いつも、ありがとうございます。この度、当サイトをアプリ化し、訪問者さまの視認性を1.5倍向上させました。超ワイド画面をお楽しみください。サイト下段からポチッと追加・・・できます。

家電リモコンをスマホで一括操作する方法

家電リモコンがありすぎだから、スマホをリモコンまとめてみました。

家電リモコンスマホまとめることができたら、どんなに楽だろう・・・と思ったことは、みなさんも、ありませんか?

結果は、見事、成功。

部屋の中の全てのリモコンをスマホで、コントロールできるようになりました。

最近は、家の中をスマートホーム化するにも、月額料金などがかかるケースが増えてきました。

少し前までは、スマホのアプリ1つで、赤外線を飛ばして、簡単に、リモコン代わりにできましたが、最近は、ガードがかかって、キャリアのサービスとして月額料金を払わなければ、使えない時代に。

でも、ちょっと待って。

家中が、リモコンだらけで、何とかしたいと思っている方は、筆者以外にも、たくさんいらっしゃるはず。

エアコン、照明、テレビ、サーキュレーター、サウンドバー、アマゾンTV stickなど、家の中は、リモコンだらけ。

そう、みなさんの部屋も、きっと、こんな感じですよね。

家の中に、所謂、光回線でネット環境がある方は、迷うことなく、リモコンのスマホ一括化を考えましょう。

固定通信回線がある方は、すんなりスマホをリモコン化できます。

スイッチボットを購入さえすれば、すぐに、リモコン化できます。

しかし、みなさんがみなさん、家の中に、wifi環境がある訳ではありません。

筆者も、その1人です。

あるのは、スマホ1台のみ。

やっぱり、wifi環境がなければ、無理か、と諦めかけている方は、この記事を読めば、「あれ、テレビのリモコンどこ行った?DVDのリモコンは、どれだ?」とか言う不毛な時間に苛まれることもなくなります。

はい、固定のwifi環境は不要です。

 

wifi環境がなくても、たくさんあるリモコンをスマホ1台で、コントロールできるようになります。

スマホ1台と、スイッチボットハブミニさえあれば、リモコンだらけの、生活からサヨナラできます。

 

筆者が、色々調べた結果、スイッチボットハブミニがあれば、スマホ1台で、家電リモコンまとめることができます。

とは言え、みなさんと筆者の部屋の中のリモコンは、同じものではないはずです、多分。

恐らく、筆者と同じように、家電リモコンをスマホで操作できないかなと思う方の数だけ、家電リモコンの種類は違うはずです。

でも、大丈夫なんです。

筆者の部屋の中のテレビ、DVD、サウンドバー、照明、エアコンは、どれも、新しいものはではありません。

強いて言えば、サウンドバーは、BOSEを使ってますので、これは、ちょっとだけ、自慢なんですが・・・

それを除いては、どれもこれも、なかなかの年代物です、10年物とかもある。

しかし、大半の家電には、今時、10年前のものでも、ほぼ、リモコンが付いているものです。

そう、リモコンさえ付いている家電であれば、ありとあらゆる家電は、スマホで一括操作が実現します。

もう、リモコン探しをする不毛な生活からは、解放されます。

この記事に、たどり着いた時点で、みなさんの部屋の中は、スマホ1台で、全てコントロールできるようになったも同然。

探してたでしょ、そんな、情報。

スマホ1台で、家電リモコンをまとめる方法を、これから、手順を追ってお伝えします。

では、いきますよ。

スイッチボットに関する詳しい情報がない

スイッチボットは、スマホで、家電リモコンをコントロールしたり、スマート家電化できる、便利なツールです。

しかし、スイッチボットには、いくつかの種類があります。

Amazonで、スイッチボットを検索すると、スイッチボットスマートプラグwi-fiとか、スイッチボットハブミニとか、スイッチボットハブミニプラスとか、スイッチボットスマートホーム学習リモコン、スイッチボットリモートボタンワンタッチとか、まあ、あるわあるわ、スイッチボットが、じゃかじゃか出てきます。

実は、筆者は、まず、スイッチボットスマートプラグwi-fiとスイッチボットハブミニとで、何が違うのか、分からず、安い方の、スイッチボットスマートプラグwi-fiを購入したんです。

スイッチボットスマートプラグwi-fiとスイッチボットハブミニの違いが、分からななかったので、事前に、メールで問い合わせをしたんですね。

「スイッチボットスマートプラグwi-fiは、スマホのテザリングで、機能しますか?」

と、質問した上で、「テザリングで使用可能、もし、テザリングでうまくいかなくても、Bluetoothテザリングで、接続できる」という回答だったんですが、結局、スイッチボットスマートプラグwi-fiでは、スマホ単体で、テザリングを使っても、接続できませんでした。

まず、1つ、みなさんの中にも、スイッチボットスマートプラグwi-fiで、いけるんちゃう?

と思っている方が、いらっしゃったら、無理ですから、スイッチボットスマートプラグwi-fiは、購入しないでください。

でも、Amazonの場合、こういうパターンの返品には、無条件で、返品に応じてくれるんですね。

しかも、ヤマト運輸の配達員さんが、集荷に来てくれて、更に安心の着払い。

だから、やっぱり、Amazonなんですよね。

早いし、返品には、応じてくれる、とにかくAmazonは、あらゆる事に、「神対応」なんです。

さて、みなさん、家電リモコンをスマホで一括操作するには、スイッチボットハブミニを購入してください。

スイッチボットハブミニなら、スマホにテザリングを付けておけば、間違いなく、煩わしいリモコン管理を、スマホだけで、完全にコンプリートできます。

別に、Amazonを持ち上げるつもりはありませんが、楽天と、同じスイッチボットハブミニの価格を比較すると、Amazonの方が、1,000円程度安いです。

いいですか、スイッチボットスマートプラグwi-fiじゃなく、スイッチボットハブミニを購入してください。

迷わず、Amazonで、スイッチボットハブミニを購入しましょう。

Amazonで、スイッチボットハブミニを購入するのは、安いと言うこともありますが、実は、他にも理由があります。

もう、1つの理由は、スイッチボットに関連する、機器のラインナップが、楽天などの、通販サイトより、遥かにラインナップが豊富なんです。

この先、更に、部屋の中をスマート家電化するときに、容易に、欲しいデバイスを購入できます。

やっぱり、通販は、Amazonです。

まあ、Amazonのことは、これくらいにして、返品できるから失敗してもいいというものでもないですよね。

で、筆者が最も知りたかったことは、テザリングとスイッチボットの関係なんです。

その情報が、あまりに乏しく、詳しい記事がなかったので、失敗してしまったんですが・・・

 

テザリングでスイッチボットハブミニは使えるのか?

そうなんです、知りたかったのは、テザリングで使えるかどうか。
筆者が探していた情報は、wifiでスイッチボットハブミニが使えるかどうかではなく、スマホのテザリングで、使えるのかどうかということだったんですね。
wifiで、部屋の中をスマート家電化できるのは、みなさんも、ご存知の通り、100%できます。
しかし、スマホのテザリングで、スイッチボットハブミニが機能するのかどうか、筆者が調べたところ、この情報は、ほぼ、ネット上には、詳しく記載された記事がありませんでした。
だから、同じように、スマホのテザリングで、スイッチボットハブミニが、使えるのかどうかを知りたい方のために、詳しく、記載していきますね。
筆者も、事前に、販売店に聞いた上で購入した、スイッチボットスマートプラグwi-fiでしたが、結局、「使えません」でした。
そうなんです、テザリングでスイッチボットスマートプラグwi-fiは、使えない。
だけど、スイッチボットハブミニとか、スイッチボットハブミニプラスなら、家電リモコンをテザリングで使えるんです。
この情報があまりに少なかったので、家電リモコンを一括化したいとお考えの方は、是非、この情報を参考にしてください。
特に、若い世代の方は、スマホを持ちながら、固定通信回線も使っている方は、少ないと思います。
テザリングを今更、復習する必要はないと思いますが、いわゆるテザリングとは、wifiルーターの役目をスマホが担うということです。
wifiルーターなら、これも、スイッチボットハブミニが、使えることは、明白です。
しかし、テザリングで使えるかどうか。
問題は、「ソコ」なんです。
でも、安心してください。
スイッチボットハブミニは、スマホのテザリングで、「使えます」
設定や準備するものなど、詳しく、記載していますので、どうぞ、参考にしてくださいね。

 

スイッチボットをもう少し詳しく

スイッチボットには、いくつかの種類があります。

所謂、スイッチボットで、家庭内のリモコンをまとめたい時に、まず、購入するのが
、スイッチボットスマートプラグwi-fiとか、スイッチボットハブミニとか、スイッチボットハブミニプラス、この3種類です。

まず、スイッチボットスマートプラグwi-fiは、家庭内にwifi環境がある方のスマートプラグです。

 

筆者は、wifi環境が無いのに、誤って購入してしまいました。

みなさん、間違えないようにしてくたさいね。

筆者のように、スマホのテザリングで、スイッチボットを機能させるためには、スイッチボットハブミニか、スイッチボットハブミニプラスを購入してください。

ここ、大切です。

なかなか、スイッチボットの細かな説明をした記事がないので、気を付けてくださいね。

失敗した人でないと、なかなか分かりにくいスイッチボット、これで、整理できたと思います。

では、スイッチボットハブミニとスイッチボットハブミニプラスは、何が違うのか。

スイッチボットハブミニは、USBで電源を取り、スイッチボットハブミニプラスは、所謂、コンセントから電源を取る。

これだけの違いです。

いよいよ、スマホとスイッチボットハブミニを設定します

さあ、いよいよ、リモコンだらけの部屋とは、おさらばです。

まずは、スマホに、テザリングをオプションで付けてください。

 

これがないと、さすがに、スマホのリモコン化はできません。

そして、スイッチボットハブミニを、準備してください。

あとは、山ほどある、リモコンを集めます。

ほら、これくらいのリモコンは、みなさんの部屋にも、あるでしょう。

これくらいは。

 

これらのリモコンの操作を、スマホ1台で、コントロールします。

スイッチボットハブミニですが、本当にこれで大丈夫なのかと思ってしまうくらい、ただの四角い箱なんです。

 

でも、大丈夫です、筆者でも、簡単に、設定できたので。

ただ、気になる点が、1つだけあります。

それは、5Gだと、接続できないと、スイッチボットアプリの取扱説明書には、記載があります。

筆者は、GALAXY S20を使っているんですが、まだ、5Gの電波が飛んでないので、何とも言えませんが、取扱説明書には、そう、記載がありますので、ご注意ください。

スイッチボットハブミニ設定のために準備するもの

まず、準備物からです。

①家庭内のありとあらゆるリモコン
(赤外線リモコンのみ設定できます)

 

②あなたのスマホ
(スマホには、テザリングオプションを付けてください)

 

③スイッチボットアプリのダウンロード

 

(iPhoneでも、Androidでも、「スイッチボット」で検索または、下記からダウンロードしてください)

SwitchBot

SwitchBot

開発元:wonderlabs, Incorporated

無料

posted withアプリーチ

スイッチボットアプリのアカウントは、メールアドレスとパスワードの設定のみで、簡単にアカウント設定できます。

 

スイッチボットをスマホにダウンロードしたら、スイッチボットのアカウントを作成してください。

④購入したスイッチボットハブミニ

スイッチボットハブミニを設定するために準備するものは、以上です。

では、いよいよ、あなたのスマホとスイッチボットを連携していきます。

スイッチボットハブミニの設定手順

さあ、いよいよ、あなたのスマホとスイッチボットハブミニを連携させます。

①まず、スマホのテザリングをONにします。

ここで、スイッチボットハブミニが接続できないという方が多いようです。

※wifiテザリングとBluetoothテザリングの両方をONにします。

 

②次に、スイッチボットアプリを立ち上げます。

 

③スイッチボットハブミニをUSB経由で、コンセントに差し込みます。

④スイッチボットアプリの、右上にある「+」をタップします。

 

⑤すると、スイッチボット製品のラインナップが、表示されるので、その中から、「ハブミニ」を選択します。

 

⑥スイッチボットハブミニの上部ボタンを長押します。

 

⑦「次へ」を押すと、しばらくで、「通信しています」というメッセージが表示されますので、しばらく待ちます。

ここは、しばらく待ってください。

筆者は、ここで、しばらく手間取りました。

なかなか、連携ができなかったんです。

原因は、定かではありませんが、何度か、繰り返すうちに接続でき、自分のスマホのwifiテザリングのアカウントが、表示されました。

パスワードを聞いてきますので、wifiテザリングのパスワードを入力します。

 

ここで、うまくアクセスできれば、スマホとスイッチボットハブミニの連携は、成功です。

スマホとスイッチボットハブミニの連携がうまくいくと、スイッチボットアプリ画面に、Hub Miniのアイコンが表示されます。

こんな風に。

これで、スマホとスイッチボットハブミニの連携完了です。

まずは、一段落、おつかれさまでした。

さあ、次は、最終段階、リモコンの数だけ、スイッチボットハブミニに、じゃんじゃん設定していきますよ。

スイッチボットハブミニでリモコンをまとめる

さあ、いよいよ、スイッチボットハブミニに、家電リモコンを設置していきます。

設定は、至って簡単です。

①スイッチボットアプリを起動します。

 

②アプリ右上にある、「+」をタップします。

 

③設定したい、家電を選択します。

 

ここでは、「テレビ」を例に取って、説明しますので、上記画面の中から、「テレビ」をタップします。

テレビを選択すると、「どこのメーカーのテレビなのか」を聞いてきます。

テレビのメーカーを選択します。

筆者の場合、テレビは東芝なので、こんな風に、「東芝」を選択します。

 

④すると、「スマートラーニング」と表示されるので、タップし、記憶させたいボタンを押します。

例)どのボタンを押すかですが、リモコンボタンは、電源ボタンがいいでしょう。

 

選択した、テレビメーカーの中でも、ご自身のリモコンにマッチした、設定を選んでいく作業を行っていきます。

反応しなければ、画面右下に出てくる、「次へ」で、どんどん次に進み、反応があるかどうかを探っていきます。

まずば、スイッチをオン、オフ、(電源ボタン)この基本パターンで、スイッチボットが反応するか

を見極めながら、シンプルに設定していきます。

後術しますが、スイッチボットハブミニには、何とも賢い機能が備わっています。

後で、記事にしますので、まずは、基本動作で、基本設定を済ませてしまいましょう。

電源ボタンで、反応すれば、それが、あなたにあった、チャネルになります。

必ず、あなたのテレビに見合った、設定がありますので、反応しない時は、アプリ画面右下の「次へ」で、進んでいき、自分のテレビリモコンに反応する設定を選んでいきます。

たった、これだけです。

⑤自分のテレビリモコンに反応する、パターンを見つけたら、「名前を付けて保存」します。

すると、スイッチボットアプリのトップ画面に、保存した名前で、アイコンが作成されます。

テレビができたら、DVD、エアコン、照明と、どんどん追加していきましょう。

あと、少しです。

全ての、リモコンを設定したら、リモコンだらけの部屋から、脱出できます。

出来上がりは、こんな感じになります。

スイッチボットハブミニの賢い学習機能

スイッチボットハブミニで、全てのリモコンが、設定できたら、実際に、スイッチボットアプリで、登録設定した、家電をスマホで、動かしてみましょう。

さあ、何か、物足りなさを感じる方、いませんか?

大丈夫です。

何か、もうちょっと、スイッチボットで、リモコン操作をしたい。

分かりやすいので、同じテレビを例にして、ご説明します。

まず、テレビも、地上波とBSに分かれています。

通常、この操作は、テレビのリモコンで、切り替えますよね。

でも、せっかく、スイッチボットアプリで、テレビの電源のオン、オフができるのに、地上波とBSの切り替えにテレビのリモコンを使っていては、全く意味がありません。

更には、テレビって、今や、テレビ単体で、テレビを見るだけ、という方は、少ないのではないでしょうか。

例えば、テレビには、DVDと連携していませんか?

そして、最近では、サウンドバーや、ちょっとしたホームシアターシステムを接続している人も、いるでしょう。

こんな、一連の作業も、実は、スイッチボットハブミニの、学習機能と言う、素晴らしい機能を使えば、痒い所に手が届く、リモコン設定が、できるよになっています。

素晴らしいですね。

例えば、テレビの地上波の番組が面白くないから、BSの番組を見て見よう。

そう言う事って、割と日常ですよね。

そんな時は、先程、テレビのリモコン設定をした、テレビアイコンをタップして、地上波からBSへチェンジするよう「操作を追加」できるんです。

テレビのアイコンから、編集画面を開き、その「動作」、テレビのリモコンでは、通常、リモコンの上部に、「地デジ」のボタンと、「BS」のボタンがありますよね。

こんな感じで。

この、どちらかのボタンを、スイッチボットハブミニ本体に向けて、「押します」。

すると、スイッチボットが、操作を記憶して、例えば、「地デジ・BS切替」という名前を付けて保存すると、新たにボタンが追加され、このボタンを押すと、あら、不思議、地デジとBSが、スイッチボットアプリで、切替えできてしまいます。

このように、スイッチボットハブミニには、学習機能がありましすので、今の例えのように、連動させたい「動作」を、どんどん追加していきましょう。

やー、本当にスイッチボットハブミニは、賢いです、筆者の設定では、できない操作は、1つもありませんでした。

次に、この、動きをしたい、「そのボタン」を追加してしまえば、それで、いいんです。

さあ、これで、部屋の中の全てのリモコンを、スマホ1台で、好きなように操作できます。

これで、今のリモートワークに加えて、ますます、カラダを動かすことが、少なくなります。

みはさん、適度にカラダは、動かしていきましょうね。

ホント、太りますから、ご注意を。

最新情報をチェック!
>