いつも、訪問ありがとうございます。あなただけの「とっておき」が見つかりますように・・・

スピーカー・イヤホン音質で選ぶならどこを選ぶ?

音楽は日常とどうやっても切り離せない

音楽は日常の中に溶け込んで、毎日聞かない日は無いというぐらいの日常になっていますよね 。

みなさん、それぞれ好きな音楽があると思いますが、その好きな音楽を聴く時に、イヤホンやスピーカーなど、何を基準に選んでいますか?

価格ですか音質ですか ?デザインですか?ブランドですか? これも人それぞれだと思います。

私の場合もみなさんと同じように音楽が大好きで、好きなミュージシャンもたくさんいます。

そのミュージシャンの音楽を実際にミュージシャンが奏でる音源に最も近いサウンドとして聞きたいといつも思っていて、それを基準にスピーカーやイヤホンを購入する ことにしています。

スピーカーやイヤホンで有名なブランドは?

音楽を聞くことは、何も日本人だけが、日常化しているわけではなく、世界中の人が音楽を楽しんでいます。

ですので、スピーカーやイヤホンを選ぶのも世界レベルで選ぶ必要があると思っています。

そこで、スピーカーやイヤホンを、世界レベルで考えた時、実際にどこのメーカーのスピーカーやイヤホンが、最適なのでしょうか?

前述した通り、それぞれみなさんの好みで選ぶことがベストだと思いますが、私なりの見解で言うと、その好きなミュージシャンが表現したい音を、より現実的に耳に届けてくれるスピーカーやイヤホンを選ぶことが、私のこだわりとなっています。

では、その中で私がベスト3に入スピーカー・イヤホンメーカーをここでは紹介します。

まずはBOSE、そして、JBL、そしてソニー 、日本のブランドももちろんあります。

BOSE JBL SONY それぞれの特徴

私が、スピーカーやイヤホンを購入する時、最も重視するのは、 低音の響きです 。

低音の響きは、スピーカーやイヤホンで最も表現が難しいと言われている音域で、それが実際の演奏とどれだけ近いか、これがスピーカーやイヤホンを選ぶ時の私の基準になります。

BOSE、JBL、SONYは、その代表的なスピーカー・イヤホンメーカーの3社になると思います。

もちろんこれは私が思っているだけでそれぞれの好みで、他のブランドも選ばれる方も多いでしょう。

ただ 1つ、断言できるのは、スピーカーイヤホンにとって表現しにくいのは 低温である。

これは、偽らざるを得ない事実です。

その点において、この3社は、特に優れていて、全体の音域のバランスが、非常にいいと言えます。

さらにその中でも、BOSEのスピーカーは低音の表現が、実際の演奏に限りなく近い音源実現しています。

その証拠に、私はボーズのSound Linkというスピーカーを使っていますが、 これには電源のオンオフ、ボリュームの調整、Bluetoothのボタン、これしかありません。

通常、最近のスピーカーやイヤホンは、それぞれのデバイスにエフェクトを選択できるボタンがあります。

それがBOSEには全くないのです。

これが何より坊主をお勧めする理由です。

何も効果を与えなくても実際の演奏の音源に近い音をBOSEは表現しているよということを言っていることになります。

事実、何もエフェクトがなくてもBOSEのスピーカーは、特に低音のバランスに優れており、高音は、比較的表現しやすいそれぞれのメーカーと比べて、低音高音のバランスが 極めて現実味を帯びていると私の耳は感じています。

スピーカーやイヤホンのデザインはどうなのか?

スピーカーやイヤホンをデザインで選ばれる方も多いのではないでしょうか?

私もその1人です。

デザイン面で言えば、やはりこの3社が出てきてしまいます。

BOSE、JBL、SONYの順番です。

日本のSONYも、多いに世界的にブランド力があるメーカーですし、実際の音もかなり現実味を帯びていて、もう一息、低音がしっかり響けば、BOSEに匹敵するメーカーであることは間違いありません。

そして何よりここでデザイン面で言うならば 順番が、BOSE、SONY、JBL の順に逆転します。

SONYは、世界的に見ても、第2位に私の中では食い込んでくるメーカーです。

その理由は、1979年に発売したウォークマン、これは世界的に大ヒットした小型カセットプレーヤーですが、世界を凌駕したデザインとネーミングでした。

文字通りSONYのウォークマンは世界で.第1位の売り上げをあげています。

ただそれにもまして、シンプルで飾り気がない、しかし、音は抜群に実際の演奏の音に近い、これがBOSEなんです。

どうしてもBOSEが頭から離れないと言うか、耳と脳が覚えているんです。

私がBOSEを一押しする理由

これまで解説をした中で、私の中ではすべての面で、BOSEが第1位になります。

これはトータルバランスで較した場合の結果です。

トータルとは、デザイン、先進性、音質(特に低音、高音とのバランス) これが、トータルバランスと 言うことになりますが、このトータルバランスで見た場合、低音が限りなく現実の音源に近いBOSEが、やはりトップになるということになります。

そしてその裏づけになる理由ですが、 そもそもBOSEが音響メーカーとしてサービスを始めたのは1964年のことですが、当初、アマーボーズ氏は、 スピーカーやイヤホンを作るのではなく 、ラジオの修理をする仕事をしていたそうです。

ラジオの修理をするということはどういうことを意味するでしょうか。

ラジオのではなく、何でもいいんですが、修理をするということは、どこが悪いかを特定する必要があり特定できなければ、修理屋にはなれないのです。

ということは、すなわちラジオのすべてを知っている、知っていなければ修理ができないということになります。

アマーボーズ氏の親御さんはアマーボーズ氏にこう言ったそうです。

ボーズ一家は、当初から、非凡な発想を持ったご家族だったことが伺えます。

ラジオの修理の仕事を継続して、行うなら学校は休んでもいいと言ったそうです。

実際に、毎週金曜日は親御さんが学校に対して手紙を書いて、休む理由を告げていたそうです。

学校側もまた、実際のことを知っていて、この週末は、何台のラジオを修理したのかとアマーボーズ氏に質問したそうです。

偉業を成し遂げる背景には、このような寛大さも必要なのでしょうね?

そして、アマーボーズ氏は毎日のようにラジオを組み立てては、すべて分解しの繰り返しを行い、どんな故障でも修理をしてみせたそうです。

ここからもわかるように、全てを網羅しているということが最も重要で、先ほど言ったエフェクト効果で、数値的な音源を表現するよりも、実際に耳に聞こえてくることが音が、どれだけ現実味があるか、ということを大切にしたBOSEが当然ながら、トップに君臨するのは必然かと思います。

更に、BOSEは、デザイン性にも優れています。

どのデザインも、シンプルでかつ飾らないデザインそして繊細なラインも決して妥協しない、このブランド力やデザイン性今も脈々とがBOSE製品に吹き込まれています。

時代の最先端をいくBOSE

スピーカーやイヤホンに類似するものとして、ウェアラブルスピーカー、またはネックスピーカー、またはコンパニオンスピーカーというスピーカーがあります。

これもBOSE、JBL、SONY から発売されています。

実際に量販店で私は、この3社のネックスピーカーを体験してみました。

自分の耳にはよく聞こえるが、周囲にはほとんど聞こえない。

しかし実際に自分の耳に聞こえる音はかなりの重低音が体まで伝わってくる、ここでもやはり、BOSEの存在感が圧倒的です。

スピーカーイヤホンまとめ

スピーカーやイヤホンのおすすめする3社をご紹介してきましたが、繰り返しになりますが、やはり私は、 BOSEのスピーカーやイヤホンを購入することをお勧めします。

実際に、私は、部屋ではボーズのサウンドリンク、そして、外出時にはボーズのBluetoothイヤホンを使っています。

驚いたことに、BOSEのイヤホンは部屋で聞くサウンドリンクよりも、重低音の迫力が格段に違います。

通常、物質そのものが大きい方が、低音は表現しやすいのですが、それをBOSEは、いとも簡単にイヤホンで、部屋で聴くBluetoothスピーカーよりも低音を響かせることに成功しています。

実際に皆さんも量販店等で 聞かれてみるとよくわかると思いますので、ぜひ比較してみてください。

最新情報をチェック!
>