いつも、訪問ありがとうございます。あなただけの「とっておき」が見つかりますように・・・

日本でコロナ感染場所がわかるアプリ

日本でもいよいよコロナが蔓延してきました。

ついに、全国全都道府県に、緊急事態宣言が発令さました。

過去にない、未曾有の状況であることは言うまでもありませんが、ここまで来るともはや、誰がいつ、コロナに感染してもおかしくない状況にあります。

そんな中で、3密とを避けるということが呼びかけられていますが、 一丁足に3密を遮断するというのも現実的にはなかなか難しく、まずは 、自身を予防することが第一で、マスクを入手すること、手洗いをしっかりとすることこれは皆さんも同じようにできると思います。

ただ、どこでコロナが発生したかということはなかなか公開されておらず、不安が蔓延しています。

そこで、コロナが発症した場所がわかるあるアプリがリリースされました。

まずは、こちらから紹介します。

ニュースダイジェストというアプリの中で、コロナの感染場所が分かります。

このアプリがあれば、敢えて、コロナが発生したエリアを避けることができます。

Androidでもiosでも、ダウンロードできます。

ニュース・地震速報NewsDigest/ニュースダイジェスト

ニュース・地震速報NewsDigest/ニュースダイジェスト

開発元:JX PRESS Corp.

無料

posted withアプリーチ

ただ、一部の心ない人たちの、偏見や中傷などで、極力、感染エリアは非公開になっています。

そうではなく、感染しないための情報として活用してください。

人との接触は最低7割、極力8割避けるには

人との接触を最低7割、極力8割避けるということはなかなか難しいことですが、前述で述べたように、まずコロナに感染しないように予防するということは、最低限確実にできることですからこれは毎日確実にやっていきましょう。

これ以上、日本でコロナ増殖させることは医療現場の崩壊につながりかねず、経済やビジネスにも過去に無いような影響を与えることになり、日本が過去に経験したことのないような事態に陥る危険性が高くなってきています。

今、私たちにできることはまずは、コロナ感染しないことであり、周りの人にコロナを移さないことということが、最も大切なことです。

そういう意味で、コロナがどこで発祥したかということを知っておくことは、大切なことです 。

全く、外出せずに生活することは現実的には困難です。

しかし、どこでコロナ感染しているいたかが分かれば、そこを避けて通ることは出来ます。

自らが感染源であるエリアに飛び込む必要はなく、そこを避けてリスクを最小限にしていきましょう。

今、コロナ感染が増えている本当の原因はコロナ疎開

今、コロナ感染が増えている根本の原因は人の移動によるものだと言われています。

やはり、誰だってコロナ感染したくはないので、特に首都圏ではコロナ疎開と言われるような帰省をして、地元に帰るという動きもあるようです。

これが首都圏は愚か、地方にもコロナ感染させる要因になっており、実に、その傾向が顕著であることが分かったため、政府は大型連休を迎えるこのタイミングで大型連休では極力移動しないことを要請しています。

自分がコロナにかかりたくないという思いは誰しもあります。

ただ、その思いが先走って最終的に、日本全国にこれ以上、コロナ感染者が蔓延することは、その時点でコロナにかからなくてもいずれ、コロナにかかってしまうという確率を格段に上げることになります。

冷静に考え、この大型連休も極力8割は、人との接触を避け、今いる場所にステイすること

が自分にとっても良いことだと断言できます。

コロナの影響で生活のリズムは崩れ金銭的な問題が浮上

コロナの影響でテレワーク宅在宅勤務などが推奨されていますが、実際にテレワーク在宅勤務を導入できない企業も多くあります。

土日は、基本的に会社が休みの人が比較的多いので、人の移動が少ないと言われていますが、平日は未だに人口の移動の減少が見られていないそうです。

これは一部やむを得ないことではありますが、できるだけ人との接触を避けに時差出勤などをすることをお勧めします。

これもやはり自分が感染しない、コロナを移さない予防策となります。

そして、企業規模にもよりますが、もはや会社が倒産したという事例もあり、中には強制的に解雇される、派遣社員の雇用解雇、契約解除なども急速に進んでおります。

こうなると収入がなくなるわけで、この危機的な緊急事態を察知した政府が考えたのは、一律10万円の現金を給付するという方針を、当初、条件を満たした人に、30万円給付するという立案を覆し、とにかくスピード感をもって日本国民全員に10万円要求することを決定しました。

途中からの方向変換になったため、1週間のロスが出てしまいますが、この一律10万円であれば、条件などをいちいち確認する必要はないため、決定してしまえば皆さんの手元にも一律10万円の現金がまずは入ってくることになります。

この一律10万円の現金給付についてはオンラインや郵送のやり取りが検討されています。

理由は、市役所などに現金給付を受け取りに来ることが、コロナ感染につながることになるからです。

オンラインを有効に活用して迅速に、まずは、生活をしていくために、この10万円を有効に使っていきましょう。

決定事項ですので、こちらの10万円現金給付は実行されます。

もう少しの辛抱です。

予定では、5月にはそれぞれの手元に速い人であれば、10万円を受け取ることができる予定のようです。

コロナに感染する人は特定されない

コロナ感染する人は当初、高齢者に多いと言われていましたが、今や小学生、中学生の未成年、妊婦さん、生まれてきた子供にまで感染するという状況になっています。

この事例からわかるように、コロナ感染する人は年齢を問わないということが明らかになっており、特に持病を持っている人は、重症化しやすい傾向があるということが分かってきました。

ということは、とにかくコロナにかからない、コロナにかからないということは、人に感染させないということです。

いずれにしても、日本でコロナ感染者を一人でも少なく止めるということが、今最も必要なことです。

そのためには、自分でできる予防、手洗い、マスク、咳エチケットこれは誰でもできます。

そして、人との接触を8割避けるということがコロナ感染を最小限のリスクで留めることになります。

この8割の接触を避けることに役立つのが、今回ご紹介した、コロナ感染者の出たエリアが分かるアプリ。

これを有効に使ってください。

これを有効に使う事によって、その付近には近寄らないことができます。

それだけでも、コロナ感染のリスクを下げることに、大いに寄与します。

とにかく今は、一致団結して日本でのコロナ感染者を減少させ、また元気のいい日本を取り戻していきましょう。

来年は、オリンピックも控えています、苦しいこの時を凌げば、オリンピックは、過去にないほどの盛り上がりを見せるはずです。

その日を待ちわびて、今は、一人一人が、しっかり予防です。

がんばりましょう。

最新情報をチェック!
>