いつも、訪問ありがとうございます。あなただけの「とっておき」が見つかりますように・・・

自宅で本格的なコーヒーを飲むには

自宅で本格的なコーヒーを飲めるか?

自宅で、コーヒー専門店さながらの、うまいコーヒーを飲むことが、できるか?

答えは、YES。

自宅で、本格的なコーヒーは、今時、そんなに難しいことでは、ありません。

ただ、みなさん、「本格的に本当においしいコーヒーとは」、と聞かれて何と答えますか?

スターバックス、タリーズ、ドトール、コメダ珈琲など、いろいろありますが・・・

本当においしいと思うコーヒーを飲んだ経験なくして、自宅で、本格的にうまいコーヒーと言っても、現実味ないですよね。

では、順を追って、本当においしいコーヒーを飲む準備をしていきましょう。

まず、おいしいコーヒーを飲むには豆から

自宅で、おいしいコーヒーを楽しむためには、まず、豆を購入します。

ここで、お伝えしておきますが、豆は、煎った豆(粉になった豆)を購入しない。

煎った後の、コーヒー豆も購入しない。

はい、そうです。

「生豆」を購入しなければ、自宅で、本格的で本当においしいコーヒーは飲めません。

自宅で、本格的で本当においしいコーヒーを飲むには、コーヒーは、生豆を購入すること。

これで、おいしいコーヒーを飲む最初のステップをクリアしました。

では、次にいきましょう。

生豆をコーヒーの粉にするまでに必要なツール

分かったよ、生豆は、買ったけど、どうやって、コーヒーの粉にするの?

はい、これからお教えします。

【最低限揃えるコーヒーツール】

◼️コーヒー焙煎機

◼️コーヒー用保温ポット(1度単位で調節できるもの)

◼️コーヒーミル(手動で十分)

◼️ドリッパー

◼️ケトル(1杯分が使いやすい)

◼️ペーパーファルター

最低限、このま6つのツールがあれば、自宅で本格的に本当にうまいコーヒーが飲めます。

自宅で、本格的な本当にうまいコーヒーを飲むぬには、いくつかのツールを揃えましょう。

一時的に、費用は、かかります。

ただ、一旦、ツールを揃えれば、煎ったコーヒー豆より、遥かに安くコーヒーの生豆は、安く購入できます。

1杯、100円のコーヒーも、それなりにうまいですが、その半分以下の値段で、自宅で本格的な本当にうまいコーヒーが飲めるようになります。

コーヒーツールは、ある程度のブランドを揃える

まず、コーヒー焙煎機ですが、初めは、廉価物で十分です。

ただ、コーヒー焙煎機って、なかなか種類な少ない。

私が、自宅でコーヒーをと思った時、たまたま、発売されたLITHONの自動コーヒー焙煎機がおすすめです。

そして、コーヒーミル、ドリッパーは、いずれも手動で十分、その方が、味わいがあります。

ミル、ドリッパーとも、カリタ、ハリオなどがいいでしょう。

お湯を沸かす、ポットですが、メーカーは拘りませんが、1℃単位で、調節できるコーヒーポットがいいでしょう。

コーヒーが、おいしくなるかどうか、この温度は、大きく影響します。

私の経験値では、85℃~90℃がおすすめです。

あと、ペーパーフィルターは、100円ショップのもので十分です。

私は、ハリオのドリッパーを使っていて、ハリオのドリッパーは、円錐形なんですね。

100円ショップで、円錐形のペーパーフィルターを購入しようと思うと、セリアにしか売ってないんです。

なので、私は、セリアで購入しています。

ケトルは、1杯分の小さなケトルをおすすめします。

ポットから、直接、注いでもいいんですが、お湯の入れ方にも、自宅で本格的な本当にうまいコーヒーを飲むためには、こういう細かい気遣いが必要です。

ニトリなどで、安く販売しています。

さあ、これで、自宅で本格的な本当にうまいコーヒーを飲む準備ができました。

私にとっての本当にうまいコーヒー

はっきり言いますと、所謂、大手、全国区のコーヒー店のコーヒーは、コーヒーの味を味わうと言うよりは、雰囲気やネームバリューでいい心地を味わうものかなと思います。

理由は、1つ。

特に、大手の有名所のコーヒー店は、来店されるお客様も多数、お客様をさばく必要があります。

ほとんど、機械で処理、しかも、コーヒー豆は、既に煎ってあるということ。

コーヒー豆を煎って、1週間程度は、本来のコーヒーの風味が維持できますが、それを越えると、実は、コーヒーの本来の風味は、日を追うごとに、風味が落ちてきます。

大手コーヒー店のコーヒー豆は、いつ、煎ったのか分かりません。

これでは、うまいコーヒーを飲めると言えないのです。

だから、大手、コーヒー店では、そのネームバリューと雰囲気を存分に味わうもので、いいのではないでしょうか?

そういう、楽しみ方でいいでしょう。

長くなりましたが、私にとってのうまいコーヒーとは、生豆から煎りたてのコーヒー豆をミルで、粉にして、85℃~90℃で飲む。

これだけです。

自宅で本格的な本当にうまいコーヒーを飲む動画

自宅で本格的な本当にうまいコーヒーはこんな味

自宅で本格的な本当にうまいコーヒーの味とは、ズバリ、ブラックでも甘味さえ感じること。

コーヒーのうまさは、苦味だったり、酸味だったり、香りだったりします。

これは、コーヒー豆の種類によって、特徴があるように思います。

ですので、苦味重視の方は、苦味の強い生豆を、酸味重視の方は、酸味が強い生豆を、香り重視の方は、香りが強い生をを選びます。

ただ、どのコーヒー豆を選んでも、共通するのは、それぞれ、その豆の特性を出しながらも、甘味を感じることです。

本当にうまいコーヒーとは、後味として、甘味がある。

みなさん、おいしいコーヒー飲みましょう。

最新情報をチェック!
>