いつも、訪問ありがとうございます。あなただけの「とっておき」が見つかりますように・・・

12月のPAYサービスがお得なのはここだ

スマホの QR 決済を使える方が増えていますが、それをリリースしている各事業者の懐は、利用者が増えるほど、それぞれの事業者の痛手となっています。

その分、今、各事業者のスマホ決済サービスを使うことが、私たち消費者の懐を暖めてくれます。

今が、スマホQRサービスを存分に使い、懐を暖める絶好の機会です。

今現在、スマホのQR決済サービスとして代表的なのは、通信事業者いわゆる、docomo、au、SoftBankが提供しているスマホQR 決済サービスを主軸として、大手メガバンクの金融機関がサービスを提供している、スマホ QR 決済などがあります。

ここでは、スマホ事業者、いわゆる通信事業者が提供しているドコモのd払い、auのau Pay、ソフトバンクのpaypay について、一体どこがお得なのかを検証してみたいと思います。

大手通信業者が提供するスマホ QR 決済について

スマホ QR 決済が普及し始めてそれを利用される方も急激に増加しています。

どこのスマホQR 決済を使うかは、やはり無難な言い方をすると、スマートフォンを使っている事業者、auならばauPAY、ドコモならd払い、ソフトバンクならPAYPAYと言ったところでしょう。

大半の方は、それぞれスマホを使う通信事業者が提供するQR決済を使われるというのが最も無難な利用方法と言えるでしょう。

ただ、スマホ決済サービスは今競争の過渡期にあって、利用者を増やそうとする通信事業者は、それぞれの特徴を打ち出して、スマホ QR 決済サービスの利用を促進しています。

実際のところ、スマホQR 決済サービスは、どこがお得なのでしょうか?

スマホ QR 決済サービスでお得なのはauです

スマホ QR サービスを使うことでお得になるのは、やはりポイント還元が大きいこと。

これは、通信事業者にとっては大きな収益減となるのですが、実は、利用者にとっては大きなメリットとなります。

還元率が高い=利用者のメリットは大きいということになります。

急激にスマホQR 決済サービスを使う人が増えていることから、利用者の獲得は相当な競争状態にあります。

そんな中、この12月という師走の時期、一般的な会社員であればボーナスが支給される時期ですが、このボーナスをスマホQR決済サービスで使うことによって、どこの決済サービスが一番お得なのかを検証してみました。

まずドコモですが、ドコモにはd払いという決済サービスがありますが。ドコモの場合、この年末商戦ではdクレジットカードでの決済をすれば 、d払いによって最大17%の還元ポイント還元がされます。

一方のauですが、今や、定着しつつある三太郎の日にau Payで支払うことで、最大20%のポイントの還元があります。

ただし、これは au のオプションサービス、スマートプレミアムサービスに加入していることが前提となります。

そして最も加入者の多い、SoftBankのpaypay サービスですが、すでに、利用者は2,000万人を超えたと言われていますが、加入者数はダントツで1位なのですが、分母が多い分、使われる方が多いということで、通信事業者のソフトバンクの収益はかなりマイナスになっている様相を呈しています。

特定地区では、2回に1回の割合で1,000円分のポイントが還元されるというサービスがありますが、これは極めて特定されたエリアでの利用なので一般的ではなく、全般的に SoftBankの paypayサービスが提供するのは、20回に1度1,000円分のポイントが還元されるというサービスになっています。

やはり、ソフトバンクは2,000万人の利用者を抱えることによって、逆にそれがアキレス腱になっているようです。

さて、この通信事業者3社のスマホ QR決済サービスですが、この12月の師走に限って言えば 、au がダントツでお得だということになります。

最大で、20%文のポイントが返ってくるということなんですが、これは25,000円買うと、5,000円分のポイントが還元されます。

ドコモで言えば、25,000円買うと4,250円の還元、SoftBank に限っては20回に1度1,000ポイントが当たるということなので、これはちょっとお得になるかどうか予測がし難い状況です。

となると、今一番お得なのは au Payサービスということになりますね。

私は、たまたま au を使っているので、 auPAYで決済することで20%分の還元ができるので、ボーナスが支給されたら大いにこの au Pay サービスを利用しようと思っています。

スマホ QR 決済はいよいよ過渡期に突入

スマホQR 決済サービスが主流になりつつある昨今ですが、これは、これからもキャッシュレス化の流れを踏襲して、継続的に向上化するサービスになるでしょう。

ただ、今現在のような大幅なポイント還元は QR決済サービス提供会社が絞られてきたタイミングで、ある一定の水準に下げられるでしょう。

それは国が、現在行なっている5%キャッシュレス還元サービスが、頭打ちしているのと同じでこれを続けていると、どんどんと収入月末になると言うデメリットが、通信事業者に発生してしまうからです。

ただし、キャッシュレス決済はこれからも継続して、おそらく主流になっていくことは間違いありません。

それはすでに、中国や韓国などのように東南アジア諸国を見てもわかるように、キャッシュで支払うということよりも、キャッシュレスサービスが大半を占めているという実態からしてもまず間違いないことです。

生き残るスマホ QR 決済サービスは?

では、今後、継続的に生き残るQR決済サービスは、どこになるのでしょうか?

今現在、QR 決済サービスを行っているのは、大手通信事業者、それと、メガバンクが支流です。

しかし、どこのQR決済サービスを使おうと、必ず、スマホを使う必要があります。

ということは、やはり最終的に生き残るのは、通信事業者が提供する QR 決済サービスになりそうです。

ドコモで言えばd払い、au で言えば au Pay 、ソフトバンクで言えば paypay になるでしょう。

これらが、最終的には支流になるスマホQR決済サービスになってくると思われます。

その背景には、そのスマホを提供している事業者であること、そしてポイント還元が一貫して提供できるということを実現できるのはこれらの通信事業者でしかないからです。

そして利用される方もまた、スマホを使っている事業者の QR 決済サービスを使うことがおそらく、最も無難な利用方法になると思われるからです。

期待値が大きいのはau のauPAY

今のところ、au のQR 決済サービスはダントツに還元率が高いと言えます。

三太郎の日の20%還元は、このスマホ QR決済が始まって以来、途絶えたことがなく、今後その還元率は下がるにしても、au のペイサービスは、実はじぶん銀行持っていることで、paypay サービスにも簡単に連携でき、そして楽天ペイの提携先の主要な取引先と連携できるというメリットがあるからです。

そういう意味で、au を使ってないユーザーの皆さんでも、au Pay サービスを使うことは何か買いたい物を買う時にフレキシブルに対応できるサービスと言えそうです。

auPAYは、スマホ端末の提供写真に関係なく、フレキシブルに対応できるサービスと言えます。

我々消費者にとってメリットのある今だからこそ大いにスマホ QR 決済は使いましょう

今現在、スマホQR 決済サービスは競争の過渡期にあるため、それを提供している事業者は、資金を投入しています。

そして、主な QR 決済サービス提供事業者となるため、利用者の獲得に拍車がかかっています。

この時期に、スマホ QR サービスを使わない手はありません。

今こそ、消費者である私たちは、スマホQR 決済を利用してポイントをどんどん貯めてお得な生活を送ることができる最大にメリットがある時期と言えそうです。

さあ、スマホQR 決済をジャカジャカ使って大きくにお得ゲットしましょう。

最新情報をチェック!
>