いつも、訪問ありがとうございます。あなただけの「とっておき」が見つかりますように・・・

働き方改革と給料の関係について

働き方改革だと世間が騒ぎはじめて、しばらく時間が経過しました。

働き方改革がもたらしたものとは何でしょうか?

過労死という言葉が、最近では珍しくなく一般的に使われるようになってきましたが、過労死というのは働き過ぎでなくなってしまったという事故のことです。

働きすぎが原因で、死に至ってしまったということが裁判によって認められた場合に過労死ということができます。

いわゆる、労災案件ということになりますが、とかく取りだたさられるのは、大手企業の過労死事件が目立ちます。

これは、大手企業だから件数に関係なく目立っているのか、大手企業だから、その変調に気付かないのかは定かではありませんが、大手企業の過労死事件は目立っているというのは事実です。

いずれにしても、そういうところから働き方改革というものが始まったと言っていいでしょう。

過去の事例を教訓として働くこと、それが働き方改革ということになります。

さて、一方でこの働き方改革は実際にはどのような影響を及ぼしているのでしょうか?

本来の働き方改革は、効率よく仕事をして適正な時間で退社する。

効率を上げながら、生産性を生み出すことが真の働き方改革であり、心身共に健康で仕事をする、これを実践できている人は文字通り働き方改革を実行している人ということになります。

そうであれば、文字通りの働き方改革ができていて効率よく生産性のある仕事ができた後は、自由な時間が増え、また、その自由な時間を自分のために使うことができるという理想的なライフスタイルが、好循環のサイクルを生み出します。

しかし働き方改革の実態はどうでしょうか?

働き方改革の実態がもたらしたもの

働き方改革とは、仕事を効率的に進め生産性をもたらし、その結果、時間外労働が減り、有意義な自分の時間が作れ、健康的に仕事をしていくことができることですが、本当にそのように理解をされている人がどれくらいいるでしょうか?

まさに、業務が効率的に行えて、生産性が上がり、自由な時間ができれば、会社人生でこれ以上、言うことはないと思います。

会社ですからストレスはあるものの、でも結果が出ていて、生産性があり効率も良く仕事がこなせているのであれば、おそらくそこまでの疲労感は感じないでしょう。

ただ、一方で、働き方改革という言葉が独り歩きして、その結果時間外の制限をされ、最終的には自由な時間はできたが、給料が減るという現象もまた現実として起こっているようです。

これは働き方改革がネガティブに働いたパターンですが、おそらく結構な割合で、このようなただ給料が減ってしまい、自由な時間はあるけど、そこに費やすお金がないという、負のスパイラルにはまってしまっている方も少なくないようです。

その結果、1ヶ月に、自分の自由に使えるお金が10,000円未満という方は、実に会社員の3割にも及ぶと言われています。

これでは、働き方改革が有効に機能しているとは言えないですよね。

しかし、今の日本の政治や社会を見る限り、今後、働き方改革の考え方が変わることはないでしょうし、いくらでも残業してくださいという時代はもはややって来ないと思っていた方が良さそうです。

では、どうやって資産を増やしていくかということ考えていくべきでしょう。

働き方改革によって起こっている現象

働き方改革によって起こっている、時間外労働の削減による給料の減給、そして、平日の会社員の時間帯による居場所が、この働き方改革に寄って確実に変わってきています。

こちらは、日本経済新聞の1記事ですが、働き方改革によって、夕方以降のオフィス街の人は減り、繁華街にいる人が増えたという統計結果があります。

こちらはスマートホンの GPS 機能を使って、大手通信会社がリサーチした結果ですので、まず確実に間違いのない情報です。

ご覧の通り、本来であれば、夕方の時間帯はまだ会社にいることが大半であった時代とは異なり、夕方以降は、既に、繁華街に人が集中しているという結果が出ています。

これが今の日本の働き帰った改革がもたらした紛れもない都心の人の動きです。

そして、繁華街に人が集中しているその先を見てみると、美味しいお酒を飲んでいるというわけではどうやらなさそうですね。

リサーチをした結果、カフェや喫茶店などでコーヒーを飲む人が、どうやら2割~3割増えているようです。

そこで、行っていることと言えば、会社で残業できないので、会社では残業できないから、やり残した仕事をしている人が増えているそうです。

これは、カフェや喫茶店の従業員の方の発言ですので、恐らくは間違いないでしょう。

世界的にも、日本人は勤勉で勤労意欲があり、よく働くという特性があります。

日本人特有の人間性です。

日本人であるが故に、やり残した仕事は会社が駄目なら、カフェにでも行ってでも今日の中に行ってしまうという、気性の良さがよく現れています。

しかし、これが真の働き改革と言えるのでしょうか?

やっていることは、場所が違うだけで同じことであり、ともすれば、サービス残業をしているということにもなりかねません。

これでは、本末転倒ですね。

でも、日本人って、日本の世の中がそういう風土を作ってしまったので、パブロフの犬の如く、美味しそうな食べ物を見ると涎が出ると同じで、せつない反応をしてしまうのでしょう。

働き方改革により副業をする人が増えた

働き方改革によって、毎月の給料は減少傾向にあるというのが、大半の形のようです。

ただ、一部の人は、本当の働き変えた改革に成功し、短時間で成果を上げ、その結果、昇進や昇格をして給料が上がるという方もいらっしゃるでしょう。

これは、働き方改革がもたらした成果物であり、ポジティブな結果でありますが、このポジション入れる方は、5%未満程度でしょう。

5%の人しかそこには入れないということになっています。

それが、会社員の定めなのです。

いくら頑張っても、報われない人というのは、必ずいて、そういう人たちは許される範囲で、他の方向で自分の資産冷やすことを考えていかなくてはいけなくなるでしょう。

そこで、働き方改革が進むにつれて、増加しているのが、副業をする人が増えてきているということです。

それぞれの勤務されている会社が、副業を許しているのであれば、当然ながら副業を始めることは賢明な判断とも言えるでしょう。

働き方改革がもたらした副業のいろいろ

働き方改革によって収入が減ったことから副業考える人が急激に増加していることは、確かに数値が物語っています。

働き方改革とは、効率よく業務を行い生産性を上げ、心身共に健康に働くことが理想で、また、みなさんも同様にそう思って仕事に取り組まれているでしょう。

ただ、理想と現実の間で、歪みが出ていることも確かです。

理想に近づけながら、その溝を何かで埋めないといけません。

堅実な副業を探す、一発逆転を狙い宝くじを購入する、または、ギャンブルで稼ぐ、投資を始めるなど手法は多岐に渡ります。

何を選択するかは、みなさん次第ですが、実は、毎日、絶対に手放せないスマホを賢く活用することだけでも、毎日、積み重ねるだけで、驚くほどの節約ができるんです。

副業を考えながら、毎日のスマホライフを少しだけ、賢く使います。

ストアカに登録する人が3割増

自分のスキルを生かすせること、それを求める人にノウハウを提供すること、お互いのニーズのマッチング。

それが、ストアカの特色です。

ストアカに登録してそのチャンスを待つ、これは、全うな副業と言えます。

大変、真面目な副業への取り組みではないでしょうか。

自分の持っているスキルを、それを求めている人に提供する、これは、堅実に資産を増やすことができる副業の選択と言えるでしょう。
ストアカはこちら

宝くじやロトで一発逆転

宝くじやロト、totoなどで一発逆転を狙う、こういう人もいるかもしれません。

これも、非常に低い確率ではありますが、一発逆転はあるかもしれません。

ストアカはこちら

宝くじで、多額の当選をされた人の話を聞くと、どうも規則性のようなものがありそうです。

その研究を重ね、一発を狙うのも1つの手段です。

ギャンブルで稼ぐ

ギャンブルで稼ぐと言う人もいるかも知れません。

宝くじよりは、確率は高いかも知れませんが。

ギャンブルと言われるギャンブルは、マイナスサムゲームと言われています。

一時的に勝つことは確かにありますが、続けていくと必ず負ける、こういったゲームのことをマイナスサムゲームと言うそうです。

一時的に勝ったら、しばらくは、ギャンブルはしないとか、月にいくら勝てたらその月は、もう、ギャンブルしないなど、ルールを決めなければ、ちょっと勝ったからと言って、続けていくうちに、マイナスになってしまいます。

だから、ギャンブル運営は、継続できているのです。

それを、忘れずルールを決めて挑戦するなら、アリです。

ビットコイン、ビットマネーでお金を増やす

最近、ビットコインやビットマネーなどで、自分の資産を増やすというアプリが多くありますが、これも副業の1つにはなるでしょう。

ただ、現時点でのビットコインやビットマネーへの投資は、少しギャンブル的要素が強いということが言えそうです。

やるなら、少額で試しながら、これもまた、深く学ばなければ、成功は難しいでしょう。

auのiDeCoで将来の年金のプラスにする

私は、スマホは、auを使っています。

今、現在、年金積み立てする手段として、国も助成してくれているのが、個人型確定拠出年金と言われているiDeCoのサービスです。

iDeCoのサービスは、何もauだけのサービスではありません。

大手のメガバンクなども、同様のサービスを提供しています。

投資と積み立てのミックスもでき、国が絡んでいますので、節税にもなります。

まあ、国が年金を賄えない代償のような気配がプンプンしますが、メリット、デメリットで言えばメリットです。

乗らない手はないでしょう。

そして、私が着眼したのは、auのiDeCoは、唯一、スマホアプリで、管理することができるサービスなんです。

アプリ1つで、資産を管理できるのは、今のところauのiDeCoだけです。

毎年、年末調整で、控除を受けることができます。

堅実な、副業であると言えます。

副業と言うよりは、毎月の積み立てですね。

堅実な、マネー貯蓄制度です。

auの「iDeCo/イデコ」個人型確定拠出年金アプリ

auの「iDeCo/イデコ」個人型確定拠出年金アプリ
開発元:au Asset Management Corporation
無料
posted withアプリーチ

スマホ決済の活用

スマホ決済と言うか、QR決済と言うか、キャッシュレス決済をみなさんは使ってますか?

日本は、このキャッシュレス決済が、他の東南アジア諸国と比べて遅れていると言われています。

例えば、中国では10年程前から、このキャッシュレス決済がスタートしています。

先進国でありながら、何故、日本のキャッシュレス決済は遅れているのか?

それには、理由があります。

日本の紙幣は、日本人特有の器用さから、偽造が難しいと言われています。

もう、お分かりですよね、偽造しにくい日本では、キャッシュで決済することにリスクがなかったのです。

逆に、中国や韓国などは、その精度が日本と比較すると甘いが故に、キャッシュレス決済の方が安全と言うことから、早くからキャッシュレス決済が導入されたと言うことです。

さて、話しを戻しますが、キャッシュレス決済、最盛期の日本ですが、みなさんは、どこのキャッシュレス決済を使っていますか?

PAY PAYですか?

d払い?

それともau PAY?

LINE PAYや各銀行のPAYサービスと、今や、日本は、PAY PAYだらけですよね。

どこのキャッシュレス決済が、お得なのか?

いずれにしても、キャッシュレス決済も、時間の経過と共に絞られてくるでしょう。

PAY PAYとLINE PAYの統合は、決定ですから、主流になることは間違いなさそうです。

ただ、どこが本当にお得なのか?

キャッシュレス決済でキャンペーンを大々的に実施しているPAY PAYは、毎月、数百億の赤字だそうです。

その代わりに、登録ユーザーが間もなく2,000万を越えます。

このように、打ち合いになっている、今、現在の日本においては、その時々で、キャンペーンを実施するキャッシュレス決済を使うのがお得でしょう。

ただ、では、PAY PAY今、どうなのか?

と言うと、大きなキャンペーンを実施していません。

そう言う意味では、au PAYは、毎月、三太郎の日は、20%引きをずっと継続しています。

還元の上限が、5,000円ですから、25,000円でMAXの割引を受けることができます。

もし、このままauが、三太郎の日の20%還元を継続するなら、間違いなくau PAYがお得になります。

また、キャッシュレス決済は、消費税増税の緩和策として、5%を割り引く店舗が多くあります。

私が、前述した、毎日、手放せないスマホで、キャッシュレス決済するだけで、お金が貯まるとは、このことです。

貯まるコツは、いつ、どのタイミングで使うかをよくリサーチすることで、しばらくは、毎月、プラスの収支が見込めますよ。

チリツモとは、正にこのことです。

下手に、副業に手を出して、損するくらいなら、毎日、スマホで決済しましょう。

au WALLET-au PAYも使えるスマホ決済アプリ

au WALLET-au PAYも使えるスマホ決済アプリ
開発元:KDDI CORPORATION
無料
posted withアプリーチ
最新情報をチェック!
>