いつも、訪問ありがとうございます。あなただけの「とっておき」が見つかりますように・・・

神無月に、やおよろずの神が集う神社

神無月にやおよろずの神が集う神社

やおろやおよろずの神が、集う月とは、毎年、10月の事ですが、その、やおろやおよろずの神が集う、唯一の神社が、日本にはあります。

本来は、縁結びの神ということで、有名な神社ですが、それとは別に、神無月には、やおろやおよろずの神が集う神社ということでも有名な神社です。

その神社は、中国地方に所在し、10月、いわゆる、神無月になると、日本の各地から観光客が訪れると言う、伝説の神社でもあります。

やおろやおよろずといえば千と千尋の神隠しを思い出しますが。

やおよろずの神といえば、あの、宮崎駿監督がプロデュースした、「千と千尋の神隠し」で、湯婆婆が、「やおよろずの神」というフレーズを使っていましたね。

千と千尋の神隠しで、湯婆婆は、湯屋営んでいて、湯屋とは、今でいう、温泉や銭湯のことです。

そこに集うのは、やおよろずの神、つまり いい神もいれば、その反対に、悪い神もいる、それら全てを総称して、やおよろずの神と呼んでいたようです。

筆者も、「やおよろずの神」という、言葉自体を、千と千尋の神隠しを見るまでは、知りませんでした。

「やおよろずの神」ネットで検索すると、「世の中のありとあらゆる神」と言う検索結果が出てきます。

宮崎駿監督の、千と千尋の神隠しは、かなり深いアニメで、やはり、そこはかとない情緒が、観る一つの心を揺すぶるのでしょう。

ちなみに、 千と千尋の神隠しの湯屋は、確か、東関東東北地方の湯屋や、広島県福山市の鞆の浦をモチーフとされたとも言われています。

神無月というのは神がいない月という意味

旧暦で、神無月とは、10月のことですが、なぜ、神無月と呼ぶかと言うと、これにも、深い理由と根拠があります。

そもそも、神様は、人が作った者で、仏様とは、種が異なる者てされていますが、「神様、仏様」と言う、おまじないのようなことを、私たちは、窮地に迫られた時に、よく使いますよね。

やおよろずの神が、ある神社に、一斉に集うから、その土地、その土地の神と言う神がいないという意味で、神無月と結論付けています。

遥かむかしに、旧暦を考えた人は、それにしても、よく考えついたもので、特に、日本人は、信心深いところがあるので、そういった言い伝えは、今も尚、脈々と受け継がれ、継承されています。

神無月の やおよろずの神が集う神社には 超特大の大しめ縄があります

やおよろずの神が集う神社には、いつも、社の中心に、大しめ縄が飾られています。

それが、この、超特大の大しめ縄です。

筆者も、毎年10月には必ず、この神社にお参りに行きますが、必ず、この大しめ縄があって、その大きさには圧巻されます。

毎年、行ってるんですが、いつ見ても迫力のある大しめ縄で、本当、に何かご利益がありそうな気にさえなります。

過去には、沢田研二さんと田中裕子さんが結婚式を挙げられた神社であることでも有名です。

稲葉の白兎も、この地で生まれた物語。

やおろやおよろずの神が集う神社は、人々の願いや思い、祈りを叶えてくれると言われている神社であり、且つ、縁結びの神ということでも有名です。

何か、ものさしでは図れないものではありますが、希望や願いを叶えてくれるかも知れない、「夢」がありますね。

最強のパワーを放つ10月に参るのがおすすめ

神無月の月の由来を、遡って調べてみると、それは、毎年10月。

神無月という、神がいない月だから、その月にはある神社に、やおよろずの神が集うということで、10月に、そね神社に行くのが良いと言われています。

その神社とは、中国地方、島根県にある出雲大社ですが、10月にもなると、日本のみならず、海外からもその伝説を信じ、色んな想いを持った人たちが、出雲大社に訪れます。

もう少し、細かく言うと、10月も後半に、その神社では、さまざまな行事を行っています。

10月、神無月には、出雲大社では、これも調子特大の国旗も掲げられます。

この、国旗、恐らく、2~3m四方はあると思います。

壮大に、雄大に揺れています。

神無月にやおよろずの神が集うあの神社

やおろやおよろずの神が、集う月とは、毎年、10月の事ですが、その、やおろやおよろずの神が集う、唯一の神社が、日本にはあります。

本来は、縁結びの神ということで、有名な神社ですが、それとは別に、神無月には、やおろやおよろずの神が集う神社ということでも有名な神社です。

その神社は、中国地方に所在し、10月、いわゆる、神無月になると、日本の各地から観光客が訪れると言う、伝説の神社でもあります。

やおろやおよろずといえば千と千尋の神隠しを思い出しますが

やおよろずの神といえば、あの、宮崎駿監督が制作した、「千と千尋の神隠し」で、湯婆婆が、「やおよろずの神」というフレーズを 使っていましたね。

千と千尋の神隠しで、湯婆婆は、湯屋営んでいて、湯屋とは、今でいう、温泉や銭湯のことです。

そこに集うのは、やおよろずの神、つまり いい神もいれば、その反対に、悪い神もいる、それら全てを総称して、やおよろずの神と呼んでいたようです。

筆者も、「やおよろずの神」という、言葉自体を、千と千尋の神隠しを見るまでは、知りませんでした。

「やおよろずの神」ネットで検索すると、「世の中のありとあらゆる神」と言う検索結果が出てきます。

宮崎駿監督の、千と千尋の神隠しは、かなり深いアニメで、やはり、そこはかとない情緒が、観る一つの心を揺すぶるのでしょう。

ちなみに、 千と千尋の神隠しの湯屋は、確か、東関東東北地方の湯屋や、広島県福山市の鞆の浦をモチーフとされたとも言われています。

神無月というのは神がいない月という意味

旧暦で、神無月とは、10月のことですが、なぜ、神無月と呼ぶかと言うと、これにも、深い理由と根拠があります。

そもそも、神様は、人が作った者で、仏様とは、種が異なる者てされていますが、「神様、仏様」と言う、おまじないのようなことを、私たちは、窮地に迫られた時に、よく使いますよね。

やおよろずの神が、ある神社に、一斉に集うから、その土地、その土地の神と言う神がいないという意味で、神無月と結論付けています。

遥かむかしに、旧暦を考えた人は、それにしても、よく考えついたもので、特に、日本人は、信心深いところがあるので、そういった言い伝えは、今も尚、脈々と受け継がれ、継承されています。

神無月の やおよろずの神が集う神社には 超特大の大しめ縄があります

やおよろずの神が集う神社には、いつも、社の中心に、大しめ縄が飾られています。

それが、その、超特大の大しめ縄です。

筆者も、毎年10月には必ず、この神社にお参りに行きますが、必ず、この大しめ縄があって、その大きさには圧巻されます。

毎年、行ってるんですが、いつ見ても迫力のある大しめ縄で、本当、に何かご利益がありそうな気にさえなります。

過去には、沢田研二さんと田中裕子さんが結婚式を挙げられた神社であることでも有名です。

稲葉の白兎も、この地で生まれた物語。

やおろやおよろずの神が集う神社は、人々の願いや思い、祈りを叶えてくれると言われている神社であり、且つ、縁結びの神ということでも有名です。

何か、ものさしでは図れないものではありますが、希望や願いを叶えてくれるかも知れない、「夢」がありますね。

最強のパワーを放つ10月に参るのがおすすめ

神無月の月の由来を、遡って調べてみると、それは、毎年10月。

神無月という、神がいない月だから、その月にはある神社に、やおよろずの神が集うということで、10月に、そね神社に行くのが良いと言われています。

その神社とは、中国地方、島根県にある出雲大社ですが、10月にもなると、日本のみならず、海外からもその伝説を信じ、色んな想いを持った人たちが、出雲大社に訪れます。

もう少し、細かく言うと、10月も後半に、その神社では、さまざまな行事を行っています。

10月、神無月には、出雲大社では、これも調子特大の国旗も掲げられます。

この、国旗、恐らく、2~3m四方はあると思います。

壮大に、雄大に揺れています。

神無月にやおよろずの神が集うあの神社

やおろやおよろずの神が、集う月とは、毎年、10月の事ですが、その、やおろやおよろずの神が集う、唯一の神社が、日本にはあります。

本来は、縁結びの神ということで、有名な神社ですが、それとは別に、神無月には、やおろやおよろずの神が集う神社ということでも有名な神社です。

その神社は、中国地方に所在し、10月、いわゆる、神無月になると、日本の各地から観光客が訪れると言う、伝説の神社でもあります。

やおろやおよろずといえば千と千尋の神隠しを思い出しますが

やおよろずの神といえば、あの、宮崎駿監督が制作した、「千と千尋の神隠し」で、湯婆婆が、「やおよろずの神」というフレーズを 使っていましたね。

千と千尋の神隠しで、湯婆婆は、湯屋営んでいて、湯屋とは、今でいう、温泉や銭湯のことです。

そこに集うのは、やおよろずの神、つまり いい神もいれば、その反対に、悪い神もいる、それら全てを総称して、やおよろずの神と呼んでいたようです。

筆者も、「やおよろずの神」という、言葉自体を、千と千尋の神隠しを見るまでは、知りませんでした。

「やおよろずの神」ネットで検索すると、「世の中のありとあらゆる神」と言う検索結果が出てきます。

宮崎駿監督の、千と千尋の神隠しは、かなり深いアニメで、やはり、そこはかとない情緒が、観る一つの心を揺すぶるのでしょう。

ちなみに、 千と千尋の神隠しの湯屋は、確か、東関東東北地方の湯屋や、広島県福山市の鞆の浦をモチーフとされたとも言われています。

神無月というのは神がいない月という意味

旧暦で、神無月とは、10月のことですが、なぜ、神無月と呼ぶかと言うと、これにも、深い理由と根拠があります。

そもそも、神様は、人が作った者で、仏様とは、種が異なる者てされていますが、「神様、仏様」と言う、おまじないのようなことを、私たちは、窮地に迫られた時に、よく使いますよね。

やおよろずの神が、ある神社に、一斉に集うから、その土地、その土地の神と言う神がいないという意味で、神無月と結論付けています。

遥かむかしに、旧暦を考えた人は、それにしても、よく考えついたもので、特に、日本人は、信心深いところがあるので、そういった言い伝えは、今も尚、脈々と受け継がれ、継承されています。

神無月の やおよろずの神が集う神社には 超特大の大しめ縄があります

やおよろずの神が集う神社には、いつも、社の中心に、大しめ縄が飾られています。

それが、その、超特大の大しめ縄です。

筆者も、毎年10月には必ず、この神社にお参りに行きますが、必ず、この大しめ縄があって、その大きさには圧巻されます。

毎年、行ってるんですが、いつ見ても迫力のある大しめ縄で、本当、に何かご利益がありそうな気にさえなります。

過去には、沢田研二さんと田中裕子さんが結婚式を挙げられた神社であることでも有名です。

稲葉の白兎も、この地で生まれた物語。

やおろやおよろずの神が集う神社は、人々の願いや思い、祈りを叶えてくれると言われている神社であり、且つ、縁結びの神ということでも有名です。

何か、ものさしでは図れないものではありますが、希望や願いを叶えてくれるかも知れない、「夢」がありますね。

最強のパワーを放つ10月に参るのがおすすめ

神無月の月の由来を、遡って調べてみると、それは、毎年10月。

神無月という、神がいない月だから、その月にはある神社に、やおよろずの神が集うということで、10月に、そね神社に行くのが良いと言われています。

その神社とは、中国地方、島根県にある出雲大社ですが、10月にもなると、日本のみならず、海外からもその伝説を信じ、色んな想いを持った人たちが、出雲大社に訪れます。

もう少し、細かく言うと、10月も後半に、その神社では、さまざまな行事を行っています。

10月、神無月には、出雲大社では、これも調子特大の国旗も掲げられます。

この、国旗、恐らく、2~3m四方はあると思います。

壮大に、雄大に揺れています。

大縄しろといい、国旗といい、やはり、10月の出雲大社は、かなりのオーラを発出しています。

あ、出雲大社って、「いずもたいしゃ」ではありません。

正しくは、「いずもおおやしろ」です。

今も、脈々に伝えられ、また、それを信じて、いろんな思いを持った人たちが、お参りに来られるのが10月。

出雲大社にお参りに行くならば、やはり、10月の後半が良さそうです。

それにしても、何百年、何千年前から言い伝えられた伝説が、今も尚、脈々と人々の心に伝えられ、それぞれ思いを持った人たちが、願いを込めてお参りするということは、何か、本当にご利益がある といいなと思います。

最後に、出雲大社に行くときは、出雲そばも、食べてくださいね。

最新情報をチェック!
>