いつも、ありがとうございます。この度、当サイトをアプリ化し、訪問者さまの視認性を1.5倍向上させました。超ワイド画面をお楽しみください。サイト下段からポチッと追加・・・できます。

SWITCH BOTを使って家電リモコンを全部、スマホで一括操作してみた

家電リモコンがありすぎだから、スマホをリモコンまとめてみた。

これは超便利

何よりスマホ1つでピッ、ピッ、快感

今や、スマホ無しでは、生きていけない時代。

それなら、スマホを使って、ウチにある、全てのリモコンをすあなたのスマホで、一括で操作しようじゃないか。

スマホで、ウチにある、家電リモコンを、一括でまとめることができてたら、どんなに楽だろう・・・と思ったことは、ありませんか?

どんなに少なくても、テレビ、DVD、照明、エアコン・・・、これくらいは、最低でもみなさんの部屋にもあるはず。

いつも、何かのリモコンが、どっかにいってしまって、分からなくなる。

そういう、不毛な作業とは、オー、サラバーしよう。

と、言うことで、スイッチボットを使って、部屋中のありとあらゆるリモコンをスマホ1台にまとめてみた。

あー、スッキリ、これ、やった感、なかなかあるう!

やー、部屋の中の全てのリモコンをスマホで、コントロールできるようになったよ。

最近は、家の中をスマートホーム化するにも、月額料金などがかかるケースが増えてきた。

少し前までは、スマホのアプリ1つで、赤外線を飛ばして、簡単に、リモコン代わりにできていたんだが・・・、最近は、ガードがかかって、キャリアのサービスとして月額料金を払わなければ、使えない時代に。

でも、ちょっと待って。

家中が、リモコンだらけで、何とかしたいと思っている方は、筆者以外にも、たくさんいらっしゃるはず。

エアコン、照明、テレビ、サーキュレーター、サウンドバー、アマゾンTV stickなど、家の中は、リモコンだらけ。

そう、みなさんの部屋も、きっと、こんな感じですよね。

家の中に、所謂、光回線でネット環境がある方は、迷うことなく、リモコンのスマホ一括化を考えよう。

固定通信回線がある方は、すんなりスマホをリモコン化できる。

スイッチボットを購入さえすれば、すぐに、リモコン化できる。

しかし、みなさんがみなさん、家の中に、wifi環境がある訳ではない。

筆者も、その1人。

あるのは、スマホ1台のみ。

やっぱり、wifi環境がなければ、無理か、と諦めかけている方は、この記事を読めば、「あれ、テレビのリモコンどこ行った?DVDのリモコンは、どれだ?」とか言う不毛な時間に苛まれることもなくなる。

固定のwifi環境は一切、不要。

wifi環境がなくても、たくさんあるリモコンをスマホ1台で、コントロールできるようになる。

スマホ1台と、スイッチボットハブミニさえあれば、リモコンだらけの、生活からサヨナラ・・・。

筆者が、色々調べた結果、スイッチボットハブミニがあれば、スマホ1台で、家電リモコンまとめることができる。

とは言え、みなさんと筆者の部屋の中のリモコンは、同じものではないはずです、多分。

恐らく、筆者と同じように、家電リモコンをスマホで操作できないかなと思う方の数だけ、家電リモコンの種類は違うはず。

でも、大丈夫。

筆者の部屋の中のテレビ、DVD、サウンドバー、照明、エアコンは、どれも、新しいものはではない。

もしかしたら、10年以上前の家電だってある

強いて言えば、サウンドバーは、BOSEを使ってますので、これは、ちょっとだけ、自慢なんだけど・・・

それを除いては、どれもこれも、なかなかの年代物、10年物とかもある。

しかし、大半の家電には、今時、10年前のものでも、ほぼ、リモコンが付いているもの。

そう、リモコンさえ付いている家電であれば、ありとあらゆる家電は、スマホで一括操作が実現する。

もう、リモコン探しをする不毛な生活からは、解放される。

この記事に、たどり着いた時点で、みなさんの部屋の中は、スマホ1台で、全てコントロールできるようになったも同然。

探してたでしょ、そんな、情報。

では、いきますよ。

スイッチボットに関する詳しい情報がない

スイッチボットは、スマホで、家電リモコンをコントロールしたり、スマート家電化できる、便利なツール。

だが、しかし、スイッチボットには、いくつかの種類がある

似たような、デバイスが、ゴロゴロと。

Amazonで、スイッチボットを検索すると、スイッチボットスマートプラグwi-fiとか、スイッチボットハブミニとか、スイッチボットハブミニプラスとか、スイッチボットスマートホーム学習リモコンスイッチボットリモートボタンワンタッチとか、まあ、あるわあるわ、スイッチボットが、じゃかじゃか出てくる。

実は、筆者は、まず、スイッチボットスマートプラグwi-fiとスイッチボットハブミニとで、何が違うのか、分からず、安い方の、スイッチボットスマートプラグwi-fiを購入してしまった・・・

スイッチボットスマートプラグwi-fiとスイッチボットハブミニの違いが、分からななかったので、事前に、メールで問い合わせをしたんだけど。

「スイッチボットスマートプラグwi-fiは、スマホのテザリングで、機能しますか?」

と、質問した上で、「テザリングで使用可能、もし、テザリングでうまくいかなくても、Bluetoothテザリングで、接続できる」という回答だったんですが、結局、スイッチボットスマートプラグwi-fiでは、スマホ単体で、テザリングを使っても、接続できなかった。

まず、1つ、みなさんの中にも、スイッチボットスマートプラグwi-fiで、いけるんちゃう?

と思っている方が、いらっしゃったら、無理なので、スイッチボットスマートプラグwi-fiは、購入しないように注意。

でも、Amazonの場合、こういうパターンの返品には、無条件で、返品に応じてくれる。

しかも、ヤマト運輸の配達員さんが、集荷に来てくれて、更に安心の着払い。

だから、やっぱり、Amazonなんだよね。

安心感のAmazonとは、このことを言う。

早いし、返品には、応じてくれる、とにかくAmazonは、あらゆる事に、「神対応」。

さて、みなさん、家電リモコンをスマホで一括操作するには、スイッチボットハブミニを購入して。

ここ、大切なところだから、間違わないように・・・。

スイッチボットハブミニなら、スマホテザリングを付けておけば、間違いなく、煩わしいリモコン管理を、スマホだけで、完全にコンプリートできる。

別に、Amazonを持ち上げるつもりはないが、楽天と、同じスイッチボットハブミニの価格を比較すると、Amazonの方が、1,000円程度安い。

いいですか、スイッチボットスマートプラグwi-fiじゃなくスイッチボットハブミニを購入して。

迷わず、Amazonで、スイッチボットハブミニを購入しよう。

Amazonで、スイッチボットハブミニを購入するのは、安いと言うこともあるが、実は、他にも理由がある。

もう、1つの理由は、スイッチボットに関連する、機器のラインナップが、楽天などの、通販サイトより、遥かにラインナップが豊富。

この先、更に、部屋の中をスマート家電化するときに、容易に、欲しいデバイスを購入できる。

やっぱり、通販は、Amazon。

まあ、Amazonのことは、これくらいにして、返品できるから失敗してもいいというものでもない。

一発で決めちゃおう!

で、筆者が最も知りたかったことは、テザリングとスイッチボットの関係。

その情報が、あまりに乏しく、詳しい記事がなかったので、失敗してしまった・・・

テザリングでスイッチボットハブミニは使えるのか?

そう、知りたかったのは、テザリングで使えるかどうか。
筆者が探していた情報はwifiでスイッチボットハブミニが使えるかどうかではなく、スマホのテザリングで、使えるのかどうかということ。
wifiで、部屋の中をスマート家電化できるのは、みなさんも、ご存知の通り、100%できる。
しかし、スマホのテザリングで、スイッチボットハブミニが機能するのかどうか、筆者が調べたところ、この情報は、ほぼ、ネット上には、詳しく記載された記事がなかった。
だから、同じように、スマホのテザリングで、スイッチボットハブミニが、使えるのかどうかを知りたい方のために、詳しく、記載していくので、参考にして欲しい。
筆者も、事前に、販売店に聞いた上で購入した、スイッチボットスマートプラグwi-fiでしたが、結局、使えなかった。
そう、テザリングでスイッチボットスマートプラグwi-fiは、使えない。
だけど、スイッチボットハブミニとか、スイッチボットハブミニプラスなら、家電リモコンをテザリングで使えると言うワケ
この情報があまりに少なかったので、家電リモコンを一括化したいとお考えの方は、是非、この情報を参考にして。
特に、若い世代の方は、スマホを持ちながら、固定通信回線も使っている方は、少ないんじゃないかな。
テザリングを今更、復習する必要はないと思うが、いわゆるテザリングとは、wifiルーターの役目をスマホが担うということ。
wifiルーターなら、これも、スイッチボットハブミニが、使えることは、明白
しかし、テザリングで使えるかどうか。
問題は、「ソコ」。
でも、安心してください。
スイッチボットハブミニは、スマホテザリングで、「使える
設定や準備するものなど、詳しく、記載していますので、どうぞ、参考にしてくださいね。

スイッチボットをもう少し詳しく

スイッチボットには、いくつかの種類がある。

所謂、スイッチボットで、家庭内のリモコンをまとめたい時に、まず、購入するのが、スイッチボットスマートプラグwi-fiとか、スイッチボットハブミニとか、スイッチボットハブミニプラス、この3種類。

まず、スイッチボットスマートプラグwi-fiは、家庭内にwifi環境がある方のスマートプラグ。

筆者は、wifi環境が無いのに、誤って購入してしまった。

みなさん、間違えないようにね。

筆者のように、スマホのテザリングで、スイッチボットを機能させるためには、スイッチボットハブミニか、スイッチボットハブミニプラスを購入すること。

ここ、大切。

なかなか、スイッチボットの細かな説明をした記事がないので、気を付けてね。

失敗した人でないと、なかなか分かりにくいスイッチボット、これで、整理できたと思うが。

では、スイッチボットハブミニとスイッチボットハブミニプラスは、何が違うのか。

スイッチボットハブミニは、USBで電源を取り、スイッチボットハブミニプラスは、所謂、コンセントから電源を取る。

これだけの違い。

いよいよ、スマホとスイッチボットハブミニを設定する。

さあ、いよいよ、リモコンだらけの部屋とは、おさらば。

まずは、スマホに、テザリングをオプションで付けて・・・。

これがないと、さすがに、スマホのリモコン化はできない。

そして、スイッチボットハブミニを、準備する。

あとは、山ほどある、リモコンを集める。

ほら、これくらいのリモコンは、みなさんの部屋にも、あるでしょ。

これくらいは。

これらのリモコンの操作を、スマホ1台で、コントロールしよう。

絶対、ラクチンだから。

スイッチボットハブミニだが、本当にこれで大丈夫なのかと思ってしまうくらい、ただの四角い箱。

でも、大丈夫です、筆者でも、簡単に、設定できたので。

ただ、気になる点が、1つだけある。

それは、5Gだと、接続できないと、スイッチボットアプリの取扱説明書には、記載がある。

既に、5Gエリアの人は、気を付けて。

筆者は、GALAXY S20を使っているが、まだ、5Gの電波が飛んでないので、何とも言えないが、取扱説明書には、そう、記載がある、ご注意してね。

スイッチボットハブミニ設定のために準備するもの

まず、準備物から。

①家庭内のありとあらゆるリモコン
(赤外線リモコンのみ設定できる)

②あなたのスマホ
(スマホには、テザリングオプションを付けてください)

③スイッチボットアプリのダウンロード

(iPhoneでも、Androidでも、「スイッチボット」で検索または、下記からダウンロードしてください)

SwitchBot

SwitchBot

開発元:wonderlabs, Incorporated

無料

posted withアプリーチ

スイッチボットアプリのアカウントは、メールアドレスとパスワードの設定のみで、簡単にアカウント設定できる。

スイッチボットをスマホにダウンロードしたら、スイッチボットのアカウントを作成する。

④購入したスイッチボットハブミニ

スイッチボットハブミニを設定するために準備するものは、以上。

では、いよいよ、あなたのスマホとスイッチボットを連携していく。

スイッチボットハブミニの設定手順

さあ、いよいよ、あなたのスマホとスイッチボットハブミニを連携させよう。

①まず、スマホのテザリングをONに。

ここで、スイッチボットハブミニが接続できないという方が多いようなので注意して。

※wifiテザリングとBluetoothテザリングの両方をONに。

②次に、スイッチボットアプリを立ち上げる。

③スイッチボットハブミニをUSB経由で、コンセントに差し込む。

④スイッチボットアプリの、右上にある「+」をタップする。

⑤すると、スイッチボット製品のラインナップが、表示されるので、その中から、「ハブミニ」を選択する。

⑥スイッチボットハブミニの上部ボタンを長押しする。

⑦「次へ」を押すと、しばらくで、「通信しています」というメッセージが表示されるので、しばらく待つ。

ここは、しばらく待って。

筆者は、ここで、しばらく手間取った。

なかなか、連携ができなかった。

原因は、定かではないが、何度か、繰り返すうちに接続でき、自分のスマホのwifiテザリングのアカウントが、表示された。

パスワードを聞いてくるので、wifiテザリングのパスワードを入力する。

ここで、うまくアクセスできれば、スマホとスイッチボットハブミニの連携は、成功。

スマホとスイッチボットハブミニの連携がうまくいくと、スイッチボットアプリ画面に、Hub Miniのアイコンが表示される。

こんな風に。

これで、スマホとスイッチボットハブミニの連携完了。

まずは、一段落、おつかれさまでしたー。

さあ、次は、最終段階、リモコンの数だけ、スイッチボットハブミニに、じゃんじゃん設定していこう。

スイッチボットハブミニでリモコンをまとめる

さあ、いよいよ、スイッチボットハブミニに、家電リモコンを設置していこう。

設定は、至って簡単。

①スイッチボットアプリを起動する。

②アプリ右上にある、「+」をタップする。

③設定したい、家電を選択する。

ここでは、「テレビ」を例に取って、説明するので、上記画面の中から、「テレビ」をタップする。

テレビを選択すると、「どこのメーカーのテレビなのか」を聞いてくるので。

テレビのメーカーを選択する。

筆者の場合、テレビは東芝なので、こんな風に、「東芝」を選択した。

④すると、「スマートラーニング」と表示されるので、タップし、記憶させたいボタンを押す。

例)どのボタンを押すかですが、リモコンボタンは、電源ボタンがいいだろう。

選択した、テレビメーカーの中でも、ご自身のリモコンにマッチした、設定を選んでいく作業を行っていこう。

反応しなければ、画面右下に出てくる、「次へ」で、どんどん次に進み、反応があるかどうかを探っていく。

まずば、スイッチをオン、オフ、(電源ボタン)この基本パターンで、スイッチボットが反応するか

を見極めながら、シンプルに設定していく。

後述するが、スイッチボットハブミニには、何とも賢い機能が備わっている。

後で、記事にするので、まずは、基本動作で、基本設定を済ませてしまおう。

電源ボタンで、反応すれば、それが、あなたにあった、チャネルということ。

必ず、あなたのテレビに見合った、設定があるので、反応しない時は、アプリ画面右下の「次へ」で、進んでいき、自分のテレビリモコンに反応する設定を選んでいこう。

やることは、たった、これだけ。

⑤自分のテレビリモコンに反応する、パターンを見つけたら、「名前を付けて保存」。

すると、スイッチボットアプリのトップ画面に、保存した名前で、アイコンが作成される。

テレビができたら、DVD、エアコン、照明と、どんどん追加していこう。

あと、少し。

全ての、リモコンを設定したら、リモコンだらけの部屋から、脱出できるぞ。

出来上がりは、こんな感じ。

スイッチボットハブミニの賢い学習機能

スイッチボットハブミニで、全てのリモコンが、設定できたら、実際に、スイッチボットアプリで、登録設定した、家電をスマホで、動かしてみよう。

さあ、何か、物足りなさを感じる方、いない?

はあーい、でも、大丈夫。

何か、もうちょっと、スイッチボットで、リモコン操作をしたい。

分かりやすいので、同じテレビを例にして、ご説明しよう。

まず、テレビも、地上波とBSに分かれている。

通常、この操作は、テレビのリモコンで、切り替えるが・・・。

でも、せっかく、スイッチボットアプリで、テレビの電源のオン、オフができるのに、地上波とBSの切り替えにテレビのリモコンを使っていては、全く意味がない。

更には、テレビって、今や、テレビ単体で、テレビを見るだけ、という方は、少ないよね。

例えば、テレビには、DVDと連携してない?

そして、最近では、サウンドバーや、ちょっとしたホームシアターシステムを接続している人もいる。

こんな、一連の作業も、実は、スイッチボットハブミニの、学習機能と言う、素晴らしい機能を使えば、痒い所に手が届く、リモコン設定が、できるよになっている。

素晴らしい。

例えば、テレビの地上波の番組が面白くないから、BSの番組を見て見よう。

そう言う事って、割と日常。

そんな時は、先程、テレビのリモコン設定をした、テレビアイコンをタップして、地上波からBSへチェンジするよう「操作を追加」できる。

テレビのアイコンから、編集画面を開き、その「動作」、テレビのリモコンでは、通常、リモコンの上部に、「地デジ」のボタンと、「BS」のボタンがある。

こんな感じで。

この、どちらかのボタンを、スイッチボットハブミニ本体に向けて、「押す」。

すると、スイッチボットが、操作を記憶して、例えば、「地デジ・BS切替」という名前を付けて保存すると、新たにボタンが追加され、このボタンを押すと、あら、不思議、地デジとBSが、スイッチボットアプリで、切替えできてしまう。

このように、スイッチボットハブミニには、学習機能があるので、今の例えのように、連動させたい「動作」を、どんどん追加していこう。

やー、本当にスイッチボットハブミニは、賢い、筆者の設定では、できない操作は、1つもなかった。

次に、この、動きをしたい、「そのボタン」を追加してしまえば、それで、いい。

さあ、これで、部屋の中の全てのリモコンを、スマホ1台で、好きなように操作できる。

これで、今のリモートワークに加えて、ますます、カラダを動かすことが、少なくなる・・・。

いいのか、悪いのか・・・みなさん、適度にカラダは、動かしていこう。

ホント、太るから、ご注意を。

家中のリモコンをスマホに入れちゃうことのできる神デバイス

家中のありとあらゆるリモコンをスマホに入れちゃえる神的デバイスがある。

それを、「スイッチボット」と言う。

あー、それなら知ってると言う人もいるし、知らなかったと言う人もいるだろう。

筆者は、日頃から、家の中にある、リモコン、多すぎ・・・と思っていた派で、何かいい方法はないかと、いろいろと模索していたところ、この、「スイッチボット」に辿り着いた。

まず、とかにく便利。

リモコンを 探す必要なし。

リモコンって、不思議だけど、何かのリモコンが、 常にないことが多い。

みなさんは、そういう経験は、ないだろうか。

それと、今回、我ながら、「よく、見つけた」と思うのは、 スマホをリモコンにすると言う発想。

スマホは、老若男女問わず、大小はあるが、みんなある意味で、中毒性の高いデバイスだ。

だから、スマホを手にしていないと、禁断症状が出てくる。

それくらい、いつの間にか、スマホに依存している。

実は、この、スマホをリモコンにする方法、一昔前までは、スマホ単体で、アプリをダウンロードすれば、簡単に出来ていた。

しかし、スマホ会社は、 それをフリーで、使えない仕様にしたのだ。

だから、「あれ、ちょっと前まで、出来ていたのに」と言う人も、少なくないだろう。

ただ、事実、今は、できないのだ。

そんな、 環境下でありとあらゆるリモコンを、スマホに入れちゃえるデバイスが、「スイッチボット」と言う訳だ。

この、スイッチボット、Amazonなら、4,000円程度で、購入できる。

WI-FI環境不要、スマホにテザリングオプションをつけておけば、家中のありとあらゆるリモコンを、スマホに入れちゃえる。

リモコンの年式、メーカーは、問わない。

何故、そう、言い切れるのか。

それは、スイッチボットには、「学習機能」が付いているからだ。

だから、どんなリモコンでも、記憶させてしまえば、スマホ片手で、家電が操れる。

どんなリモコンでも、記憶してくれる。

とにかく、便利なデバイスに間違いない。

知らなかった人は、是非、試してみてほしい。

スイッチボットは、Bluetoothテザリングでも、起動するようだが、筆者の場合は、スマホテザリングを使っている。

あとは、5Gでは、スイッチボットが使えない可能性も、囁かれているが、今のところ、筆者のスマホは、時々、5Gの電波を拾うことがあるが、問題なく使えている。

詳しくは、この、記事で解説しているので、参考にされたい。

家電は、もはや、1部屋に、1通りの家電が揃っている時代だ。

だからこそ、 いちいち、リモコンを探すことを考えるよりは、効率良く、快適な生活を送りたいものだ。

スイッチボットを、知っているのと、 知らないとでは、毎日の生活に多いに、異なってくる。

スマートライフと言うと、敷居が 高いように感じるかも知れないが、意外と簡単に快適な生活を送ることは、そんなに難しいことではない。

スイッチボットハブミニは、5Gでも使えるか

何かと便利なスイッチボットハブミニだが、説明書には、5G未対応となっているが、筆者のスマホでは、 5Gの電波を掴んでも、問題なく使える。

これが、その、状態だ。

画像の右上をご覧いただきたい、

画面右上の一番右には、バッテリー残量、続いて4Gの電波状態、バリ3だ。

その、次が、5Gの電波状態だが、上り下りとも、5Gの電波を掴んでいる。

その、次にあるマークが、スマホテザリングで、スイッチボットハブミニが有効になっている状態を示す。

この通り、 テレビ、DVD、室内照明、サーキュレーター、BOSEサウンドバーのアイコンが、活性化している。

つまり、5Gの電波を掴んでいる状態で、スイッチボットハブミニで、記憶させているデバイスを、スマホで、完全操作できることを意味する。

筆者の自宅は、広島市内だが、 数ヶ月前から、5Gの電波を掴み始めた。

数ヶ月経過して、5Gの電波を掴んでいることが、大半になってきたが、スイッチボットハブミニが、使えなくなったことはない。

つまり、5Gの電波であっても、スイッチボットハブミニは、 正常に機能することが、分かったので、みなさんに共有したい。

部屋の中が、 リモコンだらけで、うんざりな方は、 スマホテザリング、スイッチボットハブミニが、準備できれば、全てのリモコンをスマホ1台で、コントロールできる。

5Gだからと言って、躊躇することはないので、ご安心を。

とにかく、スマホだけで、オールコントロールできるから、たまらなく快適だ。

最新情報をチェック!
>