いつも、ありがとうございます。この度、当サイトをアプリ化し、訪問者さまの視認性を1.5倍向上させました。超ワイド画面をお楽しみください。サイト下段からポチッと追加・・・できます。

配達状況がリアルタイムで分かる神アプリがある

配達状況がリアルタイムで分かる神アプリがある

配達状況がリアルタイムで分かる神アプリがある。

今、日本だと、純国産の出前館、外国産だと、Uber Eats、Wolt、最近、ちょいちょい目にするのが、foodpandaデリバリーなど、飲食のデリバリーが、盛んだ。

これらの、飲食デリバリーが増えている理由は、みなさん、 ご存知の通りだが、しばらくは、この状況は、続くと見ておいた方が、 よさそうだ。

猛威を奮う株は、 次々と変異し、事態の収束には、時間がかかる。

恐らく、年単位の長期戦になるだろう。

今、インフルエンザは、冬に発症しやすい、 高熱が出るしんどい風邪だが、将来、この、コロナも、インフルエンザのような、存在に変わっていくだろう。

緊急事態宣言の効き目も、殆ど無くなってきた。

ワクチン注射が、打てる人は、 早めに打っておいたほうが無難だ。

今回、このコロナ禍で、明確に分かったことがある。

それは、そもそも、人は、長時間、じっとしていられない動物だと言うこと。

ある人は、 運動やスポーツをすることで、ある人は、観光をすることで、また、ある人は、外でお酒を飲むことで、美味しいご飯を食べることで、ウィンドウショッピングすることで、と、 知らず知らずのうちに、その人に溜まったストレスを、その人にあった方法で、解消している。

それは、一定期間は、 我慢できても、ずっと巣籠っていろと言う方が、無理な話。

ストレスは、抑えると、身体の調子に影響する。

だから、ワクチンを打てる人は、若い人も、その他の世代の人も、早く打とう。

そして、自分の中の、ストレスを適度に発散させていくことが、健康を保つ秘訣だ。

収束を 待つと言うよりは、併存しながら、いかに快適な生活を送ろうか。

こう、 考える方が、 ストレスは、 溜まりにくくないだろうか。

さて、今回、筆者は、これからの、ウィズコロナ時代に、相当、役立つアプリを発見した。

本題は、この、スーパー神アプリを紹介したい・・・これが、本題だ。

宅配便チェッカーV4

宅配便チェッカーV4
開発元:Junichi Yano
無料
posted withアプリーチ

これから、状態も次第に好転し、落ち着く時は、必ず来る。

しかし、 生活様式まで、 まるっきり、元通りにはならないだろう。

飲食デリバリーは、これからも、 継続して、消費者に、便利なサービスになるだろうし、 リアル物販だって、オンラインショッピングが主流になることは、間違いない。

何でも、リアル店舗に行って、物を買う、食すると言うこれまでの、 スタイルは、変化し、形を変えるだろう。

飲食は、 デリバリーが、 主流になるし、物販は、オンラインショッピングが主流になることは、もう、世代を越えて当たり前になる。

若い世代だけが、オンラインショッピングを楽しむ時代ではなくなる。

その理由は、シニア世代のスマホ所有率が、一段と高くなっていることから、容易に想定できる。

そこで、今回、オススメするのが、購入した商品の配達状況が、リアルタイムに把握できるアプリだ。

宅配便チェッカーと言う。

シンプルだが、100%の正確さで、リアルタイムに、自分の購入した商品が、 今、 どんな状況なのかが分かる。

筆者もだが、 みなさんも、 購入した商品、いつ、届くんだ?

で、どこが、配達するんだ、一体?

そんなことで、不安を感じたことは、ないだろうか。

筆者は、この手のことで、ストレスを感じることが、よくある。

それも、そのはず。

もともと、物販からオンラインショッピングの過渡期だった時期に、追い打ちをかけるように、日本は、幾度となく、緊急事態宣言を 出してきた。

しかし、欲しいと思うものは、どうしたって欲しい。

と言う背景から、一気に、 通販需要は、 高まった。

欲しいものは、どこに住んでいてもオンラインショッピングで手に入る

よく、デパートや百貨店で、「物産展」と言う催しが、開催される。

所謂、ご当地、本場お取り寄せの、商品群の即売会だ。

例えば、北海道、 物産展とか。

一昔前は、例えば、東京にいて、本場、北海道からの直送物産展で、 本場、 北海道の商品が手に入る。

もう、人気商品には、長蛇の列だ。

これは、 日頃、そうそう、北海道なんて、行けないから、ここぞとばかり、目掛けて、お客様が、リアル物販目的で、列をつくる。

こういう商売は、その時々の、ご当地の旬な商品を、手に入れることができるから、楽しくて仕方ない。

しかし、時代は、変わり、今、列をなして、買い物に、いそいそと、出掛ける人は、当たり前だが、少ない。

それは、今の、この、環境下で、敢えてリスクをしょってまで、食べなくてもと言う発想もそうだし、所謂、Eコマースの発達が著しく、欲しいものは、どんな専門的な商品でも、オンラインショッピングで、殆どが、手に入るのである。

それは、例えば、食品なら、ご当地で、食べるのが、格段に旨いに決まっているが・・・。

その、一方で、どこにいても、数日で、鮮度の高い商品が、手に入る時代になった。

生鮮食料品などは、難しいとも、言われていたが、日本の冷凍技術は、著しく発展し、 ご当地で食べる生ものと、遜色なくなった。

しかも、どこにいても、スマホやケータイが、あれば、それで、注文できる。

どこにいてもだ、砂漠からでも、 電波さえ入れば、 注文できる。

これなら、 高い旅費を 払ってまで、 わざわざ、出向いていく必要はない。

こうなると、老いも若きも、スマホで、お買い物となるのは、 至極、普通の行動になる。

なんたって、どこでも、いつでも、すぐに、届いちゃうんだから、もう、止まらないのである。

そうなると、頭を抱える、業種がある。

そう、もう、お分かりだろう。

お客様が注文した商品を、出来るだけ早く、お届けする、 配達業者、 宅配業者だ。

今、宅配業者は、平日でも、猫の手だって借りたいほど、ものすごいスピードで、 回転している。

しかし・・・。

あまりの、注文に、360℃以上、 回転しすぎて、目測を誤っている宅配業者も少なくない。

宅配業者の忙しさは計り知れないほど回転している

宅配大手と言えば、佐川急便やヤマト運輸、郵便局などを、イメージする人も多いだろう。

筆者の中で、最も、ベンチャー感を感じるのは、 佐川急便だ。

配達員さんの、 マインドが、 とてもポジティブで、臨機応変なところも印象深い。

あと、最近の若い世代の方は、こちらの、ブランドサインが当たり前だろうが、 佐川急便と言えば、飛脚が、ブランドイメージで、何となくだが、早く届けてくれるイメージが強かった。

これらの、大手、 運輸業でさえ、エラーが多発している。

と言うか、回っていない。

中でも、比較的、エラーが少ないのは、郵便局だ。

さすが、日本郵政だ。

しかし、どうもこの猫のマークの会社の、具合が、著しく悪い。

もう、はっきり言って、言ってることと、やってることが、噛み合っていない。

ひょっとすると、筆者のいるエリアだけの特性なのかもしれないが、恐らく違うだろう。

なぜ、 ヤマト運輸のサービスが、最近、おかしいのか?

その理由は明確、 「メルカリ」を抱えているからだ。

通常のオンラインショッピングだけでも、急速な伸びをしている中で、ヤマト運輸は、メルカリと、業務提携している。

メルカリと言えば、自分のいらなくなった物を出品して、 売ると言う、所謂、売りたい人と、 買いたい人を繋げてくれる、 架け橋的な、役割を担ってくれている。

なかなか、メルカリは、 順調のようだ。

ヤフオクが、これまでは、主流だったが、今、飛ぶ鳥を落とす勢いがあるのが、メルカリだ。

世の中の、 中古市場は、 どんどん加速している。

こうなると、いくら、ヤマト運輸でも、頭が、 くるくる回ってしまう。

多少、可哀想だとも思いながらも、消費者は、ちぐはぐたと、苛立ちを覚えてしまう。

筆者の場合は、ヤマト運輸の配達で、何度も不快な思いをした。

少しだけ、実例を出してみよう。

ヤマト運輸の商品お届けメールサービスのデキの悪さ

ヤマト運輸のサービスの中に、商品お届けメールサービスと言うサービスがある。

読んで字の如く、いついつ、商品をお届けします。

日常や時間を変更したい方は、どうぞ。

と言うサービスだ。

メールでも、LINEでも、 受け取ることができる。

本来の目的は、 不在率を下げようとする目的で、始まったサービスだが、 これが、仇となっている。

どういうことかと言うと、例えば、「明日、お届け予定ですが、時間指定できます」とか、気の利いた内容になっていて、そるなら、必ず家にいる時間をと、時間指定すると、待てど暮らせど、商品は、届かない。

もう1つ、ヤマト運輸で、気に入らないことがある。

これは、 実体験からの実話たが、お問い合わせ先が、全国一律の有料電話なのだ。

フリーダイヤルもあるが、 スマホからは、繋がらないしくみになっている。

これは、申し訳ないが、 意図的なものを感じる。

フリーダイヤルなら、そうそう、連絡して来ないだろうと言う、経営側のクレバーな思想が伺える。

今の状況下で、配達される方の事を思うと、致し方ない事なのかも知れないが、商品が届かないから、連絡を取りたいのであって、何も、困らせようとしているのではない。

運送業は、何も、 商品を届ける事が、仕事ではない、その先にいる、 お客様の 大切な商品を届けることこそが仕事だ。

商品を届けるその先には、お客様がいる、と言うことが、どうやら、分かっていない経営層の集まりなのだろう。

お客様が、どう、感じているか。

と言うことに、 早く気が付いて欲しい。

先日、ヤマト運輸側の配達ミスがあり、「ちょっと、このところ、ミスが多すぎだ」と、言うと、 何とその、配達員の方は、予想もしない答えを吐き出してきたのである。

その配達員の方は、どうも、 ヤマト運輸さんの手が回らない時に、 ヘルプに入る配達員さんだったらしいのだが。

「私は、下っ端で、私が 言うのも、なんですが、そういう対応するとお客様は、 お怒りになると思うような事が、しばしばあるんです」。

こう、切り出してきた。

何と、逆ギレか?

しかし、その配達員さんが持たされている、スマホを見せてもらうと、時間指定した時刻ではなく、もっと遅い時間に設定されていたのだ。

それは、 何時まで経っても、配達される訳がない。

そう、システムが、狂っているのだ。

筆者の、経験した、配達トラブルの内容は、 こうだ。

①ヤマト運輸から、配達の連絡メールが入る

②日時、時間変更がある方は、 どうぞと言う内容。時間指定をすると、いついつの何時ですね。 変更内容を承りました。と、返しが来る。

③指定日時に、待っている。

④待てど暮らせど、配達されない。

⑤怒りがこみ上げる。

⑥有料電話で、その旨伝える。

⑦1時間後くらいに連絡が入る。

⑧すぐに来ると言う。

または、一方的に、 今日は無理だと言い張る(この、パターンが1番多い)

⑨何で、 こんなことが起こるのか、原因を聴く

⑩承った内容が、更新されていない

この、 話しは、事実だ。

要は、システムが、連動していない。

ヤマト運輸の、幹部が知っていて、知らんふりなのかどうか、分からないが、これが、現役バリバリのヤマト配達員さんの、発言の全てだ。

お客様が、怒るのは、ごもっとも。

とは、恐らく、このことだ。

もっと分かりやすく、人のやり取りに例えるとこうだ。

「明日の待ち合わせ、自由に、日時と時間変更してね、オッケー、その時間ね、分かった、えー、そんな事、聞いてないよー。」

これを、平気でやっているのが、ヤマト運輸だ。

これが、恋愛中の男女だったら、どっちかが、ブチ切れて、THE ENDとなるのは、 誰が見ても明らかだろう。

そして、 トドメは、 お客様からの電話でからは、 お繋ぎできません・・・と。

今、宅配業界は、超盛り盛り市場だから、ちょっとくらいは、我慢してね、お客さん。

くらいの感じだろう。

としか、考えられないのである。

まあ、気付いているなら、早めに改善した方がいいだろう。

ヤマト運輸の、お届けしますメールの、不出来さは、もう、かれこれ、1年以上前から、何ら変わっていない。

根幹が、 腐っていると、 それは、 末端まで、行き渡り、感覚が、 麻痺する。

今、 ヤマト運輸の、サービスは、腐っている。

相当な、 ブランド力の低下だ。

まあ、消費者としては、佐川も郵便局もあるから、いいんだけど、自由競争だし、 いずれ、淘汰される、第1候補だろう。

お客様の満足度が、 維持、向上できない限り、企業の持続的成長は、 あり得ない。

そんなに、都合の いいビジネスは、 今の世の中には、ない。

こんな不安定な日本の宅配業界たがらこそのアプリ

今後も、 デリバリーサービスや、オンラインショッピングで、 何か自分の好きな物を買うと言うスタイルは、 増加するだろう。

購買意欲自体は、普遍であり、好きな物を買うことは、それはそれで、1つのストレス解消法だ。

ステイホームが、多くなるほど、オンラインショッピングのボリュームは、 上がるはずだ。

事実、家電量販店やアパレル業界など、業態として、危機的な状況だと、 報道されたこともあったが、生き残った屋号は、 何れも、オンラインショッピングの売り上げで 、昨対比以上に伸ばしている。

どんなに苦境な状態でも、購買意欲は、 衰えない。

となると、心配になるのは、宅配業者の業務過多となることは、 間違いない。

物流インフラが、不安定になることは、ある程度、予測できるが。

それでも、 筆者ら、消費者にとっては、タイムリーに自分の荷物の状態は、知りたい。

配達して いただく、 配達員の 方々だって、わざと配達を遅らせている訳では、 決してない。

ある程度、事情は、 理解したいところだ。

しかし、自分の荷物は、 気になる。

そんな時の、神アプリがこれだ。

その名も、「宅配便チェッカー」だ。

宅配便チェッカーV4

宅配便チェッカーV4
開発元:Junichi Yano
無料
posted withアプリーチ

この、 宅配便チェッカーは、伝票番号を入力し、検索ボタンを押すだけで、いかなる配送業者の伝票番号でも、解析してくれる、超神アプリだ。

筆者は、 当然、開発者ではない。(当たり前だが)

これは、自分でも、このところの環境下で、オンラインでの商品購入が、増えていた。

オンライン購入していると、ある時、ふと、 気付いたことがあった。

ビールやお酒、ウイスキー、酎ハイなど、筆者は、コスパ重視派だから、大きいサイズのものを購入する。

例えば、筆者は、ウイスキー好きなので、ウイスキーは、 4リットルを購入する。

これを、リアル酒屋さんで、購入すると、自転車だと、かなり、重く苦痛だった。

ある日、ウイスキーがなくなりそうになったので、「あー、また、買いに行かなくっちゃ」と思っていたその時、ふと、スマホを見ると、ウイスキーに使えるクーポンが。

これ、使ってウイスキー買ったら、リアル店舗と同等価格で、購入できる。

快感だった。

わざわざ、安上がりだからど、 少し遠い、ディスカウントショップに行かずに、同じ価格で、ウイスキーが買える、しかも、玄関口まで、配達してもらえる。

少し、話しは、 ズレたが、オンライン購入は、これからも、 ますます、増える。

これまでは、 この商品は、郵便局が配達だから、郵政アプリ、この商品は、 佐川急便だから、 佐川アプリ、 これは、あー、ヤマト運輸か、と、それぞれのアプリをいちいち、起動させて調べていた。

しかも、どちらのアプリも、更新が遅い。

宅配業者側からは、あまりにタイムリーだと、配達員に負担が、かかりすぎると言う配慮もあるだろう。

しかし、それでは、消費者には、不満が残る。

Amazonで、商品を購入したことが、ある方なら、 すでに、お気づきだと思うが、Amazonの場合、配達会社は、 その時々で異なる。

佐川急便もあれば、 ヤマト運輸も郵便局の場合もあり、時には、Amazon自身が、配達を担うこともある。

こういうパターンは、 正に、 宅配便チェッカーの出番だ。

どこの、 配達業者の伝票番号でも、気にしなくていいのである。

開発者の方には、感謝したい。

筆者が、 複数回使用したところ、ただの1度も、誤った情報が、表示されたことがない。

しかも、フリーアプリで、料金は、 全くかからないし、 iosでもAndroidでも、アプリは、ダウンロードできる。

この、超神アプリのおかげで、筆者の場合、特に、 ヤマト運輸には、 痛い思いを何度も、喰らわされているから、ヤマト運輸の提供するリアルタイム配達アプリなど、そもそもないし、「今日、届くはずなのに、時間が過ぎても来ないぞ!」と、不要な心配をする必要もなくなった。

なんせ、宅配便チェッカーなら、伝票番号さえ、入力したら、今、商品が、どの状態にあるか、本当にリアルタイムで分かるのだ。

宅配便チェッカーのステータスが、「配達中」となっていれば、安心して、待っておけば、100%、配達してくれる。

100%の精度が、とてつもなく、超神アプリなのだ。

このアプリを知っているか、いかないかで、みなさんのストレスも大いに、影響すると言っても、過言ではない。

これから、オンライン購入が、ますます増える中、宅配便チェッカーは、みなさんにとっても、安心感を与えてくれるアプリになることは、間違いないだろう。

最新情報をチェック!
>