いつも、訪問ありがとうございます。あなただけの「とっておき」が見つかりますように・・・

神無月に来なくちゃいけない神社

 

神無月に来なくちゃいけない出雲おおやしろ

ギリギリ、滑り込みセーフ。

10月30日、何とか今年も、「神無月」には、来なくちゃいけない、出雲おおやしろに、やって来ました。

今日の山陰地区は、あいにくの「雨模様」。


朝日は、くっきり出ていたんですが、筆者が、出雲おおやしろに、辿りついた時には、「雨」が。

これまで、10月に、出雲おおやしろに参拝したときは、いずれも、快晴だったのに。

何か、「悪いかことが起こる予兆か・・・」

まあ、いい。

そそくさと、本殿に。

「家族、仕事仲間が、みんな、元気でありますように」


朝方、7時30分、さすがに参拝客は、まばらで、まだ、おみくじも引けない、お守りも変えない。

地味な、参拝になりましたが、無事、今年も、「やおよろず」の神々に、お祈りしてきました。

 

出雲おおやしろで、やっちゃダメなこと

 

出雲おおやしろに参拝する時に、やっちゃダメなこと。

いつものように、「二礼二拍手一礼」では、ダメなんすよ。

出雲おおやしろでは、「二礼四拍手一礼」です。


柏手は、4回。

忘れてないでください。

これは、社格が高い、神社ほど、「作法」が、異なります。

そして、「二礼四拍手一礼」が、終わったたら、左を向き、一礼を。

これも、出雲おおやしろならではの、しきたりです。

出雲おおやしろには、ひときわ大きな、注連縄があります。

この、注連縄、向かって左に行くにつれ、大きくなっていますよね。

これは、「神様」がいらっしゃる方向だからと言われています。

だから、最後に、左を向いて神様に一礼なんですね。

何事も、意識をしていると、見えないものも見えてきて、意味があるものです

もう、1つ、出雲おおやしろ参拝で気を付けたいこと

出雲おおやしろに参拝するときに限りませんが、「柏手」についてです。

みなさん、両手を合わせて「柏手」を打ちますよね。

「ドンピシャ」で、両手を合わせないこと。

なぜだか、分かりますか?

左手は、「神様に近い手」と言われています。

だから、「神様を上」に、つまり、神様に敬意を評して、左手を僅かに上にして、柏手を打ちましょう。


とにかく「左」、「左」と覚えておきましょう。

出雲市駅は、出で立ちも半端ないオーラ出まくりな駅

出雲おおやしろに行くには、電車で行く方も多いことでしょう。

出雲市駅に着くと、「ここは、社殿か?」と思わせるほどの、立派な木造の駅門が施されています。


これがまた、半端なく、壮大で、オーラ出まくりな創りになっています。

出雲おおやしろでは、また、夕方のも名物の1つのようで、筆者も、いつかは、その光景を目に納めたいと思っています。

出雲おおやしろに行く前に、まずは、出雲市駅の寝殿造りの駅門がお出迎えです。

やはり、「やおよろず」の神々が、集まると言われるだけあって、中途半端なつくりには、なってないです。

今年は、10月もあと1日。

今年は無理でも、みなさんも、1度は、10月、神無月に、出雲おおやしろに、ご参拝ください。

そう思って、参拝すれば、きっと「いい事」ありますよ。

そう言えば、参拝に行く時には、ザンザンと降っていた雨が、参拝後にはすっかりやんで、鮮やかな初冬の朝日が・・・

最新情報をチェック!
>