を下げなくても売れるもののことを言います。

最新情報をチェック!
>