いつも、ありがとうございます。この度、当サイトをアプリ化し、訪問者さまの視認性を1.5倍向上させました。超ワイド画面をお楽しみください。サイト下段からポチッと追加・・・できます。

巣籠もり必至の年末年始までにやっておくこと

 

巣籠もりの年末年始は必至か

 

世界中が、そして、日本全国、ここにきて、ただでさえ、あわただしくなる師走だというのに、拍車をかけて、コロナが、猛威を奮ってきました。

これは、巣籠もり年末年始になりそうな。


筆者が思うに、今回は、国や政府の動きが、あまりにも遅すぎるというのと、新しい、ニッポンのヒール、代表としての自覚が希薄に感じるのは、筆者だけでしょうか?


言葉では、あたかも、確固たる決意を持っているかのような、パフォーマンスですが、ただのパフォーマンスにしか見えないですね。

残念ですが、コロナを、本気に封じ込めようという動きになっていないような、そんな体制にしか垣間見れません。

「経済の循環」も今の日本には、コロナ撲滅と同等に必要なことですが、先にコロナのウネリを減退させなければ、今の、断片的な小手先の施策では、まるで、意味がないようにも感じます。

若い世代の方々は、それを見抜いていて、「やるなら、全体でやらないと、コロナが減るはずがない」と、一蹴した辛口のコメントもニュースで流れていました。

「よくぞ、言ってくれた」ですが、日本中が、そう思っているのでは、ないでしょうか?

大丈夫かな、「ガースー」。


恐らく、年末年始は、例年にないほど、寒々しい年末年始になりそうです。

巣籠もりの年末年始になりそうですが、それはそれで、楽しみたいですね。

さて、巣籠もりの年末年始の動きは、もう、既に始まっているようです。

巣籠もり年始の福袋施策が売れ行き好調

年始に恒例の、「福袋」。

今年は、既に、オンラインでの、福袋の注文賜っている、百貨店やスーパーがあります。

年始オンライン福袋セールとは。

ナイスな、アイデアです。


巣籠もり年始になることを、予測しての、俊敏な動き。

しっかり、オンラインでの注文も伸びているようです。

オンラインだと、注文順となり、売り切れも予測されることから、抽選にしているお店もあるようです。

みなさんも、「福袋」を楽しみにしている方は、行きつけのお店のホームページをご覧になってみてください。

早いところは、年内に福袋が届くようです。

お正月まで、我慢できるかな。

 

スーパーだって巣籠もるぞー

 

スーパーは、全国、津々浦々ありますが、大半のスーパーは、年始の営業をせず、年始休業とするスーパーが、来年は多いそうです。


そういう意味では、ここ、数年、スーパーは、コンビニブームに押され、スーパーも、元旦から営業がスタンダードになりつつありましたが、コロナの影響で、例年になく、スーパーも年始は、巣籠もるという傾向です。

いや、スーパーにお勤めの方々も、毎日、密な中、大変なご苦労もあったことと思います。

ゆっくりお休みください。

しかし、なんです、「雑煮に入れるお野菜買うの忘れちゃった」と思っても、スーパーは、営業していませんので、気を付けてくださいね。

そうなると、年末のスーパーは、年始分の買い物も必要になってきますね。

巣籠もり年末年始のための、分散買い物が必要になってきます。

巣籠もり年末年始になるし、年始スーパーは、休業となると、年始は、三ヶ日分の食料の備蓄が必要になります。

日持ちするものは、早めに買っておいて、お刺身やお肉は、そりゃ、新鮮な方がいいに決まってるから、年末最終日でしょうね、ついでに、年越しそばも。

いやー、巣籠もるって、なかなか、計画性が必要です。

不測の事態も考えて、レトルト食品も。

おせちもいいけど、カレーもね」が、ここにきて、また、ブレイクするかも。

 

巣籠もり前提ならリアル店舗休業もあるか

 

とにかく、筆者の予想では、年末年始に、少しコロナ警戒が薄まるかというと、そうは、ならないと踏んでます。

なんたって、政府の動きが、遅すぎる、若者にまで、見切られてる、「ニッポンのヒール」、大丈夫かよ。


お年玉は、貰っても、すぐには、「使わない」。

年始早々、コロナにかかっちゃ、もともこもない・・・そんな、警戒心は、もはや、誰しも思うところでしょう。

となれば、リアル店舗で、年始休業するお店も増えそうです。

リアル店舗で、来るか来ないか分からないお客様を待つより、衛生的にも、オンラインがいいですよね。


欲しいものが、ある人は、「ネットでお買い物」が、賢い選択かも知れませんね。

しかし、何度も、揶揄して申し訳ないですが、ガースーの采配の振り方が、事業者や消費者に好転しているという好事例は、全くと言っていいほど、ありませんね。

やることなすこと、後手後手です。

もう、しばらくすると、「年末年始はステイホームで」と、まことしやかに、コメントする、今のニッポンのヒールが、目に浮かびます。


解散したほうが、いいんじゃない。

民間企業の方が、よっぽど、「決断力」と「スピード」がありますね。

まあ、いいや、今さらですから。

なので、リアル店舗の年始休業も視野に入れて、「欲しかったもの」がある人は、年内に買い物をすませるか、ネットで、早めに購入しといた方が良さそうです。

 

巣籠もり年末年始を想定したサザンのほぼほぼ年越しライブはほぼほぼ高評価

 

サザンオールスターズの年越しライブが、急遽、決定しましたね。

さすが、桑田佳祐さん、スピードが、どこかのガースーとは、桁違いに違います。


当日は、これも、コロナを見越しての、録画配信。

今のところ、一体、どこのテレビ局で、放送するのか、あまり、触れられてないようですが、ABEMAでは、配信が決まっているようです。

サザンオールスターズ ほぼほぼ年越しライブ 2020 「Keep Smilin’〜皆さん、お疲れ様でした!! 嵐を呼ぶマンピー!!〜、嵐が出演したりして。

録画でも、オールライトです、むしろ、録画であるべき、年末、サザンのライブで、コロナのクラスターとか、あってはならないこと。

スピードと決断力の速さ、そして、世論の評価も、オールライト。

言うことなしですね。

桑田佳祐さんって、やっぱり、「音楽寅さんだわ」

ライブの最後には、打ち上げ花火の演出もあるらしいです。

こんな、コロナ禍にあっても、存在感をむしろ増した、サザンオールスターズ、桑田佳祐さんって、至宝ですね。

偉大なる桑田佳祐さんに、「感謝」。

最新情報をチェック!
>