いつも、訪問ありがとうございます。あなただけの「とっておき」が見つかりますように・・・

カテーテルアブレーションを受けて心房細動が完治しました

カテーテルアブレーション手術を決断した理由

私は20年間にわたり心房細動と付き合ってきましたが、46歳の時にカテーテルアブレーションを受けることを決断しました。

その理由はいくつかありますが主な理由は次の通りです。

カテーテルアブレーションの手術を受けることによって心房細動の大半が完治するということ

まず、カテーテルアブレーションの手術に踏み切った第一の理由は、心房細動という自分にとっては大変ストレスの溜まる不安で厄介な病気を断ち切ることができるという可能性が非常に高いという医師からの話を聞いたことです。

カテーテルアブレーションを受けると必ずしも、1度で心房細動の症状が完全に治るということではないことも聞いていました。

場合によっては症状が好転しない場合は、もう一度カテーテルアブレーションを受けることもあるという話でした。

ただ場合によって、カテーテルアブレーションを2度受けることになったとしても完治する確率は95%前後と非常に高かったこと。

それが思い切ってカテーテルアブレーション受けようと思った一番の理由です。

カテーテルアブレーションの手術は外科的手術の中でも さほど難易度が高いものではないということ

とは言え、カテーテルアブレーションの手術は心臓にカテーテルを入れる手術ですので、さすがに命を司る心臓にメスを入れることは躊躇はなかったと言うと嘘になりますが、 安全面では外科的手術の中では、難しくない手術の部類であるということを医師からも聞きましたし、いろんなサイトを調べてみるとそのようなことが記述されていました。

特に、心房細動の症状に対してカテーテルアブレーションの手術を積極的に取り入れている病院では、手術の症例数も多く、その成功率も高いという数値が出ていること。

これは私が、不安に思っている部分を大いに払拭してくれたものです。

心房細動を予防するための方法はカテーテルアブレーションの他に薬を毎日飲むという方法もあります

心房細動を予防するための選択肢は大きく2つで、カテーテルアブレーションを受けるか、薬を飲み続けるかという方法の2つになります。

この2つのどちらを選択してもいいんですが、薬を毎日、半永久的に飲むということは私にとってはあまり良作とは思いませんでした。

しかも、薬を飲めば心房細動が治るという保証はどこにも無かったのです。

2択ということではないんですが、この2つの選択肢の中では、完全に心房細動を完治させたいという思いが強くカテーテルアブレーションの手術を決断しました。

カテーテルアブレーションとはどんな手術か

私が、ネットなどで調べたこと、それから通院をした医師による説明からカテーテルアブレーションという手術はその名の通り、カテーテルを足の付け根と首から心臓に向けて投入していき、心房細動を引き起こしている異常な不整脈の引き金となる電波を、遮断するために心臓の一部を焼くという説明でした。

この心臓の一部を焼くことによって不整脈を起こす異常な電波が遮断されるということでした。

カテーテルアブレーション受けるためには、全身麻酔をする必要がありますそして、カテーテルアブレーションを受けれる体であるかどうかという検査もいくつかあります。

今覚えてる範囲ですが、 当然ながら麻酔の効き目がどのぐらいある体質なのかの検査、それから胃カメラも飲みました。

ただ胃カメラは胃の良し悪しを確認するのではなく、心臓に向かうまでの血管がどのような経路を通っているのかを確かめるためのものだったと思います。

人それぞれ心臓までの血管がどのように伝わっているかというのはそれぞれ違う理由でその危険性を事前に未然に防ぐという意味合いで検査があったと記憶しています。

それから、カテーテルアブレーションを受けるには、足の付け根からカテーテルを入れるため、陰毛を除毛する必要があります。

これが少々恥ずかしいものではありました。

後はカテーテルアブレーションを受けた後、しばらくは動けないため尿管に管を通す、これが相当痛いらしいく、私は、執刀医の先生に、麻酔をかけた後で、尿管に管を通してほしいというお願いをしたところ快く引き受けてくださいました。

お陰様で、尿管に管を通す時の痛みを感じずにいられました。

カテーテルアブレーションの手術はどれぐらいかかるのか

平均3時間程度と聞いておりましたが 、私の場合は約4時間かかりましたが、 ただ全身麻酔でしたので、記憶が遠のいていきますよと言われた直後に既に記憶はなく、次に目が覚めた時は手術が終わっていましたので、何の痛みもなく、無事に手術を終えることができました。

カテーテルアブレーションにかかる費用

カテーテルアブレーション手術は、最先端の 医療機器を使うため高額医療の対象になります。

実費で試算すると100万円近くかかりますが、高額医療控除制度利用することができますので、実質、数万円で手術を受けることができます

カテーテルアブレーション手術を受けた後のこと

私は3日間で手術を受け退院しました。

前日に入院し、検査を行い、その翌日に手術を行い、1日安静にして翌日退院のたったの3日間です。

今はそれぐらいの感覚で手術を終えることができ、日常の生活に戻ることができます。

ただそこからも、1ヶ月に1回は通院が必要で、約1年間は、血栓ができないくするための薬を飲み続けなければいけません。

これはもし心臓が正常に機能しなかった場合、血栓ができてしまうと脳梗塞につながる危険を防ぐためのものです。

この薬は血液をサラサラにする薬ですが、今はどうか分かりませんが私がカテーテルアブレーションを受けた5年前は 1ヶ月で1万円程度する高額な薬でした。

それと、退院して約1か月間は、ホルター心電図を体につけ心臓動きを24時間、1ヶ月間 ずっと続けて心電図を計測しました。

カテーテルアブレーションを受けたて思ったこと

私の場合は、カテーテルアブレーション手術を受けて良かったです。

結果も良好で1度で、心房細動の症状は出なくなりましたので、結果的に大変良い選択をしたと思っています。

人の体調や体質などによっては、一方的にお勧めすることではありませんが、第一にカテーテルアブレーション手術を行えばほとんどの場合、95%以上再発がないということなので完治も同然となります。

それが何よりも私の中で喜びでした。

今でもカテーテルアブレーション受けてよかったと思っています。

年齢を重ねるごとに手術も難しくなってくるということですのでもし、心房細動で悩まれてる方がいらっしゃれば、 是非、選択肢のひとつとしてカテーテルアブレーション手術も考えてみられてはいかがでしょうかと思います。

最新情報をチェック!
>